TrueType Fonts with XFree86 4.0.x mini-HOWTO <author>Bartek Kostrzewa, <tt/bartek@pt.lu/ <date>0.0.4, 2001-02-23 <abstract> <!--O This mini-HOWTO describes how to use TrueType (*.ttf) fonts with XFree86 4.0.x. --> この mini-HOWTO では TrueType フォント (*.ttf) を XFree86 4.0.x で使う方法について説明します。 【訳注: この文書では xtt や TTcap について触れていないので、 日本語環境にはそのままでは適用できないかもしれません。 at your own risk でご利用ください】 </abstract> <toc> <!-- Begin the document --> <!--O <sect>Introduction --> <sect>はじめに <!--O <sect1>Copyright --> <sect1>著作権 <p> Download, copy and redistribute this text freely. If you do any changes, please submit them to me, and I will pass them to the LDP, of course, credit will be given. Copyright (c) 2001 by Bartek Kostrzewa (日本語訳) 複写・ダウンロード・再配布は自由に行ってください。 変更を行ったら私に投稿してください。 LDP に連絡し、もちろん謝辞に適切な追加を行います。 <!--O <sect1>Disclaimer --> <sect1>免責 <p> Use the information in this document at your own risk. I disavow any potential liability for the contents of this document. Use of the concepts, examples, and/or other content of this document is entirely at your own risk. All copyrights are owned by their owners, unless specifically noted otherwise. Use of a term in this document should not be regarded as affecting the validity of any trademark or service mark. Naming of particular products or brands should not be seen as endorsements. You are strongly recommended to take a backup of your system before major installation and backups at regular intervals. (日本語訳) この文書にある情報は、読者自身の責任の下に用いるようにしてください。 この文書中に存在するかもしれない誤りに関して、筆者は一切責任を持ちません。 この文書の概念や例、その他いかなる内容に関しても、 これを用いる際には読者が判断し、責任をとってください。 各著作権は特に記述がない限り、それぞれの保有者に帰するものとします。 この文書中における語句の引用は、 その商標の範囲には抵触しないものとみなされます。 インストール作業をする前にはシステムのバックアップをとっておくこと、 また定期的にバックアップをとり続けることを強く推奨します。 <!--O <sect1>News --> <sect1>新着情報 <p> <!--O <itemize> <item>0.0.4: Some content added, explaining how to add fontpath's to the XF86Config. <item>0.0.3: Due to possible legal problems some modifications were done. <item>0.0.2: This release cleans up some errors I wrote about Netscape font scaling. <item>0.0.1: Initial release. </itemize> --> <itemize> <item>0.0.4: XF86Config への fontpath の追加に関し、いくつか説明を追加。 <item>0.0.3: 法的な問題の可能性を避けるために少し修正。 <item>0.0.2: Netscape のフォントスケーリングに関する記述の間違いを修正。 <item>0.0.1: 最初のリリース。 </itemize> <!--O This document can be found at: <url url="http://www.linuxdoc.org/HOWTO/mini/TT-XFree86.html"> --> この文書は <url url="http://www.linuxdoc.org/HOWTO/mini/TT-XFree86.html"> から入手可能です。 <!--O <sect1>Credits --> <sect1>謝辞 <p> <!--O I'd like to thank Bear Giles for his Debian TTF howto which brought me on the right path :o). --> Debian TTF howto を書き、私を正しい道に導いてくれた :o) Bear Giles に感謝します。 <!--O Of course, credit should also go to the XFree86 crew for the enormous effort of maintaining XFree86, and Joerg Pommnitz for writing <tt>ttmkfdir</tt>. --> もちろん多大な努力を払って XFree86 を維持してくれている メンバーにも感謝します。 <tt/ttmkfdir/ を書いてくれた Joerg Pommnitz にも。 <!--O Also I'd like to pass a BIG big thank you to the LDP for building and maintaining a network of helping hands which already guided many people through the hard to overcome the learning curve Linux has. --> LDP に対しても大きな大きな感謝の意を表したいと思います。 彼らが善意のネットワークを構築・維持してくれているおかげで、 多くの人々がその善意の手に導かれ、乗り越えがたい Linux の学習曲線を越えてきているのですから。 <!--O Thanks to Joe Meadows for notifying me that this howto probably described an illegal act in version 0.0.2 and earlier. --> この HOWTO の 0.0.2 以前に、法的な問題の可能性がある 記述があることを指摘してくれた Joe Meadows に感謝します。 <!--O <sect1>Translations --> <sect1>翻訳 <p> <!--O I currently don't know of any translations of this mini-HOWTO, if you want to make one, just do it and either submit it yourself, or send it to me and I will credit you and publish it. --> 今のところこの mini-HOWTO の翻訳については知りません。 翻訳を行いたい人は、やってそれをご自分で投稿してください。 あるいは私に連絡してくれれば、謝辞に入れて公開します。 <!--O Any comments or suggestions can be mailed to my mail address: --> コメント・提案は以下の私のアドレスまで: <htmlurl url="mailto:bartek@pt.lu/" name="bartek@pt.lu"> <!-- %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% --> <!-- <sect>Procedure --> <sect>手順 <p> <!--O Get a set of TrueType fonts (for example from one of the many sites making fonts availiable for download) and do the following as root at the command line: --> ttf フォントを (例えばフォントのダウンロードを許可している たくさんのサイトのどれかから) 入手して、 以下の手続きを root 権限でコマンドラインから行います: <itemize> <item><tt>mkdir /usr/X11R6/lib/X11/fonts/Truetype</tt> <item><tt>cp /home/joeuser/yourdownloaddirectory/*.ttf /usr/X11R6/lib/X11/fonts/Truetype</tt> <item><tt>cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/Truetype</tt> <item><tt>ttmkfdir > fonts.scale</tt> <item><tt>mkfontdir</tt> </itemize> <p> <!--O Now if you have a working installation of Windows on one of your partitions, you must use the fonts directly from there, copying them to a directory of your Linux partition is considered *illegal*. First read up on how to get your windows partition detected and working in Linux (most distributions do that at installation time, and by default), then as root do the following: --> もしどこかのパーティションに Windows が動作する状態でインストールされていれば、 直接そこからフォントを使うこともできます。 フォントを Linux パーティションへコピーするのは *不法行為* とみなされます。 まず windows パーティションを Linux から検知して使えるようにして (ほとんどのディストリビューションでは、 インストールの際にこれをデフォルトで行います)、 root 権限で以下を行いましょう。 <itemize> <item><tt>cd /etc/X11</tt> <!--O <item><tt>your-favourite-editor XF86Config</tt> In some X distributions this file is used with a number added to it (for example: <tt>XF86Config.4</tt>). You will have to find out which file your X11R6 uses. You can do this by typing: <tt>less /var/log/XFree86*</tt> and then instead edit the file stated in the log. --> <item>好きなエディタで XF86Config を編集します。 X のディストリビューションによっては、 このファイルには番号が追加されているかもしれません (例: <tt>XF86Config.4</tt>)。 お使いの X11R6 がどれを使っているかを知るには、 <tt>less /var/log/XFree86*+</tt> として、 log に書いてあるファイルを上記のファイルの代わりに編集します。 <!--O <item>Now, in the editor find the section <tt>Files</tt> and the lines with <tt>FontPath</tt>, just add <tt>FontPath "/yourwinpartition/windows/fonts/"</tt> at the bottom of this list. (<tt>yourwinpartition</tt> must be replaced with the mount point of your windows partition) --> <item>エディタから <tt>Files</tt> セクションを探し、 次いで <tt>FontPath</tt> と言う行を探しましょう。 このリストの末尾に <tt>FontPath "/yourwinpartition/windows/fonts/"</tt> という行を追加すれば OK です。 (<tt>yourwinpartition</tt> はあなたの windows パーティションのマウントポイントに置き換えてください。) <item><tt>cd /winpartition/windows/fonts</tt> <item><tt>ttmkfdir > fonts.scale</tt> <item><tt>mkfontdir</tt> </itemize> <!--O This will make all the fonts on your Windows partition work correctly in X. --> これで Windows パーティションにあるすべてのフォントは X で正しく動作するはずです。 <p> <!--O There you go. You will now have all of your TrueType fonts working. If you want to add fonts, just move/copy those [*.ttf files] into the aforementioned directory, and repeat the process. --> さあ、やってみましょう。TrueType フォントが使えるようになるはずです。 フォントを追加したい場合は、それらの *.ttf ファイルを上記のディレクトリに 移動/コピーし、作業を繰り返してください。 <!--O Netscape has problems with these fonts, you have to check the "Allow Scaling" setting in the Fonts dialog, don't feel distracted by the fact that it only shows font sizes 0 and 12. Mozilla has no such problems. Opera neither. --> Netscape にはこれらのフォントに関して問題があり、 Fonts ダイアログの "Allow Scaling" の設定をチェックしないといけません。 フォントサイズとして 0〜12 しか表示されませんが、 あわてないように。Mozilla にはこのような問題はありません。 Opera も大丈夫です。 <!--O The <tt>mkfontdir</tt> executable should be included with your XFree 4.0.x distribution. --> 実行ファイル <tt/ttmkfdir/ は XFree86 の 4.0.x ディストリビューションに入っているはずです。 <!--O If you are missing <tt>ttmkfdir</tt>, you can obtain it here: <url url="http://www.joerg-pommnitz.de/TrueType/ttmkfdir.tar.gz"> --> <tt/ttmkfdir/ が見付からない場合は、 <url url="http://www.joerg-pommnitz.de/TrueType/ttmkfdir.tar.gz"> から取得してください。 <!--O The latest verion of XFree86 (currently 4.0.2) can be found at: <url url="http://www.xfree86.org"> --> 最新版の XFree86 (現在 4.0.2) は <url url="http://www.xfree86.org"> にあります。 </article>