なかのにっき

最新版はこちら。 突っ込みは各日付の BBS エントリのほか、 メール (nakano@st.seikei.ac.jp) や フォーム からどうぞ。 なおスパム除けのため、BBS 機能には 緩い認証を入れて います。 検索エンジンから来た方は、エンジンの方のキャッシュを見るか、 下の簡易検索を試してみてください。


hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5

先月 2019年10月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2019年03月19日(火) [n年日記]

#3 セミナー資料

作ったやれやれ。泥縄人生。Web に置いてメールした。 この資料もどんどん枚数が嵩んでゆくな(笑)

#2 FFT を用いた多倍長整数の乗算の効率化 (1)

その(2) 。いまのフーリエ解析の授業だと FFT まで行ってないんだけど、ひとまずメモ。

#1 学位記授与式

風邪あがりなので申し訳ないが 10 時からの体育館での式はパス。 3 年前 は卒業式じたいをまるっと休んだったのか…この時期風邪ひくことが多いなあ。

学科の学位記授与式、あと学部の修士学位授与式に参加して写真撮り。 あいまに研究室で集合写真ほか。みなさまお疲れさまでした。

病み上がりなので修了パーティーもすみませんけどパスで。
コメント [全部読む/投稿する]

2018年03月19日(月) [n年日記]

#3 応物発表準備

するする。うぐぐ。

#2 入試委員のお仕事

秘密日記へ。

#1 [dept] 卒業式

9:40 くらいに到着、10 時から本式、 今年は長くて 11:27 まで。11:45 くらいから学科の学位記授与式、呼名担当。 みなさんおめでとうございます。

研究室で写真とって午後の大学院の学位記授与式出て、ちらっと終了パーティー。
コメント [全部読む/投稿する]

2017年03月19日() [n年日記]

#2 騎士団長殺し

第1巻読了。はてどうなるやら。

#1 休み

例のごとくグッタリつかれたのでお休み。
コメント [全部読む/投稿する]

2016年03月19日() [n年日記]

#1 風邪2

8:30 に起きて 37.0 ℃。お医者でインフル検査してもらった結果は陰性、 卒業式+打合せがあるので行こうかな、と言ったら家人に「バカじゃないの」 と叱られて欠席に変更。ううすみません。

ということでひたすら寝込んだ。
コメント [全部読む/投稿する]

2015年03月19日(木) [n年日記]

#2 [issp] web

ということでつくって回覧。ううすみません。

#1 [URL] HTML encoding of foreign language characters

html の実体参照のページ。これはたいへんありがたい。
コメント [全部読む/投稿する]

2014年03月19日(水) [n年日記]

#6 帰り

小田急〜南武線。

#5 町田飲み会

某 SP 書籍 OB 会の定例的なもの。

#4 応物

移動。青学遠かった。 午後の真空学会が企画したセッションに参加+展示会巡り。 松尾先生の話など、かなり強烈に面白い。

#3 [dept] 卒業式

曇りでちょっと寒い。 学科の学位記交付式に参加して拍手。

#2 [labo] 某原稿

泥縄で赤入れしてみるなど。ごめんなさい。

#1 行き

電車バス。
コメント [全部読む/投稿する]

2013年03月19日(火) [n年日記]

#5 帰り

新宿まわり。

#4 [dept] こぶし会

AZ DINING にて 18-21。赤ワインうまかった。

#3 [issp] web 編集

program が確定したのでワキワキと。accommodation/access/registration などの情報を次々と編集して実行委員会へ。うー。

#2 卒業式

昨夜は暴風雨だったが、綺麗に晴れた。桜もちらほら。

11:30 から 1h くらい学位記授与式。拍手し続けで手がいたい。

てなわけで皆さん卒業していかれた。 まあ色々アレでナニなナニもあったけど、 皆さんの今後に幸多かれと祈るばかり。

#1 行き

小杉〜新宿〜吉祥寺。駅から歩き。
コメント [全部読む/投稿する]

2012年03月19日(月) [n年日記]

#9 帰り

車。世田谷経由丸子橋。

#8 [dept][snap] TA の採用について

案内が来ていたので snapped。

#7 [labo][snap] 到着品

スマートプローブのセラミックチューブほか。 受領書・納品書のペラは snapped。

#6 [issp] 実行委準備

堀さんに送っていただいた書類を確認、追加印刷。

#5 boss 談

来年の予算での支出について。とりあえず XPS の修理費 、という感じで。

#4 [labo] 予算〆

納品がまだのところと請求書がまだのところにそれぞれプッシュの連絡。 請求書は 20 日〆なので今週には到着の由。 納品は 22 日の由。

#3 [dept] 卒業式

風が強くて気温は低いけど、雨が降らない日になって良かった。 昼に写真撮影。 修士のみなさん・学部の皆さんからそれぞれ色紙、 あとはブリタ浄水器などを頂戴した。ありがとうございます。

研究室のメンツでの飲みに誘われたが、車できちゃったのでごめんなさい。 みなさんまた遊びにきてくださいな。

#2 Mendeley

pdf を登録。しかしこれは sync されないような気がする。

部屋がガヤガヤしてたので、今日は Google Reader で Star 付けしてた分の取り込み。 json でデータがダウンロードできるので、
#!/usr/bin/perl

use utf8;
use JSON qw/decode_json/;

binmode STDIN, ':encoding(utf8)';
binmode STDOUT, ':encoding(utf8)';
binmode STDERR, ':encoding(utf8)';

while(<>){ $content .= $_; }

$data = decode_json($content);

for (my $i=0; $i <= $#{$data->{"items"}} ; $i++){

    $url = $data->{"items"}->[$i]->{"alternate"}->[0]->{"href"};
    (以下 URL 取り込み〜DOI 取得〜bib 吐き)
}
という感じで。昨日の w3m -T text/html だとうまく取れないサイトが多かったので、 wget で実験。蹴られるサイトがあったため、 遺憾ながら --user-agent で work around させていただいてクロール。

家で DOI をクリックして補完。というわけで 1000 件ちょっとのライブラリになった。 delicious にも google reader にも入れてなかったのもあるんだが、 あんまりやってるとさすがに逃避すぎなのでこのへんでおわり。

#1 行き

車。比較的空いている。
コメント [全部読む/投稿する]

2011年03月19日() [n年日記]

#4 [debian] mailman

debian での ML eingine の選択肢はおおむねこれしかない、 ということでちょっと試してみる。 list.DOMAIN という dns 名を作って運営することを想定されているようだが、 いまはちと primary がいじれないので、 mlname@DOMAIN ではだめか、とちょっと試す。 というところで apache の virtual domain がうまく開かず、 ここでいったんあきらめた(笑)

#3 休み

地域経済に貢献しようと昼にトンカツを喰いに出かけたが、 残念ながら店やってなかった。

#2 買い物状況

一昨日昨日で牛乳・卵が買えた。今日は紙オムツも買えた。 おおむね戻ってきている印象。あとはガソリンだなー。 「念の為入れとこうかな」なんて人は入れないで待ってろ、といいたい。

#1 [book] 袖のボタン

丸谷才一の文庫新刊エッセイ集。 いつもながら大変刺激に富んだ内容。 『美しい国へ』には辛い。まあなあ。
コメント [全部読む/投稿する]

2010年03月19日(金) [n年日記]

#1 応物

がんばってプラズマ成膜の 9:30 からのセッションに到着。 しかし昼前からだんだん胃が痛くなってきた。緊張したわけでもないだろうが。 胃痛が酷くなる中、午後のセッションの 5 番目に発表。 発表はまあなんとか。セッション後、質問してくださった節原先生にご挨拶。 お隣に座っておられた井上先生がご紹介してくださった由。ありがたや。

ポスターを見ていく予定だったのだが、 あまりの痛さに歩くのもシンドイのでそのまま直帰。 家の近所の薬局で症状を伝えたところ、 最近流行りの風邪もどきじゃないか、とのこと。 人参と牛黄入りのカプセルとやらを勧められる。 「運が良ければこれで治るけど、 熱が出たり下痢したりしたら明日の午前にお医者さんに行きなさい」 とのこと。帰宅して風呂を skip して寝る。
コメント [全部読む/投稿する]

2009年03月19日(木) [n年日記]

#3 [labo] 予算

戦略、HRC、校費と〆。これで年度分はぜんぶ終わったか。やれやれ。

#2 [labo] Varian のターボ

大橋さんから貸し出し品が到着、 ちょうど研究室を訪ねてきた牧くん関谷くんを捕まえて手伝ってもらいつつ交換、 やられた奴を梱包し直して返送。

夕方で -5 Pa 台に入っていたので大丈夫かね。明日停電で止めるけど。

#1 卒業式

ちと人待ちがあったのと、アナウンスが回ってきてなかったので、 学部の授与式は失礼してしまった。 研究室に戻ってきた学生さんたちと、 本館あたりに行って大量の記念撮影。

作業を終えて飲み食いしていたら夕方に。みなさん一年間 (大木さんは三年間) お疲れさまでした。
コメント [全部読む/投稿する]

2008年03月19日(水) [n年日記]

#9 めし

朝はパンとキャベツソーセージ炒め。昼はお握り 2 ケにサラダ。間食はビスケット 2 枚・大澤くんの土産の羊羹 1 切れ、カロリーメイト一袋。晩はすき屋で山かけ牛丼とサラダ。

#8 薄膜ハンドブック(第2版)

3 月に出版らしい。結構安いな。

#7 [paper] google reader で拾った論文

ブラウザのタブに残ってたのをやっと片付けたと思ったら 先週の だった。うーん。

JPD: AlN films deposited by middle-frequency magnetron sputtering with and without anode-layer ion source assistance:

40kHz の twin target で AlN を反応性スパッタした話。 XRD, EDS, AFM。anode-layer ion source というのは、謎のリング状放電 equipment。 しかしこれでイオンが引っ張り出されるっつー原理が全然わからん。

JPD: Effect of substrate hardness and film structure on indentation depth criteria for film hardness testing:

各種 Hf/Hs の組み合わせに対し、critical depth (基板の影響を無視できる indentation depth) を計測 (して膜厚で規格化) した話。 Hs が小さいと浅く、硬くなるとほぼ一定に近づくのは解り易い。

JPD: On indentation and scratching of thin films on hard substrates:

円錐ターゲットによる膜−基板系のスクラッチの FEM 評価。

JPD: Dislocation motions in C60 crystals by an indentation test:

並木精密宝石、横市大のグループ。C60 結晶を温度傾斜法 (2 パス) で育て、 indentation で dislocation を作り、放射光の X 線トポ+エッチングで見た話。 温度による移動具合とか、O 不純物によって lock されるとか。

PRB: Cooperative structural and Peierls transition of indium chains on Si(111):

東北大のグループ。角度分解 UPS (最近は PES というらしいが) で、 120K の 8x2→4x1 あたりの金属−絶縁体転移に伴う電子状態の変化を見た話。 パイエルス転移にしては Eg が温度に対して大きいし、温度によって変わらんし、 ということで、転移には構造の変化も聞いているであろうと。

JAP: Melting and vaporization of Cu and Ni films during electron-beam heating:

Cu と Ni は合金ではなくて別々。CNT array のような面電子源で加熱する場合の、 膜の温度・圧力・相変化などを理論的に扱った話。 electron と lattice には別の温度を使っているんだけど、 その間の interaction は結合定数だけで扱われているか。 volume, time あたりの energy transfer を G(Te-Tl) と書くと、 G はだいたい 1E17 W/m3 K くらいのオーダーだそうで。

JPD: Characterization of CuInSe2 material and devices: comparison of thermal and electrochemically prepared absorber layers:

UK のグループ。 電着で作った CIS の太陽電池特性を CuIn SP→selenization したサンプルと比較した話。 ED 試料は結晶サイズが小さくて電子の拡散長が短いのが欠点、との結論。

APL: Ab initio determination of Ehrlich--Schwoebel barriers on Cu{111}:

タイトル通り、ab initio DFT による Cu(111) 面の ES バリアの計算。 <110> ステップで 2D バリアは 0.16eV, 3D バリアは 0.4 eV と。

PRB: Atomistic simulation of the interface structure of Si nanocrystals embedded in amorphous silica:

MD で Si NC / a-SiOx の構造を作り、温度安定性について議論した話。 ポテンシャルは Watanabe / Ohta のもの。 2nm 以下の NC は 1100℃でもう結晶を維持できないとか、 界面欠陥の種類とか数とか、どうも =O がありそうだとか。

JAP: Investigation of the occupation behavior for oxygen atoms in AlN films using Raman spectroscopy:

RF プラズマ支援 MBE で depo した AlN の XPS による組成分析とラマン。 O 組成の上昇 (1〜10%) によって欠陥が導入され (N を O が置換すると charge neutrality 条件から Al vacancy ができる)、 FWHM が広がる効果を見ている。 しかし O は意図的に入れてる気配はないし、 ちゃんと UHV チャンバーで付けてるみたいだが、 なんでこんなに入るのかしら?

PRB: Plasmonic band gaps of structured metallic thin films evaluated for a surface plasmon laser using the coupled-wave approach:

理研の岡本さんほか。 誘電層に凹凸を入れた (corrugated な) 構造の SPP 分散関係を rigorous coupled-wave approach という手法で計算した話。 band gap が開くと外部への radiation と couple できるので、 レーザー発振媒体に応用できるのでは、というのが motivation らしい。

PRB: Scaling behavior of the surface roughness of platinum films grown by oblique angle deposition:

eB 蒸着した GLAD Pt の roughness のスケーリング解析。 入射角は 垂直〜85 度。αは入射角に異存せず、growth exponent は55度くらいまでは一定だけど、その後 0.5 くらいまで上昇する。これは diffusion limited から shadowing が効く領域への遷移であろう、と。まあそうだろうかな。

#6 [URL] あんたジャージでどこ行くの: 言葉の異常な誤用

良く知らん言葉は使うな、というのは常に正しい。しかし 「なんの唐突もなく」 で 500 万以上も hit するというのはまさに異常。

「"なんの唐突もなく"」と一つにして検索すれば、100件くらいにまで減る:

おお、なるほど。 日本語文字列も分割してから検索されるようになっていたのですね (←無知)。

#5 [URL] ENERMAX、変換効率82%以上の静音ATX電源

てんこうさんのところ から。電源もどんどん良くなるな。 ケーブルプラグイン式の choice があるし、これは結構よさげかも。

#4 日本電子丸本さん来研

近所までいらしたとのことで。 産業機器向けのご担当とのことで、e-gun とか電源とかのお話を聞く。

#3 [labo] OB 会再送信

done。docomo に対する postfix からのエラーは
<FUGAFUGA@docomo.ne.jp>: host mfsmax.docomo.ne.jp[203.138.180.112] said: 550
    Unknown user HOGEHOGE@docomo.ne.jp (in reply to end of DATA command)

<HOGEHOGE@docomo.ne.jp>: host mfsmax.docomo.ne.jp[203.138.180.112] said: 550
    Unknown user HOGEHOGE4@docomo.ne.jp (in reply to end of DATA command)
のようになっているので、どのアドレスの問題かは分かるのであった。 spam 対応を念頭に置けば理解できなくもないが、しかしこの仕様はどうなんだ。

#2 [dept] 学位記授与式

11:30〜12:20。みなさん卒業おめでとうございます。 物情も今年で終わりということで感慨深い。
研究室で集合写真を撮って散会。

#1 行き

原付。曇り。今日は卒業式ということで、3 日連続のネクタイ着用。
コメント [全部読む/投稿する]

2007年03月19日(月) [n年日記]

#16 帰り

原付。またちらっと雪が。

#15 [labo] 明日やる

MgO 膜の膜厚評価ソフトの石英基板対応。 データは仲田くんに取ってもらった。以前に開発したときの作業記録は以下あたり。

#14 論文サーベイ

昨日の を読んだところでおしまい。 そういえば先週末は letter 誌の alert が来なかったなあ。

#13 [dept] HRC 関連

来年度の予算計画の穴埋め。既に来年度予算で…とお願いしているものが結構ある(爆)ので、意外とあっさり埋まる。

4/3 のワークショップのタイトルを決めて坪村先生へメール。

#12 [Windows] Windows Live ID

めんどくせーから放置していたのだが 4/2 が期限か。うー。

一応 現状

#11 [URL] デカ!! 重!! でも意外と……「FinePix BIGJOB HD-3W」

週刊スタパトロニクス mobile。質実剛健カメラ。

そういえば firefox が 2.0.0.2 になってから CopyURL+ が使えなくなったな…

#10 [URL] ナノサイエンス

分析屋さん。 料金表 は紙ベースで、請求者にしか送らない。 Jakob Nielsen 博士の記事 にもある通り、せめて価格の目途くらいは載せておけば良いのに、と思う。 まあどうせざっくり 1 測定あたり 10 万オーダーだろうから、 うちではなかなか使えないだろうけど…

#9 薄膜ハンドブック原稿

森本先生から review comment が来たので対応して返送。

#8 [labo] MgO 関連

3 者面談 (違)。プログラムを改変、PSreset() で AO01 の出力 (Current Control 側) を 0 でなく設定値にするようにした (CC/CV を CV にするため)。 あ、あと icon を作成(笑)

次いでリクエストがあったので Si 切り。 良く切れてた個体がダメになってしまったので、大変ストレスが。 新しいやつ買わないとだめかな。

#7 [dept] ネットワーク関連

K 先生から query があったので部屋に伺ってみたらハブがハードウェア的にやられていた。 物情実験室に余っていた 5 ポートのやつをあてる方向で。

#6 [labo] 修論製本

どうせ応物があるし、と思って立ち上がりが遅くなっていたが、 いつものように文伸の川井さんにお願いした。 丁度都合が良いのですぐに来研いただける由。

持っていっていただいた。今週金曜くらいにはできるらしい。

金曜の朝にできるそうだ。行き掛けに拾おう。

#5 [receipt] 紀伊国屋 BC 700 円

#4 ロング・グッドバイ

ブックセンターで購入。

#3 マッツァリーノ本

返却。

#2 [labo] 伝票類

提出して今年度の〆。

#1 行き

原付。晴れだがやっぱりあまり暖かくない。 ケーヨー、スリーホークス他各所に寄って、 携帯の電卓片手に領収書作り。 店の人にちょっとジロジロ見られる。
コメント [全部読む/投稿する]

2006年03月19日() [n年日記]

#6 [URL] Math book

3/18 改訂。S2110W なら、adobe reader を画面一杯に広げて、 ツールバー・メニューバーを (F8, F9 で) 消してしまうと、 見開きで丁度良い具合に読めることを発見。 こないだ VP でちょっと説明に困った exp, log の微分のあたりがエレガントに説明されているのを読んで、 あらためてうっとりする。 ところで欠番の 7, 9 章はどういう内容になるんだろ。 フーリエ解析・偏微分方程式あたり?

#5 気絶

18:00〜20:30。

#4 [paper] 真空展論文

Bogaerts 先生から、ISSP での講演の内容は こちら に投稿した旨お知らせいただいたので、 参考係に複写依頼。 うーん、確かにこういうのをパッと pdf で持ってこられないところはちょっと切ないなあ。

#3 行き

原付。一昨日なみの強風。 宝華でキャンペーンにつられてチャーシューセット。 現在の体調にはくどかった。

#2 自治会

13:00〜14:30 来年度ご近所の班長ということで出席。 まあ基本的な function はお金集めという理解で良い模様。

#1 帰り

原付。やれやれ。
コメント [全部読む/投稿する]

2005年03月19日() [n年日記]

#6 飲み

一次会は吉祥寺一瑳にて、M 3 人、boss、村山くんでスタート。 途中、大工原くん in・村山くん out・田中さん江成さん in、 にて 20:00 過ぎまで。
二次会は吉祥寺ではどうしようもなく三鷹へ移動、boss と田中さんが離脱して 6 名で一文銭。23:00 過ぎまで。
三鷹から自転車で帰宅。東小金井のにんにく屋でラーメン。

一瑳はちょっとお洒落な雰囲気で、 料理もなかなか良い。 それなりの額になってしまうけど。 本来はバーだろうね。 なかなか良いラインアップではあったのだが、 ジントニックくらいでお茶を濁してみたり。

一文銭はどうやら このとき と同じ店のようだが、お店は改装されてたし、もしかして場所も移動したのかな? しかし料理 (刺身・揚げ物・串焼き) もお酒 (大工原くんお薦めの「たんたかたん」という焼酎だけだけど) も大変美味しくて大満足であった。 配膳のお姉さんが不機嫌そうだった、という意見もあったが、そうだったっけ?

今年卒業記念品として頂いたのは各種パズル。 ありがとうございます。

#5 [paper] 今日拾った論文 (JAP 97(5,6))

No.5 の alert mail が来なくて No.6 のが二通来た。はて。
読みきれなかった分は月曜に補完。

Time-resolved observation of the change of electrode shape in single discharge: Rapid self-forming of a thin electrode:

油中・大気中の放電加工によって 0.1 mmφの金属ワイヤ (W, Cu) を尖らせる話。 W だと尖るようで、polarity によっても違うらしい。

Diagnostic of the self-healing of metallized polypropylene film by modeling of the broadening emission lines of aluminum emitted by plasma discharge:

ポリプロピレンに Al を着けた金属皮膜コンデンサの self-healing 現象 (breakdown が起こってもアークが自然消失する) において、 アークプラズマの温度を Al 発光線の broadening から見積もった話。 ポリマーにかける pressure (というか応力というか) が大きいと healing の効果は大きくなるのだそうな。ふーん。 各種 broadening に self-absorption の効果も入れて、 温度・密度の評価をしている。

Surface microroughness of ion-beam etched optical surfaces:

amorphous な材料を低エネルギー (〜600eV) のイオンでスパッタすると、 表面のラフネスはむしろ減少する、という話。 Kaufman 型のイオン源で Ar+ 600eV, 1mA/cm^2。 3000 nm ほど掘っても元々 smooth なやつはあまり変わらんよ、 ということらしいけど。 Zerodur っていうのはガラス状の SiO2 なのだそうだが、商標だろうか。 あと絶縁体であるかどうかは結果に影響するだろうか?

Electrical modification in Cu(In,Ga)Se2 thin films by chemical bath deposition process of CdS films:

CIGS 膜の表面ポテンシャルとその処理依存性を KFM によって観察。 GB では work function が低く (=ポテンシャルが高く) なっており、 純水洗浄するとその領域の幅が狭くなり、 さらにアンモニア水で洗ったり CdS depo を simulate した溶液につけると低くなる、とのこと。 それぞれ Na removal、Cu 欠乏による band bending、Cd による Cu 欠乏サイトの filling によるさらなる bending、で説明されている。 後ふたつはあまり確信はなさそうだが。 ところで KFM って current じゃなくてまんま Force で測るのか。ふーん。

Stress evolution during and after sputter deposition of Cu thin films onto Si (100) substrates under various sputtering pressures:

圧力を変えながらスパッタでつけた Cu 膜の応力を in-situ curvature 測定で評価、 あとmicrostructure の FIB SE image, SEM による観察。 最終的につけた 300nm の膜は、 良くある高圧 tensile→低圧 compressive になっているが、 高圧の膜でも、途中 100 nm あたりでぐっと compressive 側に寄っているのが面白い。 なお蒸着膜でも compressive への遷移が見られるそうで、 これは GB や表面の効果で説明されているとのこと。 XPS では Ar は見られず、低圧膜での compressive の起源は recoile implantation だろうとのこと。reference に良し。

Radio frequency sheath formation and excitation around a stepped electrode:

Ar プラズマシースの電場強度を Rydberg state の Stark shift があるときの 2 光子吸収で測定しよう、という話。 これ 。ステップの影響を、高さ、絶縁体/金属、圧力、電圧などを変えつつ議論。 影響が及ぶ領域などは、この手のやつを設計する際に重要か。 ISSP2003 の Economou 先生の invited talk も似たような話だった記憶があるけど。

Low-impedance internal linear inductive antenna for large-area flat panel display plasma processing:

FPD 向け大面積 depo 用の double-comb 型アンテナの評価。 Pohang Univ. の Lee 先生が入っている。

Laser ablation of Cu and plume expansion into 1 atm ambient gas:

1atm He 中での Cu の Laser Ablation prume の 1D モデリング。 Bogaerts さんが入っている。 モデル屋さんはやっぱり大気圧方面の application に流れていっているのかなあ。

Polarity effect of electromigration on kinetics of intermetallic compound formation in Pb-free solder V-groove samples:

Cu 線を Sn-Cu-Ag 系はんだで接続したときの合金形成と current 依存性 (エレクトロマイグレーション) の評価。減るのがあるのはおもしろい。

Heat-affected zone and ablation rate of copper ablated with femtosecond laser:

laser による加熱の影響を受けた領域を Ar エッチングしつつの XRD で評価、 ablation threshold 以下でも以上でも 0.5〜3.5 um くらいの深さまで 部分的に amorph 化する領域ができるらしい。 あと MD の simulation。short pulse なので電子系と格子系に二温度を仮定。 hot electron の緩和過程ってこの辺でも重要になるのだな。

#4 花粉

今日は尋常じゃなくきつい。 記念写真の撮影にマスクを外して 30 秒立っていただけで、 その後 3h ほど後遺症 (鼻の乾燥・舌のエグ味・目の痒み) に苦しむことに。

#3 [dept] 学位記授与式

12:40 11:40〜12:05。つつがなく終了。

#2 行き

原付。風も止んで良い天気。

不思議と例年卒業式の日は天気が良いのだなあ。 ( 2004 , 2003 , 2002 , 2001 , 2000 )

#1 帰り

原付。すごい強風。ばんめしを横綱屋で。
コメント [全部読む/投稿する]

2004年03月19日(金) [n年日記]

#6 [URL] なぜ消費者向け製品のユーザ体験はよくないのか

なんか今回のは訳があまり良くない気がするが。内容はオモロイ。

#5 帰り

敗北感にまみれて原付。
しかも財布を学校に忘れ、 途中で寄った本屋で愉快なサザエさん状態に。

#4 [labo] スパッタ実験

ぐああ、また昨日と同じとこで FAIL した。熱ダメージだったか…

16:30〜18:30 でベーク。今日測っちまって明日は休みにしよう。

測定開始。……こんどは Edge が FAIL した……もうだめ。
気力がなくなったので停止、もう帰る (T-T)

#3 [URL] gnuplot -not so Frequently Asked Questions-

よさげ。

#2 卒業式

今年も晴れ。学位記授与式は 30 分ほど押して 12:00〜12:35 まで。

#1 行き

原付。晴れた。しかし気温は低いな。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年03月19日(水) [n年日記]

#3 休み

灯油ぎれを回復。院生室用の電源ケーブルなどを買い込んで作ったり、 無茶苦茶になっていた自宅をちょっとまともにしたり、 FFX-2 で遊んだり、『ブッシュの戦争』を読んだり。

#2 [freshmeat] 分の新着メールから

#1 帰宅

バス電車歩き。
いつものように国分寺のあかぎで晩飯を食っていたら、 となりの男性四人組はお巡りさん(私服)だったようで、 「結局起訴はどうなるの」「婦女暴行に監禁くらいでしょ」 とかなんとかオソロシイ単語が次々と漏れ聞こえてきた。 もちろん聴いてないふりをした。 しかし最近このへんでそんな生臭い事件あったか?
コメント [全部読む/投稿する]

2002年03月19日(火) [n年日記]

#6 [labo] ベーキングカバー

昇降用のハンドルを外さないと当たってしまうことが判明(^^; あとヒーターのリード線は止めといてやらないと断線しそうだ。

#5 [labo] ATA RAID

買ってきたケーブルで tiger につなぎ、 mke2fs -j /dev/hdc1 で reiser をつぶして ext3 に。 マウントして babagw::home を rsync 中。

#4 秋葉原行き

メカ沢を助手席に座らせて青梅街道経由で。 学校に 19:20 くらいに戻る。

#3 [labo] VP 行き

D 論をお渡しして メカ沢 ベーキングカバー (φ230x50h くらいの SUS 円筒) を受け取り。 ESCA サブチャンバー用の蒸発源に使う Mo のフィラメントホルダを発注。 あと蒸発源用の仕切り板も図面をお願いしてみる。

#2 [LDP] 3/19 の updates

#1 英辞郎 freepwing 化

自分はずっと DDWin で使ってたので。まあ PDIC でもいいんだけど。 作業は sid でやった。 CD の eijiro-original/?????.exe は sid の lha だと一応解けます。 その後名前を変更しつつ取出し、その後の作業のほとんどは やぎさん の手順通り。んで変換中に Tiger のインストールをした :-)

あとは
make -I /usr/share/freepwing catalogs.txt
catdump -u catalogs.txt catalogs
として、
eijiro/catalogs
eijiro/eijiro/data/honmon
のように配置して出来上がり。 カタログ周りは例によって 松田先生の連載記事アーカイブ を参考に。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年03月19日(月) [n年日記]

#10 [labo] 借出図書の更新、用品・備品管理

今日はもう雑用に徹する。 しかし 1 冊 (Bateman の "Higher transcendental functions") 見つからない。ヤバイ。しかも絶版。

#9 高校の OB 会名簿

ソファーベッドにごろ寝して BSD Mag. 読んでたら電話。 読売 weekly でうちの高校の特集をやるので、 その下に名刺広告を出してくれないか、とかいうことらしい。 3 秒で切る。

こないだは「結婚相手のご紹介」とかいう電話が自宅にかかってきたしなあ。 誰だよ名簿流してるやつ。シネ。

#8 [freshmeat] 3/18 分の新着メールから

#7 [dept] 卒業式

今年もいい天気だった。

学位記授与式:

拍手しまくり。

卒業記念:

足裏ツボ押し板、 電動マッサージ機を寄贈していただく。

#6 [labo] esca 測定

(i1124 をいじりつつ) 週末に行った ESCA の結果を酒井先生にメール。 データ自体は非常に奇麗にとれたようだ :-)

#5 [LDP] 3/19 の updates

#4 [linux] debian のフォント

お疲れさまです :-)

最近 sid な X 4.0.2 で作業することも多くなったのだが、 19inch の CRT で 1280x1024 の画面だと、14pt では (ジジイなので) ちとつらい。 そこで xfonts-shinonome の 16pt にしたところ、非常に良い感じになっている。 端末で使うフォントはセリフのない奴に限ると個人的には思ってる *1 のだが、これはその点も合格、すっきりしていて大変見やすい。

ところが、これに合わせる英字フォントがあんまりないんだよなー。 いまは xfonts-bitmap-mule の etl16-latin1 を使ってるけど、 ちょっと小さくて shinonome のとはバランスが良くない。
*1: 実は Windows の Terminal フォントが一番好きだったりする。

#3 [labo] 領収書送付依頼

この件 で、日本アエラ・RS components・西和産業・北東京VF・フルウチ化学に fax。

RS components から:

速攻で発行するとの返事。さすがに (高いだけあって(^^;) サービスいいのお。

#2 mail の 3rd relay trial

がこのところ多く、logcheck に引っかかって頻繁に流れて来る。うざい。

#1 [i1124] 各種障害その後

レジューム時の LCD 表示:

bios を覗いていたら、 ブートアップ時の画面選択が外部 CRT になっていた。 LCD に変えたら、問題なくレジューム時に画面が出るようになった。 しかし X から suspend → resume すると画面がメチャメチャになる。 うーむ、コンソールに落ちないと suspend できないかー。 Ctrl-Alt-F? でコンソールに落ち、resume 後 X に戻れば OK らしい。

sid 化:

dist-upgrade した。

2.4.2 化:

コンパイルした。しかし tulib_cb の問題は解決せず。

emacs + vje:

まだだめ。うーん。

ぐへ:

.Xresources に
Emacs*xnlLanguage: C
が入ってた。language-env のデフォルトだったらしい。 外したら問題なく入力できるようになった。
コメント [全部読む/投稿する]

2000年03月19日() [n年日記]

#2 [book] 最近買った本、読んだ本

買った:

読んだ:

神の子どもたち〜:

神戸震災をもとにした 6 編の短編を集めた本。 個人的には村上春樹は長編のほうが好きなので、やや物足りなかったが、 おそらくこのあたりをモチーフにした長編作品がそのうち出てくるような気がする。

私の翻訳談義:

対話形式の本。編集者・経済学者・新進翻訳家・読書家と 著者との対話が各1章ずつ。読みやすく、内容も面白い。 また興味深い本がいくつか紹介されていて、その点もおすすめ。

これからの日本 / 人の心は〜:

河合隼雄は有名なユング派の心理学者。 「人の心は〜」によれば、臨床に重きを置いているとのこと。 個人的には村上春樹との対談「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」が 読みはじめたきっかけ。

「人の心は〜」は、 他のセラピストからの質問に河合隼雄がこたえるかたちで、 アナリストの専門領域を垣間見せてくれるかたちの構成。 非常に面白く、かつ学生に対応するときの参考にもなりそう。

「これからの日本」は講演を集めたもののようだが、 はっきりいって読みにくい。講演をただ活字に起こして、 そのまま印刷した感じ。編集者が、 話し言葉と読み言葉が違うことを認識していなかったのでは と疑いたくなる。

華栄の丘:

宋の文公の治世の宰相であった華元が主人公。 いつもの宮城谷作品らしく、 主人公の徳を重んじる態度・行動が爽やかでうれしい。 現在朝日新聞に連載中の士会の時代と重なる部分があり、 その点でも個人的には興味深かった。

*1: 秋葉原書泉ブックタワーにて 5450円

#1 今日の行動

9:00 起床、 墓参り→秋葉原→帰宅 15:30。 仕事のプログラムのテストを自宅でしようとおもったら、 自宅の potato に g77 が入っておらず、 テレホタイムまで JM の小さいページを 5 つほど処理する... だめですな(笑)
コメント [全部読む/投稿する]

以上、20 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
book
dept
issp
labo
paper
snap
stock
vsj
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project

中野武雄 (NAKANO, Takeo) <nakano@st.seikei.ac.jp> Since 1999-10-07
RSS feed, 更新時刻, LIRS エントリ, アクセス制御 (解説)

中野のホームページへ