なかのにっき

最新版はこちら。 突っ込みは各日付の BBS エントリのほか、 メール (nakano@st.seikei.ac.jp) や フォーム からどうぞ。 なおスパム除けのため、BBS 機能には 緩い認証を入れて います。 検索エンジンから来た方は、エンジンの方のキャッシュを見るか、 下の簡易検索を試してみてください。


hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5

先月 2001年03月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2001年03月01日(木) [n年日記]

#1 [LDP] 3/1 の updates

#2 [URL] DocBook Makefile Templates

What will it be?

#3 [URL] 数値演算を快適にしよう (GCC, G77, BLAS, ATLAS)

FreeBSDで科学技術計算を行おうとした場合、まず気になるのはコンパイラの性能です。 いろいろ考えてやれば、数値演算は速くなりますが、 何も考えなければパフォーマンスが非常に悪いことになりかねません。 どうすればパフォーマンスが よくなるかをいろいろ見てみます。

#4 [paper] RSI 72(3) March 2001

Effect of discharge microwave frequency on electron temperature of electron cyclotron resonance plasma:

Y. Kawai, T. Suzuki, T. Saburi, and Y. Fujii; pp. 1666-1667
The characteristics of argon electron cyclotron resonance plasma discharged by 7.0, 8.0, and 9.4 GHz microwaves were investigated. Experiments were conducted in a fixed magnetic field. It was found that the electron temperatures Te exhibited a trend of Te7.0<Te8.0<Te9.4 (suffixes represent the discharge microwave frequencies).

An add-on secondary electron energy spectrometer for scanning electron microscopes:

A. Khursheed and N. Karuppiah; pp. 1708-1714
This article presents an add-on secondary electron energy spectrometer for scanning electron microscopes (SEMs). The add-on unit fits on to the specimen stage of a conventional SEM, and the SEM is operated as normal. As an objective lens, the add-on unit improves the SEMs spatial resolution by around a factor of 4 at a primary beam energy of 1 keV. The add-on unit functions as a multichannel open-loop voltage contrast spectrometer by employing a bandpass deflector/filter unit whose pass energy is ramped with time. The unit is designed to deflect the secondary electrons while leaving the primary beam unaffected. Initial experimental results show that significant voltage and material contrast can be obtained. In a data acquisition time of 0.32 s, a minimum detectable voltage difference of around 54 mV was obtained. Regions of copper and brass that were indistinguishable via the normal secondary electron image, were distinguished with a signal to noise ratio of around 12 by using the add-on spectrometer.

Surface potential measurements of electron-irradiated insulators using backscattered and secondary electron spectra from an electrostatic toroidal spectrometer adapted for scanning electron microscope applications:

O. Jbara, M. Belhaj, S. Odof, K. Msellak, E. I. Rau and M. V. Andrianov; pp. 1788-1795
A technique for the accurate determination of the surface potential US and its evolution during irradiation, is proposed. The technique is based on detecting both backscattered (BSE) and secondary electrons (SE) in a scanning electron microscope (SEM). The (BSE + SE) spectra are measured using a compact, highly sensitive electrostatic toroidal spectrometer (ETS), specially adapted for SEM applications. The use of an ETS analyzer set in a SEM for deducing the surface potential from (SE + BSE) spectra of electron irradiated insulators is introduced here. The surface potential is determined, either from the measured maximum energy of the secondary electron peak, or from its beginning. Various dielectric materials such as MgO, Al2O3, Y2O3, mica (potassium silicate aluminum), and Teflon were studied by this technique. Experimental investigations of the beam energy and current effects on the surface potential of bare insulators are reported. The change, due to this surface potential, in some physical quantities such as the amount of BSEs and the most probable energy of their spectral distribution is also studied. The results concerning coated and grounded insulators highlight the influence of the internal electric field on the BSEs energy distribution. An account of the various benefits of using the toroidal spectrometer in the surface potential measurement is also given.

#5 [linux] sid の ssh

昨日から
ssh (2.5.1p1-1.4) を設定しています ...
ssh (2.5.1p1-1.5) を設定しています ...
の段階で失敗していたのだが、 postinst のエラー らしい。ボロボロだな(^^;

#6 [labo] 京大大型計算機センターの利用アカウント更新

今年は自動継続だった。業績提出は 4/30 まで。

広報 34(1):

vpp (スパコン), spp(計算サーバ) の unix システムコマンド一覧。 余裕ができたら port してみるかなー

#7 [freshmeat] 2/28 分の新着メールから

#8 [URL] 東京大学運動会ハンドボール部

なぜに geocities...

#9 [labo] boss と雑談

メールウィルスのこととか ネットワークにおけるクライアント/サーバシステムについてとか、 なぜ最近の学生は (特に) 勉強しなくなったのかとか。 最後の件に関しては持論があったので、
やっぱりうちの学科は「落としてない」からでしょう。 例えば一昨年は実際に 3 月に出れなかった卒研生が うちから 2 人出たわけですけど、 その次の年 (つまり去年) の卒研生の気合いの入り方は全然違いましたもの。
...とかいう話をした。 「じゃあ修士も落とそうか」という話が出たかどうかは秘密。

#10 [thesis] パラパラマンガ (非圧縮 gif 6M)

Imagemagick の convert を使って。以下メモ。 B の 400K が全然薄いのはなぜだろう...
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月02日(金) [n年日記]

#1 [LDP] 3/1 の update (2)

#2 [book] skysoft 受取店追加

オンラインオーダー → 書店店頭受け取り (送料無料) ができる スカイソフトだが、これまでの文教堂 etc に加えて 明屋書店でも受取可能となったらしい。
首都圏だとあまり影響ないか。

#3 「手前ぇらの血は何色だ」

北斗の拳のセリフだったような。

#4 [URL] 無印良品

ネット通販 もある。

#5 [URL] ユニクロ

もあった。

#6 [linux] sid の ssh

1:2.5.1p1-1.8 になったけど、 また postinst がバグってるような...

#7 why geocties?

なるほど。 検索してみたら、 成蹊の体育会もほとんどプロバイダ でした。 official な活動なんだから、支援できるといいとは思うんですが、 まだ各大学の情報センターにはそこまでの体力はないのかな。

#8 [URL] グラフ描画ツールについての考察

From \. 大変参考になる。

#9 [labo] 京大大型計算機センター

.tcshrc に alias を追加し、"sakura" で slogin できるようにした。 これでパスワードを忘れても大丈夫(嘘)

そうか、sakura では netnews が読めるのか...

#10 [freshmeat] 3/1 分の新着メールから

大物のバージョンアップが多かったようだ。

#11 [paper] PRB 63(6) 1 Feb 2001

no hit.

#12 [paper] PRB 63(7) 15 Feb 2001

Optical functions and electronic structure of CuInSe2, CuGaSe2, CuInS2, and CuGaS2:

M. I. Alonso, K. Wakita, J. Pascual, M. Garriga, and N. Yamamoto; # 075203
We report on the complex dielectric tensor components of four chalcopyrite semiconductors in an optical energy range (1.4-5.2 eV, from 0.9 eV for CuInSe2) determined at room temperature by spectroscopic ellipsometry. Our results were obtained on single crystals of CuInSe2, CuGaSe2, CuInS2, and CuGaS2. Values of refractive indices n, extinction coefficients k, and normal-incidence reflectivity R in the two different polarizations are given and compared with earlier data where available. We analyze in detail the structures of the dielectric function observed in the studied energy region. Critical-point parameters of electronic transitions are obtained from a fitting of numerically calculated second-derivative spectra d^2e(w)/dw^2. Experimental energies and polarizations are discussed on the basis of published band-structure calculations.

Intrinsic n-type versus p-type doping asymmetry and the defect physics of ZnO:

S. B. Zhang, S.-H. Wei, and Alex Zunger; #075205
ZnO typifies a class of materials that can be doped via native defects in only one way: either n type or p type. We explain this asymmetry in ZnO via a study of its intrinsic defect physics, including Zn_O, Zn_i, V_O, O_i, and V_Zn and n-type impurity dopants, Al and F. We find that Zn_O is n type at Zn-rich conditions. This is because (i) the Zn interstitial, Zn_i, is a shallow donor, supplying electrons; (ii) its formation enthalpy is low for both Zn-rich and O-rich conditions, so this defect is abundant; and (iii) the native defects that could compensate the n-type doping effect of Zn_i (interstitial O, Oi, and Zn vacancy, V_Zn), have high formation enthalpies for Zn-rich conditions, so these "electron killers" are not abundant. We find that Zn_O cannot be doped p type via native defects (O_i, V_Zn) despite the fact that they are shallow (i.e., supplying holes at room temperature). This is because at both Zn-rich and O-rich conditions, the defects that could compensate p-type doping (V_O, Zn_i, Zn_O) have low formation enthalpies so these "hole killers" form readily. Furthermore, we identify electron-hole radiative recombination at the V_O center as the source of the green luminescence. In contrast, a large structural relaxation of the same center upon double hole capture leads to slow electron-hole recombination (either radiative or nonradiative) responsible for the slow decay of photoconductivity.

Resonant photoemission of TiN films:

G. G. Fuentes, P. Prieto, C. Morant, C. Quiros, R. Nunez, L. Soriano, E. Elizalde, and J. M. Sanz; #075403
The bonding and electronic structure of TiN thin films grown by sputtering have been characterized by means of resonant photoemission spectroscopy using synchrotron radiation. Specifically we found a complex resonance profile that exhibits a maximum at 45 eV followed by a second structure at 50 eV. The intensity enhancement observed at 45 and 50 eV is consistent with the resonant photoemission of the Ti 3d states involved in the valence band of TiN and the multiplet configuration of the [Ti 3p^5 3d^2]* excited states. The autoionizing character of the [Ti 3p^5 3d^2]* states could also be confirmed by observation of the corresponding autoionization emission. The resonance is used to determine the Ti 3d contribution to the valence band. The results are in good agreement with calculated Ti 3d partial density of states.

#13 [paper] PRL 63(8) 15 Feb 2001

Si(313)12x1: Another metallic stable surface of silicon having a complex reconstructed layer:

Zheng Gai, R. G. Zhao, T. Sakurai, and W. S. Yang; #085301
By means of scanning tunneling microscopy, the Si(313)12x1 surface has been found to be, after Si(111)7x7, another stable elemental semiconductor surface with a metallic nature. On the basis of the details revealed by the high resolution STM images, an atomically rough model consisting of trenches and a variety of building entities has been proposed for the surface structure for further investigation. The common features of major stable silicon surfaces as well as the similarities and differences between these surfaces and their germanium counterparts are discussed in the context of the driving forces behind the reconstruction of elemental semiconductor surfaces.

Ion bombardment of reconstructed metal surfaces: From two-dimensional dislocation dipoles to vacancy pits:

O. Rodriguez de la Fuente, M. A. Gonzarez, and J. M. Rojo; #085420
By means of scanning tunnel microscopy the surface morphology of reconstructed Au(001) surfaces has been studied after bombardment with 600 eV Ar ions as a function of dose, in the range of 10^13 to 10^16 ions/cm2, and the experimental results analyzed in the light of molecular dynamics simulations using a glue potential. At low dose (5x10^13 ions/cm^2) new defects, different from the commonly observed vacancy islands are reported. They appear as depressions 0.06 nm deep, with a characteristic width of 1.44 nm. Bombardment with similar doses of Pt(001) show the same general behavior. Molecular dynamics simulations with a realistic glue potential that reproduces the hexagonal-like Au(001) reconstruction, confirm that these depressions are in fact two-dimensional /3 dislocation dipoles originated by the relaxation of vacancy rows on the ridges of the topmost reconstructed layer. These two-dimensional dipoles are seen to dissociate into individual two-dimensional dislocations that display the characteristics of ordinary bulk dislocations, e.g. glide or climb. At higher doses (3x10^14 ions/cm^2), but well below a nominal removal of 1 monolayer, vacancy islands, one atomic spacing high, are seen to nucleate on these depressions. With increasing ion damage these vacancy islands become the dominant feature. For doses of about 10^15 ions/cm^2, other defects related to the reconstruction, such as perpendicular reconstruction domains and unreconstructed patches of (001) square symmetry, become visible.

#14 フレッツ ADSL

申し込んでみた。モデムが無いので 4 月下旬らし。 プロバイダは @nifty を予定。

いま別回線の ISDN でつながってる地域プロバイダをやめれば、 月額ではだいぶ安くなるな。 加入権 *1 と ISDN ルータ買う人いませんか(笑)?
*1: 時期的には旬を外してしまっているが(^^;
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月03日() [n年日記]

#1 今日

研究室が床磨き清掃とのことなので、 自宅で雑用。

#2 [freshmeat] 3/2 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月04日() [n年日記]

#1 [LDP] 3/4 の update

#2 今日

散髪・洗濯。晩飯の親子丼を食いながら バルサvsマドリー を見る。 フィーゴかっこええのお。

#3 [freshmeat] 3/3 分の新着メールから

#4 [URL] パッケージ管理 rpm と deb の対比 〜そして apt の世界〜

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月05日(月) [n年日記]

#1 [paper] Physics News Update 526

#1 All-metal Superconductivity at 40K:

例の MgB2 のアレ。

#2 [URL] ホームページ作成のための Coloring Room

#3 [book] UNIX という考え方

到着。

#4 [paper] Journal of Chemical Physics

114(9,10) と見てみたが、ちょっと違う感じ。 まあ検索用と割り切っても $100/year は reasonable かな。 毎週の survey reading はちょっと分量的にツライかも...

#5 [paper] JAP 89(6) 15 March 2001

Vaporization of heated materials into discharge plasmas:

Michael Keidar, Jing Fan, Iain D. Boyd and Isak I. Beilis; pp.3095-3098
The vaporization of condensed materials in contact with high-current discharge plasmas is considered. A kinetic numerical method named direct simulation Monte Carlo (DSMC) and analytical kinetic approaches based on the bimodal distribution function approximation are employed. The solution of the kinetic layer problem depends upon the velocity at the outer boundary of the kinetic layer which varies from very small, corresponding to the high-density plasma near the evaporated surface, up to the sound speed, corresponding to evaporation into vacuum. The heavy particles density and temperature at the kinetic and hydrodynamic layer interface were obtained by the analytical method while DSMC calculation makes it possible to obtain the evolution of the particle distribution function within the kinetic layer and the layer thickness.

In situ determination of absolute number densities of nitrogen molecule triplet states in an rf-plasma sheath:

B. Krames, Th. Glenewinkel-Meyer and J. Meichsner; pp.3115-3120
A laser induced fluorescence technique (LIF) in combination with optical emission spectroscopy (OES) and Rayleigh scattering (RS) was applied to investigate absolute number densities of the population of the three nitrogen triplet states C^3Πu, B^3Πg, and the metastable A^3Σ u+ in an asymmetric low pressure rf discharge. Primary targets of this investigation were the three lowest vibrational levels (v = 0,1,2) of each triplet state and additionally v = 8 of A^3Σu+ which can be populated very efficiently in the plasma sheath. Calibration of LIF intensities to absolute densities of A^3Σu+ and B^3Πg has been realized by comparison with the signal of the RS experiment done in pure nitrogen gas. Calibration of C^3Πu which we could not detect by LIF but rather only by OES was achieved after comparing OES and LIF signals of the B^3Πg state. Excitation energies of the analyzed states range from 6 up to 11.5 eV and the measured number densities differ by about seven orders of magnitude from as much as 1012 cm?3 down to almost 105 cm?3. In addition to the interpretation of the results this article describes the used calibration methods which are partly based on a suggestion made by P. Bogen (Proceedings of the XVI International Conference on Phenomena in Ionized Gases, Invited Papers, edited by W. Botticher, H. Wenk, and E. Schultz-Gulde, Dusseldorf, 1983, pp. 164-173).

Chemical modification of sputtered amorphous-carbon surfaces:

Pieter B. Leezenberg, William H. Johnston, and George W. Tyndall; pp.3498-3507
Methods to chemically passivate the surfaces of amorphous-carbon films (a-C) produced by dc magnetron sputtering were studied. The chemical composition of carbon surfaces produced via sputtering are dependent upon the environment to which the carbon is exposed immediately following deposition. When the sputtered film is vented to ambient conditions, free radicals produced at the surface during the deposition process are quenched by reaction with oxygen and/or water to form an oxidized, hydrophilic surface. If the sputtered carbon film is, however, exposed to a reactive gas prior to venting to ambient, the chemical nature of the resulting surface can be modified substantially. Specifically, a less highly oxidized and much more hydrophobic carbon surface is produced when the surface free radicals are quenched via either an addition reaction (demonstrated with a fluorinated olefin) or a hydrogen abstraction reaction (demonstrated with two alkyl amines). Chemical modification of amorphous-carbon films can also be accomplished by performing the sputtering in a reactive plasma formed from mixtures of argon with molecular hydrogen, amines, and perfluorocarbons. The elemental composition of these films, and the relative reactivity of the surfaces formed, were investigated via x-ray photoelectron spectroscopy and contact-angle goniometry, respectively. In the case of sputtering with a mixture of argon and hydrogen, increasing the hydrogen flow results in an increase in the amount of hydrogen incorporated into the carbon film and a decrease in the surface free energy. Sputtering in diethylamine produces an amorphous-carbon film into which nitrogen is incorporated. The free energies of the a-C:N surfaces produced in this process are similar to those of the a-C:H films. Sputtering in a fluorocarbon vapor results in the incorporation of fluorine into the film structure and the formation of very low free-energy surfaces. Increasing the concentration of the fluorocarbon in the sputtering plasma increases the amount of F incorporated into the film. At the highest fluorocarbon flow rates employed, a-C films were produced with stoichiometries and surface free energies comparable to those of bulk Teflon.
また Netscape が死んだ...

#6 [URL] ブックマークコンバータ NN<->IE

IE のお気に入りって、自動で sort されちゃうのかしらん。せつない。

#7 [linux] ssh の BTS

このメンテナの人、技術的にちと問題あるんじゃないだろうか...

#8 [freshmeat] 3/4 分の新着メールから

#9 [URL] (X11 を中心とした)フリーの日本語ビットマップフォント一覧

#10 肩コリ

手首〜首周りが痛んでいる気配。うーむ。

#11 [dept] 送別会

一戸さんの official な送別会。於葡萄屋。

ステーキ:

サーロインのレアを頼んだら脂身が強すぎた。 我ながら信じられないが、最後の脂身は残してしまった。 次はフィレにしましょう。

#12 [URL] Hub間を無線接続する4ポートスイッチング Hub

from \.
こういうのが欲しかった!
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月06日(火) [n年日記]

#1 [LDP] 3/5 の update (2)

#2 [freshmeat] 3/5 分の新着メールから

#3 花粉症

目が痒い。

#4 [paper] arXiv cond-matt

A thermal Re-emission Model:

Amit Kr. Chattopadhyay; #0103019
Starting from a continuum description, we study the non-equilibrium roughening of a thermal re-emission model for one and two spatial dimensions. Using standard analytical techniques, we map our problem to a generalized version of an earlier non-local KPZ (Kardar-Parisi-Zhang) model. In 2+1 dimensions, the values of the roughness and the dynamic exponents calculated from our theory go like $ \alpha \approx z \approx 1 $ and in 1+1 dimensions, the exponents resemble the KPZ values for low vapor pressure, supporting experimental results. Interestingly, Galilean invariance is maintained althrough.

#5 [URL] Backups

テープを使ったバックアップに関する情報。あまりないので貴重かも。 外人さんから Travan の使い方をメールで聞かれたので google 経由で到達。

が、結構リンクが切れててせつない...

#6 [thesis] 最近の進捗

very slow。というかやる気レス。 何かきっかけをつかまないとまじでヤバイなあ。

#7 [JM] 今日の作業

rp-pppoe のマニュアルの インポート 。もろ個人的動機。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月07日(水) [n年日記]

#1 [LDP] 3/7 の update

#2 [labo] 年度末大掃除

年末の が流れた分の穴埋め。 今度卒業する 4 年生 6 人と実行。2h 程で。

#3 [freshmeat] 3/6 分の新着メールから

#4 アイボン

目の痒み に対して試してみる。 なかなかいい感じ。 ただ今度は鼻の奥がむず痒いのが気になってきた...

#5 [linux] Debian Bug Rep. #88774

ssh 2.5.1p1-1.8 の postinst のバグ。

#6 [dept] 学科メールサーバの virus 対策

学科の staff が実際に Virus メールの被害にあってしまい、 こないだの 送別会 の席で話題になったので、ちょっと調べてみる。

AMaViS - A Mail Virus Scanner:

ports にもなってるし、使うならこれかな。 実際に virus scan するソフトは別に必要になる ようだが、FreeBSD で使えるのは SophosKaspersky くらい らしい。 *1 前者には 日本代理店 が見つかった。

シー・エス・イー:

Sophos 日本代理店のページからさらに辿って到着した販売代理店。 割にリーズナブルな値段かもしれない。 とりあえずメールを送ってみた。

ただまあ:

こういうことをやってしまうと、 実際に破られたとき、 こっちに責任が来てしまうような気がしないでもない...

*1: Linux だと トレンドマイクロの InterScan VirusWall あたりが手頃そうな感じだけど。

#7 無線 LAN

さすがに rsync とかすると 100base-T よりはっきり遅いことがわかる (←あたりまえ)。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月08日(木) [n年日記]

#1 [LDP] 3/8 の updates

(23:19 add)

#2 [URL] from Linux Journal Dec 2000 issue.

古っ。
SISAL
SISAL is an efficient functional programming language for numerical computation on both serial and parallel computers. It has advantages of safety and clarity over conventional programming languages, and it parallelizes without programmer intervention on certain machines. (Unfortunately, not Linux for now!)
Selected Computing Sciences Technical Reports (Lucent Tech.)
#54 が "Nroff/Troff User's Manual"。
fping - a program to ping hosts in parallel
fping is a ping(1) like program which uses the Internet Control Message Protocol (ICMP) echo request to determine if a host is up.
ippl - IP Protocols Logger
ippl is a daemon which logs IP packets sent to a computer. It runs in the background, and displays information about the incoming packets.

#3 [freshmeat] 3/7 分の新着メールから

#4 [linux] ReiserFS and NFS

from "Journaling with ReiserFS" on LJ Feb 2001
ReiserFS has problems supporting NFS because 64 bits of information are required to find an object in the tree, and NFS expects to find an inode with just the inode number (32-bits long). The good news is the NFS file handle has enough room to store the extra information ReiserFS needs in order to find the file again later, and other kernel developers have written APIs to give the file system control over some of the file handle. By the time this article is out, there should be public patches to add proper NFS support to ReiserFS.
ということらしい。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月09日(金) [n年日記]

#1 [labo] 科研費の年度末報告書

できた。 さすがに二度目だと勝手がわかってる分作業は楽。

提出:

やれやれ。

#2 [LDP] 3/9 の updates

#3 [dept] 学科サーバ

gd, png, rsync, sudo, wget の各 ports を update。 apache はまだ。

#4 [linux] mailcrypt

なぜか一度 mc-sign をした後でないと mc-sign-region できなかったので、 /usr/share/emacs/site-lisp/mailcrypt/mailcrypt.el を覗きつつ
(load-library "mailcrypt")
(mc-setversion "2.6")
(autoload 'mc-sign-region "mc-toplev" nil t)
としたらできるようになった。 とはいえどこにも 公開鍵 登録してないので、sign することなど実生活ではほとんどないのだが(苦笑)

#5 [freshmeat] 3/8 分の新着メールから

#6 [labo] 注文記録

epsio 2000 用の廃トナーボトル。 西東京リコーへ。月曜着予定とのこと。

#7 [URL][linux] Exploring SGML DocBook

lwn.net.
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月10日() [n年日記]

#1 [freshmeat] 3/9 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月11日() [n年日記]

#1 [LDP] 3/10 の update

#2 [freshmeat] 3/10 分の新着メールから

#3 DDR3

久々に DIET モードで 200kcal 分ほどやってみる。 Paranoia あたりだと DIET モードですら足が回らん...
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月12日(月) [n年日記]

#1 [LDP] 3/12 の updates

#2 [freshmeat] 3/11 分の新着メールから

#3 [labo] 年度予算

done. 学部・院ともちょっとだけ (3000yen, 300yen) オーバーしてしまった。 相馬さんによれば、なんとか許容範囲らしい。

#4 [linux] xtt モジュール化

sid で xtt フォント fonts.dir が Tcap 形式になっていたのを受けて、 XF86Config の "Module" セクションの
	Load	"freetype"
の行をコメントアウト、"xtt" を追加。

#5 [labo] 到着記録

epsio 2000 用廃トナーボトル着。

#6 [JM] 今日のリリース

ftpusers.5, arp.7, ipv6.7, utf-8.7, umount.8。 コメントもいくつか投げ。

#7 上海故事

3/20 くらいでお店をたたむらしい。 成蹊周辺ではまともなご飯が食べられる数少ない場所のひとつだったのだが...

#8 [i1124] 到着

到着。軽い。 ただやっぱキーボードはちょーっと小さいな。 しばらく作業してたら肩が凝ってしまった。 普段使うには厳しそう。

RJ-45 のジャックが付いているのだが、これはダミーとのこと。 まあ無線 LAN するつもりなのでかまわんが、 しかしだったら「使えません」とマニュアルのどこかに書いといてほしいなあ。

とりあえず AltIME, TTSSH, チューチューマウス、卓駆などを放り込み、 Win Me は普段使いの環境になった。 ただ無線 LAN だと name server & wins server が引けてないみたいで、 samba の共有ディスクが見えなかったり名前でアクセスできなかったり切ない。 無線のハブがルータになって DHCP 配りと IP Masq をしてるはずなのだが、そのへんだろうか。

まあとっとと Linux 入れてしまうのが吉か。 Vine にしようかな。買ってこねば。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月13日(火) [n年日記]

#1 [LDP] 3/13 の updates

(12:27 add)

#2 [thesis] 進捗

やっと motivation が上がってきたらしい (って他人事みたいに)。
BGM はどうやら George Winston がいいようだ (ミーハーだ)。
時間帯はやっぱり丑三つ時なのかなあ (...)。

#3 [freshmeat] 3/12 分の新着メールから

#4 [i1124] fips

こちら を参考にしつつ作業。 てなかんじで。c: は 18G→4G となった。

#5 [dept] qpopper と ftpusers

/etc/ftpusers に名前があるユーザは pop アクセスできないらしい。 FreeBSD では /sbin/nologin つーのがあり、 /etc/passwd の shell フィールドをこれにしておけば (/etc/shells に無いので) ftp ログインもできなくなる。 pop オンリーユーザを作るのはこれだけで良いようだ。

しかし /etc/popusers とかにして欲しいよなあ。 それに考えてみると、そもそも /etc/ftpusers が 「ftp を deny するユーザのリスト」ってのも納得できん。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月14日(水) [n年日記]

#1 [LDP] 3/14 の updates

(23:37 add)

#2 [thesis] todo

まとめてみる。 それぞれ各 1〜2 日といったところか。うー。 まあグラフができちゃえばノートで作業できるので、 効率が上がるのは過去の経験から確かだとおもうのだが。

#3 [labo] IVC-15/AVS-48 Call for Papers

出さねば。

#4 [freshmeat] 3/13 分の新着メールから

#5 [linux] ssh 2.5.1p2-1 (sid)

まだ postinst が直ってねえ。がー。

#6 上宮さん送別会

於 魚昭。うまかった。 酒井先生、鈴木先生、石澤さん。 勘定を払いに座敷から出たら、 川口先生と芝田さんがいてびっくり(笑)
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月15日(木) [n年日記]

#1 [LDP] 3/15 の update

#2 [labo] お買い物

秋葉原に出かけ、メルコの WLA-L11 と TOSHIBA 製 DVD-ROM/CD-ROM ドライブ。 前者はブリッジとして無事動作、Win の共有関係もバッチリ。良かった良かった。

DVD-ROM drive:

PIIX4: IDE controller on PCI bus 00 dev 39
PIIX4: not 100% native mode: will probe irqs later
    ide0: BM-DMA at 0xf000-0xf007, BIOS settings: hda:DMA, hdb:DMA
    ide1: BM-DMA at 0xf008-0xf00f, BIOS settings: hdc:DMA, hdd:DMA
hda: IBM-DJNA-351520, ATA DISK drive
hdb: TOSHIBA DVD-ROM SD-M1502, ATAPI CDROM drive
hdc: IBM-DJNA-351520, ATA DISK drive
[...]
hdb: ATAPI 48X DVD-ROM drive, 128kB Cache
Uniform CD-ROM driver Revision: 3.11
VFS: Disk change detected on device ide0(3,64)
ということで無事に認識した模様。 CD-ROM は読めたが、DVD のディスクは無い(笑)

#3 [freshmeat] 3/14 分の新着メールから

#4 [linux] kernel 2.4 の potato への backport

まあ個人的にはしばらく試す予定はないけど。

#5 [linux] OMS How-To

Linux で DVD 映像を再生する方法について(できれば)簡単に説明を行います。
とはいえ DVD 付けたマシン (migrate) はサウンドカードついてないからのお。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月16日(金) [n年日記]

#1 samba-jp 関係

sugj-tech を unsubscribe、 sugj-doc を subscribe。

#2 [i1124] Linux ハードウェア情報 (ThinkPad)

#3 [labo] 科研費関連書類差し戻し

とのこと。

いろいろ言いたいことはあるのだが、男の子はグッと我慢...か?

結局:

電話した(笑)。 まああれだ、一応先方に貸しを作るかたちで話を付ける。 結局作業するのは自分なのだが。

#4 [labo] 電源工事

学生の机周りに 20A のレールを引いてもらった。

#5 [i1124][linux] インストール (とハマり)

結局 debian をインストール。 potato から入れて woody にあげ。 以下未解決の問題。後の方ほど深刻で、早期解決が求められるもの(笑)

X 周り:

xserver-xfree86 (4.0.2) 4.0.2 だと画面が右にずれて、左半分しか見えない。 3.3.6 なら大丈夫。 それぞれ XF86Config は、 半分ずれの 4.0.2 のやつ 一応きちんと見えてる 3.3.6 のやつ といった感じ。

森本さん240Z で使ってる XF86Config-4 を送っていただき (感謝)、比べてみたのだが、 "Device" "Monitor" 辺りに特に違いは無かった。うーむ。

IBM 10/100M イーサカードの認識:

ブートフロッピーから入れた 2.2.17 のカーネル (と pcmcia) だと、 例の TP600X についてきたイーサカードを tulip_cb.o でちゃんと認識するのだが、 2.2.18 の kernel-source (と pcmcia-source) から自分で作ったやつだとだめ。

前者だと IRQ3 でつかまえているが、後者は IRQ11 になっていて、 これは i82365 自身が使ってるので、 conflict してるような感じ。 /etc/pcmcia/config.opts で irq 11 を exclude してもだめ。

無線 LAN の方は この方法 に準じたかたちで認識できているので、 それほど重大な問題ではない。高速通信がいるときにつらいけど。

emacs20-dl と vje:

emacs20-dl (20.7-5) に、なぜか vje で入力できない。 C-; に 起動を割り当てており、これは emacs では使ってないはずなので、 xim 自体を受付けてない感じだが... おかしいな。

とても悲しい work around だが、krxvt から emacs -nw ならちゃんと入力できる。 ちなみに desktop マシンの sid (20.7-7) ではちゃんとできている。

サスペンドからの復帰:

サスペンド→レジュームすると、画面がブラックアウトから復帰しない。 X でもコンソールでもおなじ。カーネルは 2.2.18 で、config は こんな 感じ。

バッテリーは非常に持つ。軽いし、上記が解決すればとてもいい感じ。 しかし道のりは遠そうだのう。

#6 [dept] メールサーバでのウィルスプロテクト

シー・エス・イーの方からお返事のメール。 可能かどうかについてはもうちょっと待ってくれとのこと。 価格は 9 万円/年。ふむ。

#7 [freshmeat] 3/15 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月17日() [n年日記]

#1 原付

年次点検から戻ってくる。 よく回るようになったね!

#2 [freshmeat] 3/16 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月18日() [n年日記]

#1 [LDP] 3/18 の updates

#2 [freshmeat] 3/17 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月19日(月) [n年日記]

#1 [i1124] 各種障害その後

レジューム時の LCD 表示:

bios を覗いていたら、 ブートアップ時の画面選択が外部 CRT になっていた。 LCD に変えたら、問題なくレジューム時に画面が出るようになった。 しかし X から suspend → resume すると画面がメチャメチャになる。 うーむ、コンソールに落ちないと suspend できないかー。 Ctrl-Alt-F? でコンソールに落ち、resume 後 X に戻れば OK らしい。

sid 化:

dist-upgrade した。

2.4.2 化:

コンパイルした。しかし tulib_cb の問題は解決せず。

emacs + vje:

まだだめ。うーん。

ぐへ:

.Xresources に
Emacs*xnlLanguage: C
が入ってた。language-env のデフォルトだったらしい。 外したら問題なく入力できるようになった。

#2 mail の 3rd relay trial

がこのところ多く、logcheck に引っかかって頻繁に流れて来る。うざい。

#3 [labo] 領収書送付依頼

この件 で、日本アエラ・RS components・西和産業・北東京VF・フルウチ化学に fax。

RS components から:

速攻で発行するとの返事。さすがに (高いだけあって(^^;) サービスいいのお。

#4 [linux] debian のフォント

お疲れさまです :-)

最近 sid な X 4.0.2 で作業することも多くなったのだが、 19inch の CRT で 1280x1024 の画面だと、14pt では (ジジイなので) ちとつらい。 そこで xfonts-shinonome の 16pt にしたところ、非常に良い感じになっている。 端末で使うフォントはセリフのない奴に限ると個人的には思ってる *1 のだが、これはその点も合格、すっきりしていて大変見やすい。

ところが、これに合わせる英字フォントがあんまりないんだよなー。 いまは xfonts-bitmap-mule の etl16-latin1 を使ってるけど、 ちょっと小さくて shinonome のとはバランスが良くない。
*1: 実は Windows の Terminal フォントが一番好きだったりする。

#5 [LDP] 3/19 の updates

#6 [labo] esca 測定

(i1124 をいじりつつ) 週末に行った ESCA の結果を酒井先生にメール。 データ自体は非常に奇麗にとれたようだ :-)

#7 [dept] 卒業式

今年もいい天気だった。

学位記授与式:

拍手しまくり。

卒業記念:

足裏ツボ押し板、 電動マッサージ機を寄贈していただく。

#8 [freshmeat] 3/18 分の新着メールから

#9 高校の OB 会名簿

ソファーベッドにごろ寝して BSD Mag. 読んでたら電話。 読売 weekly でうちの高校の特集をやるので、 その下に名刺広告を出してくれないか、とかいうことらしい。 3 秒で切る。

こないだは「結婚相手のご紹介」とかいう電話が自宅にかかってきたしなあ。 誰だよ名簿流してるやつ。シネ。

#10 [labo] 借出図書の更新、用品・備品管理

今日はもう雑用に徹する。 しかし 1 冊 (Bateman の "Higher transcendental functions") 見つからない。ヤバイ。しかも絶版。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月20日(火) [n年日記]

#1 惰眠

計 16h 寝た。

#2 [LDP] 3/20 の update

#3 [freshmeat] 3/19 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月21日(水) [n年日記]

#1 [linux] sid の ssh の postinst バグ

いつまでたってもなおる気配がないので パッチを投げて みる。

というところで手元はなおったが:

/etc/init.d/ssh もおかしいな... なんで /etc/ssh/NOSERVER と /etc/ssh/sshd_not_to_be_run と二つあるんじゃ。 というかそもそも、rsh みたいにサーバとクライアント分ければいいのに。

しかし:

この BTS の長大なリストを見るに、 このメンテナはバグの管理する気がないんじゃないのか?

#2 [URL][linux] Linux 用プリンタドライバ

リコーのは、ちょっとまとまったページは見つからなかった。

#3 [LDP] 3/21 の updates

#4 [linux] sinonome フォントと合わせる iso8859 なフォント

狩野さんより 附属している との情報をいただく。すばらしい。 きっと gotom 先生が xfonts-shinonome に merge してくださるに違いない :-)

一足先に:

試してみる。krxvt 上 vi で .Xdefaults を設定中の snapshot 。いい感じですねえ。

#5 [freshmeat] 3/20 分の新着メールから

#6 [URL] Using Samba の翻訳状況

一通り訳が付き、査読ステータスに入ったとのこと。すばらしい。

ちょっとずつ:

パッチを投げていこう。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月22日(木) [n年日記]

#1 [URL] Free On-Line Dictionary Of Computing

ldp-discuss で紹介されてたコンピュータ用語向け辞書サイト。

例えば "NUMA" と引いてみる とこんな感じ。
NUMA ==>
Non-Uniform Memory Access
<architecture> (NUMA) A memory architecture, used in multiprocessors, where the access time depends on the memory location. A processor can access its own local memory faster than non-local memory (memory which is local to another processor or shared between processors).
他には Glossary of the Linux FreeS/WAN project なども。

#2 結婚式

大学のハンド部の同期から 5/19 に披露宴やるとの連絡。 うーむ、これで残りは俺だけになったかー(^^;

#3 [JM] bash.1 校正

終了。 ひー。

#4 [freshmeat] 3/21 分の新着メールから

#5 [LDP] 3/22 の update

いろいろ出ますな :-) 残念ながら xtt の話題は少ない。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月23日(金) [n年日記]

#1 謎のメール

Dear Sir
Hello
I don't know japan .
Will you help me?
I visited your site I want to get more information about gold karatage tester .
I want to buy one .
Please mail me the most information and catalog and its price.
spam ではないようだが... なんだこりゃ?

#2 ノド痛

一回休み。ぐう。

#3 [freshmeat] 2/23 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月24日() [n年日記]

#1 [LDP] 2/24 の updates

#2 [freshmeat] 3/23 分の新着メールから

#3 MATRIX

WOWWOW の放送で初めて見た(笑)。やっぱ話題になることはある。すごいね。 DVD のディスクは PS2 のプロテクトのせいでまだ見てねえ。 AV セレクタ買わないとなあ。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月25日() [n年日記]

#1 [URL] PHP マニュアル

Namazu による PHP+PostgreSQL 日本語ドキュメント全文検索システム:

#2 市議会選挙

投票。

#3 サッカーフランス戦

内容はまだ見てないけど、5-0 かー。 これが実力差ではないことを信じたいが...

#4 [linux] Debian の ssh の postinst

やっと直ったようだ。

#5 [dept] サーバメンテ

ja-man-doc と ja-groff を package でインストール。 apache を 1.3.19 に。

#6 [freshmeat] 3/24 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月26日(月) [n年日記]

#1 [linux] migemo

sid のパッケージになってたので入れてみた。 すばらしい。 高林さん鵜飼さんありがとお。

#2 [LDP] 3/26 の updates

#3 [book] 買った本/読んだ本

泊まりあけの朝飯食いに吉祥寺に出かけて購入。大散財。 最近読んだので覚えてるのは あたり。頭使ってないな。

今読んでるのは「人はなぜエセ科学に騙されるのか」の下巻。

#4 [linux] sid の ssh

2.5.2p2-1。/etc/ssh/ssh_config に
UsePriviledgedPort yes
を追加しないと、古い sshd サーバ *1 に対して RhostsRSAAuth が効かなかった。

typo:

UsePriviledgedPort → UsePrivilegedPort でした。ごめん > masy

*1: potato の sshd サーバ含む

#5 [freshmeat] 3/25 分の新着メールから

#6 学科のスタッフが

お二人入院されたと別の研究室の院生に聞く。 だ、大丈夫かしらん。

#7 [linux] sid の ptex-bin, jbibtex-bin

tetex-lib → libkpathsea3, tetex-dev → libkpathsea-dev あたりの変更に伴い、 依存関係のせいで現状バイナリが apt では入らなくなってるため、 work around としてソースから作った。
  1. apt-get source ptex-bin
  2. ptex-bin-2.1.8+1/debian/README.debian を読み、 web2c-src をインストール。 tetex-lib, tetex-dev はもうないので、代役に libkpathsea3, libkpathsea-dev をインストール (前者は普通入ってるはず)。
  3. ptex-bin-2.1.8+1/ で "dch -v 2.1.8+1-3.0local1" を実行。 バージョンは適宜好みのものに。
  4. debuild を実行。
  5. 親ディレクトリに jbibtex-bin_2.1.8+1-3.0local1_i386.deb ptex-bin_2.1.8+1-3.0local1_i386.deb ができるので、 dpkg -i でインストール
という感じで。

#8 [thesis] pdf 化

ps2pdf で簡単にできるのだなあ。 例の無意味にでかい PS のせいで、 dvi2ps なファイルは 48M もあるのだが、 pdf にしたら 2.8M 程になった。 もちろん見た目はちょっと落ちるが、 pdf のほうが印刷も速いような気がする。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月27日(火) [n年日記]

#1 [LDP] 3/27 の updates

#2 [URL] インターネットで碁を打とう!

sid の cgoban とかでつなげるのかな? gnugo-dv と対局してみたら、 9 路盤定先の白で 5 回やって 1 回不覚を取った。

#3 [thesis] 印刷したら

やる気が出てきた(わら
ちょっと補完したいデータを作る batch job を quick hack して突っ込む。 ぐう眠い。

#4 [freshmeat] 3/26 分の新着メールから

コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月28日(水) [n年日記]

#1 [LDP] 3/28 の updates

#2 [paper] RSI 72(4) April 2001

An apparatus for the measurement of internal stress and thermal expansion coefficient of metal oxide films:

Cheng-Chung Lee, Chuen-Lin Tien, Wean-Shyang Sheu and Cheng-Chung Jaing; pp.2218-2133
A measuring apparatus based on a phase shifting interferometry technique to determine the mechanical properties of metal oxide films was presented. Thin films were prepared by ion-beam sputter deposition at low substrate temperature. Quantitative determination of the mechanical properties such as the internal stress, biaxial elastic modulus, and thermal expansion coefficient of metal oxide films were investigated. A phase shifting Twyman萌reen interferometer with the phase reduction algorithm was setup to measure the temperature-dependent stress in thin films. Two types of circular glass plates, with known Young's moduli, Poisson's ratios, and thermal expansion coefficients, were used as coating substrate. The temperature-dependent stress behavior of the metal oxide films was obtained by heating samples in the range from room temperature to 70 −C. The stresses of thin films deposited on two different substrates were plotted against the stress measurement temperature, showing a linear dependence. Four oxide films were reported for their film stresses and thermal expansion coefficients.

Data reduction in 3ω method for thin-film thermal conductivity determination:

T. Borca-Tasciuc, A. R. Kumar, and G. Chen pp. 2139-2147
The 3ω method has been proven to be very useful for determining the thermal conductivity of thin films and their substrates. Several simplifications are often used in determining the thermal conductivity of the films based on the experimentally measured 3ω signal. These simplifications, however, have limited range of applicability. In this work, we present a detailed analysis and mathematical modeling of the 3ω method applied for different experimental conditions. Effects considered include the finite substrate thickness, anisotropic nature of the film and substrate thermal conductivity, the film-substrate thermal property contrasts, the effect of heat capacitance of the heater, and the effect of thermal boundary resistance. Several experimental results are analyzed using the models presented. This work shows that the 3ω method can be extended to a wide range of sample conditions, with anisotropic conductivities in both the substrate and the film, and with small film-substrate conductivity contrast.

#3 [labo] メモリ増設

朝っぱら(笑)から、 先月 買った 128M メモリを身の周りのマシンに増設。 一番快適になったのは windows だったり。 ファイルサーバもこれでキャッシュが効いて軽くなってくれるといいな。

#4 [labo] 科研費収支簿

まとめた。あとはフルウチの領収書待ち。

#5 保険引き落とし

給料の振込口座を変えたので、金が足りずに落ちなかったらしい(^^; 現金で代理店に持っていくことに。

#6 [freshmeat] 3/27 分の新着メールから

nslint:

試してみた。エラーがひとつ見つかった(^^; debian だと named.conf の位置が ISC のツルシのとは違うので、
nslint -b /etc/bind/named.conf
のように起動する必要がある。 しかし documentation が圧倒的に少ないな。 いいプログラムなのだが、もったいない。

いや、man があるのか。ふむふむ。

というか deb もあったのか(^^;

#7 [thesis] bem vs diff の絵

が、できた。うむうむ。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月29日(木) [n年日記]

#1 [LDP] 3/29 の updates

#2 [labo] APS March Meeting - MgB2 Post deadline session

講演が RealAudio で収録されている。すごいな。

#3 [linux] mh has been orphaned

まあ誰かが take over してくれるじゃろ、と楽観(^^;

#4 [linux] sid's xlib 4.0.2-12 conflicts with jgroff?

% sudo apt-get upgrade
Reading Package Lists... Done
Building Dependency Tree... Done
1 packages upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 2  not upgraded.
Need to get 0B/1170kB of archives. After unpacking 0B will be used.
Do you want to continue? [Y/n]
(データベースを読み込んでいます... 現在 62021 個のファイルとディレクトリがインス
トールされています。)
xlibs 4.0.2-11 を(.../xlibs_4.0.2-12_i386.deb で)置換するための準備をしています.
..
xlibs を展開し、置換しています...
dpkg: /var/cache/apt/archives/xlibs_4.0.2-12_i386.deb の読み込みエラーです(--unp
ack) `/usr/X11R6/lib/X11/app-defaults'を上書きしようとしています。これはパッケー
ジ jgroff にも含まれています。。
以下のパッケージの処理中にエラーが発生しました:
 /var/cache/apt/archives/xlibs_4.0.2-12_i386.deb
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)

違った:

sid ではもう jgroff は groff になってた。 potato から dist-upgrade したときになんか残骸が残ってたらしい。
dpkg --purge --force-depends jgroff
apt-get install jgroff
で jgroff の代わりに groff が入って一件落着。

いや:

apt-get install groff
だけでおっけーだった。

#5 [linux] Samba の LDAP 認証

PAM と組み合わせるとできるんでないかな、という気はしますですね。 このへん とか このへん とかかな?

しかし pam も ldap もよくわかっとらんのでアレ。

ということで:

apt-get install libpam-doc してみたり。 ldap はどっかに LC 2000 fall での鵜飼さんの講演記録があった記憶が... 有料だったからだめかな?

#6 [paper] JAP 89(7) 1 April 2001

Electric field in inductively coupled gas discharges:

R. Piejak, V. Godyak, and B. Alexandrovich; pp.3590-3593
The electric field in a low-pressure electrodeless discharge has been determined from discharge voltage measurements at constant discharge current as a function of gas pressure. Measurements have been made in neon, argon, and xenon at discharge currents of 1, 3, and 10 A with a driving frequency of 0.45 MHz. The behavior of the electric field as a function of gas pressure has been found to be qualitatively similar for all three gases. At the lowest gas pressures at which a discharge can be sustained, the electric field is relatively high. With increasing gas pressure the field reaches a local minimum, followed by a local maximum and another local minimum. Above 1 Torr, the electric field increases monotonically with gas pressure.

Practical scheme for three-dimensional simulation of electron cyclotron resonance plasma reactors:

Yasuyoshi Yasaka and Nobuki Uda; pp.3594-3601
A three-dimensional simulation code which calculates wave propagation, plasma transport, and gas phase chemical reactions self-consistently in an electron cyclotron resonance plasma reactor has been developed. The code is designed to treat the three-dimensional inhomogeneity with a reasonable accuracy in a realistic configuration of the reactor within an acceptable computational time using common computer resources. The profiles of electromagnetic wave fields and the temporal evolution of plasma parameters and radical densities in a bounded, inhomogeneous, cylindrical system have been calculated. The code can resolve azimuthal asymmetry of the plasma associated with a rectangular waveguide coupling or an asymmetric injection of reactive gases as well as the radial and axial variations.

Superhardness effects of heterostructure NbN/TaN nanostructured multilayers:

Junhua Xu, Masao Kamiko, Yaomin Zhou, Ryoichi Yamamoto, Geyang Li and Mingyuan Gu; pp. 3674-3678
Although superhardness effects have been extensively investigated for epitaxial ceramic nanomultilayer films with the same crystal structures in the last decade, those for multilayers with different crystal structures have been seldom studied. In this article, NbN/TaN nanomultilayers have been designed and deposited by reactive magnetron sputtering. The results showed that the crystal structures of NbN and TaN are face-centered cubic and hexagonal in superlattice films, respectively, and the lattice plane (111) of NbN is coherent with the (110) of TaN, i.e., {111}fcc-NbN{110}h-TaN. The results of microhardness measurement showed that the superhardness effects of NbN/TaN multilayers exist in a wide range of modulation period from 2.3 to 17.0 nm. This phenomenon is different from that of epitaxial ceramic multilayers where the maximum hardness usually takes place at a modulation period of 5.0?10.0 nm. It is proposed that the coherent stresses and the structural barriers (fcc/hexagonal) to dislocation motion between NbN and TaN layers are the main reasons for the high-hardness value in a wide range of modulation periods.

Design and characterization of thin film microcoolers:

Chris LaBounty, Ali Shakouri and John E. Bowers; pp. 4059-4064
Thin film coolers can provide large cooling power densities compared to bulk thermoelectrics due to the close spacing of hot and cold junctions. Important parameters in the design of such coolers are investigated theoretically and experimentally. A three-dimensional (3D) finite element simulator (ANSYS) is used to model self-consistently thermal and electrical properties of a complete device structure. The dominant three-dimensional thermal and electrical spreading resistances acquired from the 3D simulation are also used in a one-dimensional model (MATLAB) to obtain faster, less rigorous results. Heat conduction, Joule heating, thermoelectric and thermionic cooling are included in these models as well as nonideal effects such as contact resistance, finite thermal resistance of the substrate and the heat sink, and heat generation in the wire bonds. Simulations exhibit good agreement with experimental results from InGaAsP-based thin film thermionic emission coolers which have demonstrated maximum cooling of 1.15 ℃ at room temperature. With the nonideal effects minimized, simulations predict that single stage thin film coolers can provide up to 20-30 ℃ degrees centigrade cooling with cooling power densities of several 1000 W/cm^2.

Secondary electron emission yields from MgO deposited on carbon nanotubes:

Whikun Yi, et al.; pp. 4091-4095
Enormously high secondary electron emission yields under electric field are observed from MgO deposited on carbon nanotubes. The yields reach a value as high as 15 000 and are strongly dependent upon the bias voltage applied to the sample. The creation of the electric field across the MgO film after bombardment of primary electrons is considered as one of key features, since positive charges are generated at the surface by departure of secondary electrons. Subsequent bombarding electrons produce other secondary electrons inside the MgO film, then the liberated secondaries are accelerated towards the surface under the strong field. Under this condition, the secondary electrons gain sufficient energy to create further electrons by impact ionization. The process continues until an equilibrium avalanche is established. To elucidate the earlier explanations, the kinetic energy spectra of secondary electrons are measured by an energy analyzer at various bias voltages in MgO/carbon nanotube samples. The analysis of spectral results with the energy band diagram gives us strong evidence for the suggested mechanism.

Formation of β-C3N4 crystals at low temperature:

J. Wei; pp. 4099-4104
Carbon nitride films with β-C3N4 crystals of 200 nm grain size were grown on Si (100) substrates using magnetron sputtering. Reactive deposition was achieved using a graphite target in an argon/nitrogen plasma at room temperature. These films were characterized by transmission electron microscopy (TEM), atomic force microscopy (AFM), x-ray photoelectron spectroscopy (XPS), Fourier-transform infrared spectroscopy (FTIR), and Raman spectroscopy. Micro level β-C3N4 crystal grains were observed with TEM. According to calculations from electron diffraction pattern, these crystalline structures were in a good agreement with hypothetical b-C3N4 structure. AFM measurement also indicated the grain size was around 200 nm and the carbon nitride films had low surface roughness. From XPS data, maximum N/C ratio of 0.5 was achieved in the films. XPS spectra of the films typically showed three peaks in the C 1s core level spectrum (centered at 284.6, 285.9, and 287.2 eV) and two peaks in the N 1s core level spectrum (centered at 398.7 and 400.2 eV). This indicates that there are two types of C-N bonds; N is bonded to sp2- or sp3-coordinated C atoms in the as-deposited films. FTIR spectra showed three absorption bands in the range of 1000?3000 cm?1. The absorption band around 2367 cm?1 can be attributed to CN nitrile bond. The absorption bands around 1559 and 1201 cm?1 demonstrate the existence of CN (sp2) and C?N (sp3) bonds. Analysis of Raman spectrum further demonstrated the coexistence of sp, sp2, and sp3 bonds. All of XPS, FTIR, and Raman measurements showed the presence of fourfold coordinated β-C3N4 crystals in the films, which is in good agreement with TEM and electron diffraction results.

Sputtering and in-plane texture control during the deposition of MgO:

Liang Dong, Luis A. Zepeda-Ruiz and David J. Srolovitz; pp. 4105-4112
iMolecular dynamics simulations are performed to study the fundamental role of the ion beam in determining the in-plane texture of 100 oriented (out-of-plane) MgO films during ion beam assisted deposition (IBAD). Sputter yields are determined as a function of in-plane orientation for Ar ion beams. The minimum sputter yield exists at an ion beam orientation corresponding to the MgO 110 direction. The finite width of the sputter yield minimum is attributable to two main factors: (i) only a fraction of the incident ions are oriented to travel directly down the center of the channel and (ii) ions that are not exactly parallel to the channeling direction may channel. While the simulations imply that it is possible to in-plane orient {001} MgO films using IBAD, there are fundamental limitations on the degree of ordering that can be achieved.

#7 [labo] 科研費収支簿

提出。 フルウチの領収書は boss のポストに間違って入っていた。うぬぬ。

提出先で:

学部長に捕まって(わら、コーヒーをご馳走になった。
いろいろなところがいろいろ大変らしいなあ(謎

#8 [freshmeat] 3/28 分の新着メールから

#9 [linux] sarg

sid のパッケージになってたので、 potato でコンパイルしてインストールしてみた。 実に良い感じ。 squid の log analysis tool は数種類試してみたことがあるが、その中で best。

peer host からの query の exclude:

デフォルトだと ICP_QUERY をよこす sibling な squid ホストからの問合わせもログにカウントされてしまうが、 /etc/squid/sarg.users *1 にそのホスト名 (と IP アドレス) を書くと OK となった。

ちなみにこれらのファイルに空行を入れてしまうと、 あらゆる行にマッチしてログ出力が一切出なくなってしまう。

*1: なぜ sarg.hosts ではないのだろう...
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月30日(金) [n年日記]

#1 [paper] cond-mat

0103475: Coulomb Explosion and Thermal Spikes:

A fast ion penetrating a solid creates a track of excitations. This can produce displacements seen as an etched track, a process initially used to detect energetic particles but now used to alter materials. From the seminal papers by Fleischer et al. [Phys. Rev. 156, 353 (1967)] to the present [C. Trautmann, S. Klaumunzer and H. Trinkaus, Phys. Rev. Lett. 85, 3648 (2000)], `Coulomb explosion' and thermal spike models are treated as conflicting models for describing ion track effects. Here molecular dynamics simulations of electronic-sputtering, a surface manifestation of ion track formation, show that `Coulomb explosion' produces a `heat' spike so that these are early and late aspects of the same process. Therefore, differences in scaling are due to the use of incomplete spike models.

#2 [JF] NIS-HOWTO

リリース。小林さんのおかげ。

#3 [book] 『人はなぜエセ科学に騙されるのか』カール・セーガン著 青木薫 訳 新潮文庫

武井さんの日記 で文庫化を知り、購入、読了。 この本で言ってる内容ってのは、 かなり自分の持ってる信条に近いので、 読んでいて「蒙を啓かれた」という感じではなかった。 ただ、アイデアが明確に文章化されている、 という点での価値は非常に大きいと思うし、 将来自分が引用して利用できるという意味でも ありがたい本になりそうだ。

科学が依って立つところの懐疑主義なくしては、 大衆の意識が支配層によりコントロールされる社会が到来してしまう、 というのが後半で多くの頁を割いて述べられているところ。 このセーガンの危機意識は、 大学生 (あるいは大学院生ですら) を相手にしててさえ、 ひしひしと感じる。 *1 若い層に対して強くすすめたい。

なお、翻訳の質も非常に高い。 でも訳者あとがきにある
バスケットボールの話を訳すために、
(中略)
『スラム・ダンク』全三十一巻を読破してしまった。
ってのはやりすぎだと思う。 ていうかそれは翻訳とは関係ないだろ(笑)
*1: 「新聞に書いてあることって全部正しいんですよね」 とかいう大学院生が本当にいるのだ。

#4 [labo] Agilent IntuiLink

アジレント・テクノロジー株式会社は、 アジレント・テクノロジー製の測定器と PCアプリケーションとのデータの受け渡しを容易にするソフトウェア 「Agilent IntuiLink(インチュイリンク)」を発表、無償提供を開始しました。
対応済み製品リスト:

#5 [freshmeat] 3/29 分の新着メールから

#6 [linux] bind の chroot 化

debian-users で して しまったので、 悔し紛れに手元で実行。

情報源は Chroot-BIND-HOWTO とか Linux.com の記事 とか。

user/group named の追加:

/etc/passwd:
named:*:35:35:Nameserver:/chroot/bind:/bin/sh
/etc/group:
named:*:35:

ディレクトリの準備:

うちは / と /usr が別パーティションなので、ln と cp はそのへん (とファイルの大きさ) を反映している。 (3/31: ln してはだめ。 cp に修正。)
# mkdir -p /chroot/bind; cd /chroot/bind
# mkdir -p sbin usr/sbin etc dev lib

# cp /sbin/ldconfig sbin

# cp /usr/sbin/named usr/sbin
# cp /usr/sbin/named-xfer usr/sbin

# cp -r /etc/bind etc
# chown -R named.named etc/bind
# cp /etc/localtime etc

# mkdir var/cache/named var/run
# chown named.named var/cache/named var/run

# cd lib
# cp /lib/libc-2.1.3.so .
# ln -s libc-2.1.3.so libc.so.6
# cp /lib/ld-2.1.3.so .
# ln -s ld-2.1.3.so ld-linux.so.2

# cd ../dev
# mknod null c 1 3
# chmod 666 null
ls -lR /chroot/bind | grep -v "^total" の結果は こちら 。ただし後述の dev/log とか、 実行時にできる var/run 以下のファイルも入っている。

ld.so.cache の作成:

# chroot /chroot/bind /sbin/ldconfig -v
として、/chroot/bind/etc/ld.so.cache を作る。

syslog へのデバイス追加:

/etc/init.d/sysklogd の SYSLOGD の定義を
SYSLOGD="-a /chroot/bind/dev/log"
として /etc/init.d/sysklogd restart。 すると /chroot/bind/dev/log ができるはず。

/etc/init.d/bind の書き変え:

結果だけ示すと こちら 。ndc の -c, -n, -p 各オプションがミソ。 -n オプションって undocumented なのだが。

あとは /etc/init.d/bind {start|reload|restart} などが普通に使える。 起動時の /var/log/daemon.log のエントリは こんな かんじ。chroot していることがわかると思う。

/usr/sbin の bind と bind-xfer は chmod -x しておくといいかも。

#7 [thesis] 本日の成果

ふー、残るはあと三枚。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月31日() [n年日記]

#1

起きたら雪が降っていてびびる。

昼:

桜の開花日の後に雪が降ったのは 25 年ぶりらしい、 と東京海上のおじさんから聞いた。

#2 [linux] bind の chroot 化における ln と cp

ばかだな > 俺
せっかく chroot jail の中に入れてるのに、 libc なんて critical なブツを外部と common にしているんじゃ 価値半減じゃん。 つーことで記述は修正しておいた。

#3 モスバーガー成蹊大学前店

今日で閉店だそうだ。また貴重な飯の場所が...

#4 [book] パロディ版 BSD magazine

パルコブックセンターで入手。

昼飯を食いながら読んでいたので、 一番面白かったのは "Debugging The Food"。誰だろこれ書いたの :-) 一番つまらなかったのは IP マネー。

南新宿アドベンチャーは sid でビルドできた。 uudeview で decode し、 libreadline4, libreadline4-dev を apt-get install、 make で OK。

#5 [JF] resolve some reservations

2.2.19 の Changes をリリース、 TT-Debian は obsolete/ 行きにした。 これで JF の関係の未決案件は無し。

#6 [freshmeat] 3/30 分の新着メールから

#7 [linux] dvorak7min

debian のパッケージになってたので試してみたが、 man してみたところ
dvorak7min assumes it is run with the dvoarak keymappings already loaded.
ということで、起動できねえ(笑)

#8 [JM] LDP man-pages 1.35

らしい。うむむ。

ぶは LDP.7 とか入ってる(笑)

とりあえず basename.3 にざっと訳を付けて投げ。

lilo 関係のマニュアルが LDP の archive からはなくなったらしいので、 新たに lilo-21.7 から import 作業。結構変わってるな。

#9 [paper] PHYSICAL REVIEW FOCUS 30 MAR 2001

INTERNET PLAGUES SPREAD RAPIDLY:

If there's an outbreak of the flu in your city, you can count on the Centers for Disease Control for help, but if it's the "I Love You" bug, forget it. That's because viruses spread differently on the internet than they do in the real world, according to a paper in the 2 April PRL. While a biological disease can only spread from person to person, a digital virus can reach many computers simultaneously from a single server. This difference in transmission makes computer viruses all but impossible to eliminate, according to the authors, but the model they describe may lead to better strategies for protecting the electronic world.
(R. Pastor-Satorras and A. Vespignani, Phys. Rev. Lett. 86, 3200. )

ふふふ。
コメント [全部読む/投稿する]

以上、31 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
book
dept
issp
labo
paper
snap
stock
vsj
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project

中野武雄 (NAKANO, Takeo) <nakano@st.seikei.ac.jp> Since 1999-10-07
RSS feed, 更新時刻, LIRS エントリ, アクセス制御 (解説)

中野のホームページへ