なかのにっき

最新版はこちら。 突っ込みは各日付の BBS エントリのほか、 メール (nakano@st.seikei.ac.jp) や フォーム からどうぞ。 なおスパム除けのため、BBS 機能には 緩い認証を入れて います。 検索エンジンから来た方は、エンジンの方のキャッシュを見るか、 下の簡易検索を試してみてください。


hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5

先月 2021年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2021年09月13日(月) [n年日記]

#1 Teams 管理

新学期が近付いてきたので、着任された(される)先生方を学科の会議室にしかるべき追加し、新3年生の皆さんも研究室利用記録用のチームに追加。

卒業して Office365 アカウントがなくなったユーザも、PowerShell で Get-TeamUser すると、形式上はチームのメンバーとして出てくるんだな。 Windows の Teams アプリだと出ないからいいことにするか…
コメント [全部読む/投稿する]

2021年09月03日(金) [n年日記]

#1 某学会用案内メール

From アドレスのドメインと送信サーバが違ってるといろいろまずいよな… と思って、このアナウンスは事務局から送ってもらうつもりだったのだが、 word/outlook の差し込みメール送信だと、html ではないプレインテキストでは 1 件ごとに確認がいるというダメ仕様らしいので、 事務局が使っているレンタルサーバの情報を教えてもらってこちらで処理することにした。

むかしは perl で書いたけど、それを再利用するのもナニなので python で。 参考にしたのはこのへん。まああるじゃろ、と思ったらやっぱりあった。 事務局の使っているサーバ(詳細は秘密日記へ) は送信時の指定ポートが 465 なので、 smtplib.SMTP_SSL で繋ぎにいけばよい模様。
#!/usr/bin/python3
from email.mime.text import MIMEText
import smtplib
import ssl
import csv
import time

# SMTP access info
account = "user@example.jp"
password = 'PASSWORD'
smtphost = "smtp.example.jp"
smtpport = 465

# from address
from_addr = "user@example.jp"

# sendlist CSV, 1 address per line
sendlist = 'sendlist.csv'

# make message
subject = "TEST MAIL SUBJECT"
message = """
Dear Collegues,

This is a test mail.

user@example.jp
""".strip()

# charset & ssl context
charset = "us-ascii"
sslcontext = ssl.create_default_context()

with open(sendlist) as csvfile:
    addrlist = csv.reader(csvfile)
    for row in addrlist:
    to_addr = row[0]
    print(to_addr)

    msg = MIMEText(message, 'plain', charset)
    msg["Subject"] = subject
    msg["From"] = from_addr
    msg["To"] = to_addr

    server = smtplib.SMTP_SSL(smtphost, smtpport, context=sslcontext)
    server.login(account, password)
    server.send_message(msg)

    time.sleep(2)
という感じで。いやー簡単ですなあ。

こちらも参考になった。 Pythonのヒアドキュメント 本文中の置換とかも簡単そう。
コメント [全部読む/投稿する]

2021年09月02日(木) [n年日記]

#1 nano-ISSP2021

というわけで Zoom で 15:00-19:00+BO でのディスカッションが 30 min くらい。 おもしろかったなー。 あとは学会誌に載せる報告を書かねば…
コメント [全部読む/投稿する]

2021年08月31日(火) [n年日記]

#1 GitHub の https 接続

パスワード認証が廃止 された。 手元の更新は ssh 接続に変えたが、公開サーバでの fetch 用には個人アクセストークンを発行することにした。

やりかたは こちら の通り。発行のときの scope は "repo" だけにしておいた。

これまで https 経由、id/pw で繋げていたのが、id/token になったかたち。30 日したら再発行、と。
コメント [全部読む/投稿する]

2021年08月30日(月) [n年日記]

#1 大学メールシステム更新

そんなわけで、自分の大学のメールアドレスは outlook.com で受けることになった。関係者のみなさまお疲れさまでした。

転送設定:

Office365.com の転送設定は、
設定歯車アイコン→歯車アイコン→Outlookのすべての設定を表示→メール
のところの「ルール」に転送をルールが書ける(書いてた)。 あともちろん「転送」のところにもアドレスを指定できる。 はてこれまでの転送はどこで設定してたんだっけ…とちょっと迷ったことであった。

受信:

切り換え直後のメールを取りにいくのに、sylpheed は imap4 クライアントになれるからそれでもいいかなあ、と思ったが、まず pop3/ssl で取りにいってみた。ちょっと嵌まったのがユーザ ID で、こっちは公式メアドじゃなくて Office365 のログインアドレスなので。なぜか 2 本ずつ来たのが謎。

その後:

surf への転送がどうもランダムにこける。outlook.com さんは律儀に再送してくれているようで、最終的には到着するんだけど。ログは
Aug 30 21:24:28 surf postfix/smtpd[#]: warning: hostname (ふがほげ).outbound.protection.outlook.com does not resolve to address (某IP): Name or service not known
Aug 30 21:24:28 surf postfix/smtpd[#]: connect from unknown[(某IP)]
Aug 30 21:24:28 surf postfix/smtpd[#]: NOQUEUE: reject: RCPT from unknown[(某IP)]: 450 4.7.25 Client host rejected: cannot find your hostname, [(某IP)]; from=<nakano+SRS=JNqI9=NV=surf.ml.seikei.ac.jp=nakano@st.seikei.ac.jp> to=<nakano@surf.ml.seikei.ac.jp> proto=ESMTP helo=<(ほげほげ).outbound.protection.outlook.com>
Aug 30 21:24:28 surf postfix/smtpd[#]: disconnect from unknown[(某IP)] ehlo=1 mail=1 rcpt=0/1 quit=1 commands=3/4
のように出る。でも (ふがほげ).outbound.protection.outlook.com を surf で dig すると、ちゃんと (某IP) が返るのだよな。なんだろうこれ?

システムの dns では引けるけど postfix では引けない…というところで検索していたら ドメイン名の名前解決に/etc/hostsを参照させる方法 というページがみつかって、
Postfixは送信メールのドメイン名からリレー先のIPアドレスを得る際、デフォルトでは/etc/hostsを一切参照せずいきなりDNSサーバにドメイン名についてのMXレコードを問い合わせてしまう。
ということらしい。ふーむ。とりま
# main.cf
smtp_host_lookup = native
としてみた。さてどうなるか。

翌日ログを確認、どうやら outlook.com からのメールが上記のエラーになることはなくなった模様。 しかし postfix 自身は dns サーバの情報をどう取得してるんでしょうね?
コメント [全部読む/投稿する]

以上、5 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
book
dept
issp
labo
paper
snap
stock
vsj
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project

中野武雄 (NAKANO, Takeo) <nakano@st.seikei.ac.jp> Since 1999-10-07
RSS feed, 更新時刻, LIRS エントリ, アクセス制御 (解説)

中野のホームページへ