なかのにっき

最新版はこちら。 突っ込みは各日付の BBS エントリのほか、 メール (nakano@st.seikei.ac.jp) や フォーム からどうぞ。 なおスパム除けのため、BBS 機能には 緩い認証を入れて います。 検索エンジンから来た方は、エンジンの方のキャッシュを見るか、 下の簡易検索を試してみてください。


hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5

先月 2019年07月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2018年12月10日(月) [n年日記]

#2 入試委員のお仕事

詳細は秘密日記。 出先から入試Cになんども電話をかける羽目に。

#1 SP 部会

幹事会研究会交流会。風邪もらったっぽい…
コメント [全部読む/投稿する]

2017年12月10日() [n年日記]

#1 休み?

午前は講義の提出物の採点。午後は ジッパーが壊れたダウンジャケット の代替を買いに川崎へ。昼にフロンターレの優勝パレードがあって大変な混雑と聞いたので電車で go。

夕食後、夜半過ぎまで3年生の実験レポートの採点。
コメント [全部読む/投稿する]

2016年12月10日() [n年日記]

#2 eprof2 論文改訂

午後いっぱい使って finish させ、editage へ。 たいへんだった。

#1 某お仕事説明会

9:30〜12:40 まで。
コメント [全部読む/投稿する]

2013年12月10日(火) [n年日記]

#5 [receipt] 真空学会 10,000 円

H26年会費。web 経由 paypal 払いのテストを兼ねて(笑)

#4 [lbc] 落穂拾い

メールが不達だったりする人への対応をせんならん。 うーんこういう個別対応がめんどいんだよな…

#3 [vsj] 編集関連

1 件 check 依頼、あと今日締切の 1 号編集後記。

#2 行き

車。猛烈な雨、一部雷。なんだこれ。
道も混んでいた。

#1 体調

いまだ回復途上。寝ないと癒らんわな。
コメント [全部読む/投稿する]

2012年12月10日(月) [n年日記]

#7 [receipt] 紀伊国屋 BC 855 円

#6 帰り

バス電車。新宿まわり。ちょい早め。

#5 メール整理・ブース整理

実験が流れたので。というほど整理できなかったが。 伝票は待ち状態の荷物が集まってから一気に提出する方向で。

#4 [lbc] 某案内

52 通封緘作業。ということで手あきになっちゃってた Y くん T くんに すき家券 1000 円分で袋詰まで手伝ってもらった。ありがとうございます。 糊付けは自分で。 DOTLINER HOLD は無茶苦茶すばらしい。

#3 [labo] uhvsp スパッタガンの件

こっちも届いてなかったので大橋さんに電話。 一度研磨して締めたが -9 PaL/s 台の He リークが出たとのこと。 もっぺん研磨して再トライしていただき、結果後ほど、とのことで。 うーん、ちゃんと規定通りに潰してくれたのかどうかが気になるんだが。

夕方電話いただく。無事検出限界以下に下がったので、 明日発送していただく方向で。

#2 [labo] ガスケットの件

まだ着いてなかったので電話してみたら、 届け先住所の誤記のため、今日の再配達になった由。あらん。 確かに注文請書を見たら「吉祥寺東町」になってた (自分の発注書も見たが、そちらは「吉祥寺北町」だった)。 いまどき FAX での発注がナニなんでは、という気もする。

今日再配送ということで何度かメールボックスを見にいったんだが届いていない。 16 時前に電話してヤマトの荷物番号聞いて見てみたら「確認中」とか。 んで電話してもらって、結局もう一回送って明日午前着ということに。うーん。

#1 行き

電車歩き。ヨドバシでお買い物。
コメント [全部読む/投稿する]

2011年12月10日() [n年日記]

#2 皆既月食

赤かった。すごいねー。

#1 土曜

掃除して原付のオイル交換・点検で川崎へ。待ち時間にラゾーナへ。 戻って原稿改訂…と思ったのだがうっかり寝てしまった orz。

深夜まで改訂。おおむね目鼻がついてきた印象。 reviewer の人にいただいた赤を反映。ふむー。
コメント [全部読む/投稿する]

2010年12月10日(金) [n年日記]

#6 [receipt] 紀伊国屋 BC 882 円

#5 原稿執筆

今日が本当は final deadline の原稿書き。 しかし 26:00 頃睡魔に負けて椅子を並べて寝る。

#4 [labo] 相談

VO 系の実験の準備について。

#3 ThinkPad X201

lenovo に電話したら、送料こっち持ちで返却可、新規に Tablet 版を発注、 という扱いにしていただけた。ありがたや。やれやれ。

#2 [labo] VP に電話

加熱炉の石英棒の件でお願い。

#1 [dept] 物質生命物理

ノート作ってスライド作って IT's Class にアップロード。

単振動。講義は時間的にはまあまあ。 しかしもうちょっと整理しておきたかった。 最後の 20 分で講義内容に数値を入れて解く問題をやってもらったが、 講義をしてる間は喋ってて、 自分が解く段になったら「先生ヒント」というのはどうにかなりませんか。
コメント [全部読む/投稿する]

2009年12月10日(木) [n年日記]

#11 [receipt] 紀伊国屋 BC 702 円

#10 [labo] 卒研関係

XPS:

裏面 Ta の観察、引き続き uhvsp のペアが計測中に、 久々に計測ソフトがフリーズしてしまった。 これ原因は何なんだろうなあ。

Si 切り:

111 と 100 の cut。111 の方は久々に派手に失敗した。 刃が鈍ったかと思って失敗したやつで try したらちゃんと切れた。 少々力が足りなかったようで。鈍っていたのは腕のほうだった。

100 はさすがに切りやすい。

某君:

メールが来たので boss と相談。 つっても俺来週木曜午前の演習が終わるまで全然動けねんだが。

#9 電気学会

退会依頼。すみません。

#8 [receipt] MRS 10,411 円

$115*90.539130
今年は JMR の subscription はやめてみた (archive を見るのに必要なんだが、今年あんまり見なかったし、 都度買った方が安そう)。

#7 [receipt] AVS 8,601 円

$95*90。544827
実際の払いは寄付分 +$50。

#6 [receipt] APS 55,587 円

$620 * 89.656716
実際の払いは寄付分 +$50。

#5 [receipt] 表面技術協会 3,000 円

#4 [receipt] 真空協会 8,000 円

#3 郵便局へ

学会費の振込、私用の郵便、印刷をしくった葉書・使わなかった返信用葉書の交換。 封筒に貼ったけど使わなかった切手は交換してくんないのね。 「水を付けてそっと剥がしてください。 破けたら使えなくなるので気をつけてください」 ってなんか変じゃね?

フォローありがとうございます:

水を付けてそっと剥がせば手数料なしに使えるから、そうしたほうがいいと(&交換するのが面倒だからと^^;)担当の人が勝手に思ったんじゃないでしょうか。
なるほど。 1 枚 5 円 だったら剥がすより払うけどなあ。

#2 [vsj] 一括メール

今回は fsv 経由で。fml の機能制限版らしいので、 ちょっとこちらの望む設定に最終的に落とせるかどうか。

#1 [dept] 線形数学演習 II (EM) 6 回目

対角化。
終了後に試験の打ち合わせ。
コメント [全部読む/投稿する]

2008年12月10日(水) [n年日記]

#10 [dept] 安全チェックリスト

最近提出漏れが多すぎて大変申し訳ない。 ~/text/Misc に保存。

#9 今日の徹底トレーニング英会話

snowscape 雪景色
picturesque 絵のような、絵のように美しい
turbulence 乱気流 [綴り間違えた]

#8 [labo] ESCA イオン銃位置合わせ

今日は target に Keithley 2000 を接続して、ion/target をパラで測定。
BeamV	C.L.    O.L.    PosX    PosY	ion	target
4kV	287	373	-1.2	+1.9	179nA	3.93uA
3kV	303	390	-1.2	+2.0	119nA	2.46uA
2kV	333	417	-1.2	+2.0	68.3nA	1.38uA
1kV	429	484	-3.0	+2.0	28.2nA	0.46uA

#7 [labo] ESCA イオン銃コントローラ

昨日到着していた分を新井・日留川・鈴木さんと交換。 代替品は梱包しかかり。

#6 [dept] 大学院特別講義

講師は今年から滝沢研に来られた本郷さんということで、 潜って TiO2 のお話を聞かせていただく。 紫外光でできた electron-hole ペアの electron を、 ambient の O2 が還元されることによって効率的に取ってくれるので、 残った hole が (準位が深いので) 協力な酸化剤として作用する、 というストーリーであると理解した。 たぶん光触媒の話は易しめの本がありそうだけど、一冊読んでみるかなあ。

にしても、ほんとにお前は物質系の学科にいるのかと怒られそうで お恥ずかしい限りだが、 酸化還元の電子のやり取りのどっちがどっちかは、 いつまで経っても覚えられん。 A から B に電子が移動するとき、注目している部分によって: でいいの?(間違ってたら教えてください)。

#5 [dept] 線形演習 II 準備

予習。固有値・固有ベクトル・対角化のあたりを黙々と解く。

#4 口内炎

できた。体調不良か?

#3 [receipt] 紀伊国屋 BC 702 円

#2 [receipt] 電気学会 10,000 円

#1 [receipt] 日本真空協会 8,000 円

コメント [全部読む/投稿する]

2007年12月10日(月) [n年日記]

#6 帰り

明日用のノート PC とポスター筒を背負って原付。

#5 [paper] 今日拾った論文 (JVSTA 25(4), JMR 22(7))

JVST は AVS53 の proceeding 号。 読むのはまた今度。 12/12 に読んだ。

JMR の Outstanding Meeting Paper 2 本 も面白そうなのだが、ちょっと離れてるので余裕ができたら (多分できないと思うが)。

Beyond β-C3N4-Fullerene-like carbon nitride: A promising coating material:

review。フラーレン様 CNx。スパッタで作るときの窒素量、粒子エネルギー、基板温度などを軸とした phase diagram など。

Effects of substrate bias and nitrogen flow ratio on the resistivity and crystal structure of reactively sputtered ZrNx films at elevated temperature:

反応性スパッタで流量固定のバイアス効果、バイアス固定の流量効果、を見た話。 製膜後に真空アニールも。 base pressure は 3E-6 Torr。 bias を加えると AES depth profile の O 組成が膜の内部にほぼ見られなくなっている、とか。

Role of energy in low-temperature high-rate formation of hydrophilic TiO2 thin films using pulsed magnetron sputtering:

Musil さん。反応性 dual パルス DC スパッタ。100〜350kHz。 duty は固定なので、周波数によるパルス長の違いと そいつが energy deliverty に与える影響、 さらに膜構造との対応について。 モード遷移も絡んでちょっと議論が scatter している印象だけど、 パルス電源が到着して仕事する前には読んでおくべきか。

Effects of bias on surface properties of TiN films fabricated by hollow cathode discharge:

ホローカソードの反応性蒸着。bp 7E-3 Pa、 depo の際には Ar 20sccm + N2 4.5sccm で 7 Pa。RF 450W。 基板バイアスは 10kHz パルス幅 20us 0〜300 V。90 min で 1.1〜1.7 um くらいの膜。 XRD、AFM によるラフネス、摩擦係数。Ti2N 相が入ると固いとか。

Study of photocatalytic activity of TiO2 thin films prepared in various Ar/O2 ratio and sputtering gas pressure:

富山大ほかのグループ。藤嶋先生も著者にいる。 3N Ti からの反応性スパッタ、0.2〜0.8 Pa (T-S 53mm) の圧力依存性、 gas ratio Ar:O2=9:1〜6:4 の依存性。XRD、分光計測。触媒活性はメタノールを FTIR で。 7:3、0.8 Pa のが一番良かったとのこと。

Morphological evolution of Al whiskers grown by high temperature glancing angle deposition:

京大鈴木先生の高温 GLAD EB 蒸着による Al ウィスカー成長の話。 温度 window、サイズ等々。

Ti-Al-Si-N films for superhard coatings deposited by reactive cosputtering using Ti, Al, and Si targets:

青学大重里先生のところ、混合相による hardness 増加の話。

#4 [issp] 2009 配送エラー問題

修正した。原因は、dns を
;; ANSWER SECTION:
issp2009.org.           85382   IN      MX      10 surf.ap.seikei.ac.jp.
issp2009.org.           85382   IN      MX      0 issp.ap.seikei.ac.jp.
としていたのに、surf で relay 設定をしていなかったから。 issp が greylisting で最初の接続を蹴ったとき、 クライアントが surf に再接続しにいって、 そこで relay を reject されてお陀仏になっていた模様。 自分はそもそも surf からメールを出していたので気付かなかったという罠。

というわけで surf:/etc/postfix/main.cf の relay_domains に issp2009.org を追加、 surf:/etc/postfix/transport に
issp2009.org    smtp:[133.220.120.14]
を追加した。多分これで大丈夫だと思うけどな。

うむ、大丈夫だった模様。

#3 [vsj] 技術交流会

スライドとポスターの再編集。
できた→刷った。A1 で。

#2 退院報告

boss と暫く話したり、各方面へメールしたり。

#1 行き

原付。第一生命に寄って書類の受け取り。
コメント [全部読む/投稿する]

2006年12月10日() [n年日記]

#2 ビーフシチュー

藤田さんちにお邪魔して攻殻機動隊の新作を見せていただいた後、 圧力釜シチューをいただく。 ありえない柔らかさになっていて大変美味。 途中から小野澤さんも参加、まったりと鳥類のビデオを見せていただく。 やっぱり大画面テレビはいいですよ、ということで。

#1 床上げ

布団を干したが午後から曇ってあまり効果がなかった。あと洗濯。
コメント [全部読む/投稿する]

2005年12月10日() [n年日記]

#10 帰り

原付。武蔵境イトーヨーカドーでユニクロ+と晩飯の買い物。

#9 [labo] 宮西・村山くん来研

村山くんが東京で研修中とのことで遊びにきてくれた。 16:00 過ぎから 18:00 くらいまで、自分は自宅の宅配便受け取りの関係で先に帰宅。

#8 [URL] ワカテック

web page ができたらしい。

#7 [paper] 今日拾った論文 (APL 87(23), PRL 95(23))

先週号だけど。

Recovery of time evolving fluorescence spectra via sum-frequency cross-correlation frequency resolved optical gating:

昨日の大澤くんの輪講があったのでなんとなく拾ってみた。 これは全然タイムスケールが違う (〜ps) 話だけど。 sum frequency generation (fluorescence upcnversion) という方法だそうな。色素溶液の PL 減衰を測定。

Comparison of extended x-ray absorption fine structure and Scherrer analysis of x-ray diffraction as methods for determining mean sizes of polydisperse nanoparticles:

ナノ結晶のサイズを XRD+Scherrer の式と EXAFS のカーブフィッティング、TEM でそれぞれ測定して比較する試み。対象は Pt 微粒子。 EXAFS のモデルは ref9。EXAFS だと 1〜2nm、TEM は 2〜6 nm、 XRD では〜10nm。分散している粒径分布における weight の違いのせいだろう、 ということだが。

New Technique for Finding Needles in Haystacks: Geometric Approach to Distinguishing between a New Source and Random Fluctuations:

ノイズからシグナルを拾う際の統計的処理について。 ノイズをシグナルとして処理してしまう率を任意に変化させ、 信号処理できるような体系を展開している…ということらしい。 まあそういう測定をするようになったらちゃんと読んでみましょう。

#6 行き

原付。接骨院経由で。今日は遅くなったせいか、珍しく空いていた。
武蔵関のあたりに屋台が並んでいたが、なんのお祭りだろ。

#5 W 杯組合せ

うぉ、ブラジルか。

#4 帰り

原付。やはり鼻水が。ぬう。

#3 今日の TODO

全部先送り。うひひ。

#2 [URL] 教えるときの心がけ

既読だったけど、結城さんの日記経由でまた読んだ。 このへん に至り、最近の自分は荒んでいたかもしれんなあ、とちょっと反省。

#1 [Windows] [OFF2003] [作業の開始] 作業ウィンドウに関する一般情報

レジストリ設定がパーになったので再設定。
Office アプリケーションの作業ウィンドウを非表示にするには、以下の手順を実行します。
  1. Office アプリケーションを起動します。
  2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  3. [表示] タブで、[起動時作業ウィンドウ] または [起動時に作業ウィンドウを表示] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
つうか にも同じようなことをしているな。
コメント [全部読む/投稿する]

2004年12月10日(金) [n年日記]

#12 帰り

自転車 av. 19.1 km/h。

#11 [labo] 卒論・修論

増田くん、高橋くん、藤本くんと、 それぞれそれなりに方向付けができてきた模様。

#10 [accident] 進展

詳細は例によって秘密。 しかしこういう件では、日付付きのログを取っておくと本当に役に立つ。

#9 [labo] 真空速報

佐藤くんのが B 評価で返ってきた。 フィッティングの結果を足すかどうかだけど、 そこまでやったら full paper にするのがいいんでないかね、 と言っておく。

#8 [labo] セミナー講師

スパッタ関連で、との打診メール。とりあえず boss に相談。 しかし 3h も喋るのってできるかなぁ。体力的にかなりキツそうな気が…

#7 [paper] 今日拾った論文 [APL 85(24), JVST 22(6)]

Why can CuInSe2 be readily equilibrium-doped n-type but the wider-gap CuGaSe2 cannot?:

デラフォサイト系酸化物の探索で p-type をみつけた 応セラ研グループの方法論に近いような。

Two-photon absorption laser induced fluorescence on O and O3 in a dc plasma for oxidation of aluminum:

二光子吸収での測定。O2 10Pa の封じ切り系。O は測定にかからず、 ozone が良く見えて、plasma off 後も lifetime 30min〜1h で残ったとのこと。へぇ。

Smoothing of (111) oriented Cu films by post-deposition in situ 20-100 eV Ar ion bombardment:

ほぼ abstract の通り。高エネルギーだと glazing incidence の方が smooth になるけど、低エネルギーだと normal の方がええで、という実験結果。 MD はまあおまけ。2-step 高の island の上のやつにエネルギーが与えられて 下に降りてくる、という議論で、実験結果を再現してはいるけど、 なんでそうなるのかという議論は特にない。

Current-pressure characteristics of planar magnetron discharges in rare gases:

DC、電圧一定で圧力範囲は 3-25 Pa, target は Cu で Ne, Kr, Xe。 式 (1) は実験式なのかな。current によって Cu が sputter されてガス中に入る効果はどのくらい効くんだろ。

Electron-cyclotron-resonance sputtering apparatus for multilayered optical bandpass filters applicable to wavelength division multiplexing:

NTT μシステムインテグレーション研。 metal mode で動作し、酸化は ECR plasma で、と謳う装置。Ta2O5, SiO2 の光学フィルタ用の積層膜。

#6 [labo] 多久島くんと議論

春の学会の選択を睨んで、現状を見せてもらった。 orifice の挙動がやはり謎だが、 power 依存性、全圧依存性は、わりとわかりやすいかたちで出てきていると思う。 ので、応物でいきましょう、という方向にとりあえず。

分圧測定の示度が動く件については、レポートにしてメーカーに聞いてみよう、 ということに。 とりあえず電話して FAX 番号を聞いた。小佐野さん (042-368-1877)

#5 [paper] 応用物理 12 月号

関場大一郎さんの「研究紹介」。 金属表面へのイオンスパッタによる ripple 構造の話だが、 酸素暴露によって構造を安定させた点、 そして Cu 上の Co 膜に適用して磁性の面内異方性を出現させた点がおもしろい。 ナノ構造出現の手軽な方法としては良いかも。 フォトニック結晶絡みでやってるひととかいるんじゃないかなあ。

#4 行き

自転車 av. 18.4 km/h。

#3 今日のビジネス英会話

reference 信用紹介状 [〜referral]
grow by leaps and bounds 急成長する
psychiatrist 精神科医
competitive edge 競争における優位性
allowance 小遣い
stand someone in good stead 〜に大いに役立つ
wrinkle (もともとは「皺」) 新趣向、新機軸、難点、欠点
exceptional 非凡な、とりわけ優れた
double as 二役をする (A が B を兼ねる)
head start 幸先の良いスタート

#2 帰り

自転車 av. 18.1 km/h。まだフリースだけでいけるな。

#1 [labo] 共同研究

返信。もちろん positive な方向だけど、 ちょっと先方の思っていることのイメージがうまくつかめないので、 まあ次にお会いしたときに詰めるかたちかなあ。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年12月10日(水) [n年日記]

#10

帰ったらきれいになっていた。 なんか家の寒気が厳しくなった気が。 サツキがかなり痛んでいた。扉もなおさんとなあ。

#9 帰り

神田から電車バス。

#8 JLA 忘年会

鍋〜雑炊〜
前田さん、樋口さん、小野澤さん、奈良原さん、中原さんといろいろお話。

#7 [labo] ipsio

西東京リコーに連絡した。明日午前サービスの人が来てくれるとのこと。

#6 [labo] ANSYS

12/18 でレンタルの期限切れ。 学生の頃だったら喜んでいろいろいじって遊んでいたと思うけど…

#5 [dept] 工藤研 GW

無事にブートはしたが、2.4.18-bf2.4 では組み込みになっていた 8139too が 2.4.18-1-686 ではモジュールになっていたため微妙にはまる。 最終的には /etc/modules に書いて解決。

#4 [labo] 新スパッタ装置

うぐぅ、シャッターが引っ掛かる状態であった。 しょうがないので装置のチェックをかねて、 基板ホルダのない状態での 50W 測定をし、 事故前のデータと比べてもらうよう岩佐君に頼む。

#3 [labo] 4 年輪講

先週と同じく進捗報告。 今年もあと 3 週間か…

#2 行き

自転車。さむい。

#1 帰り

車。楽〜
コメント [全部読む/投稿する]

2002年12月10日(火) [n年日記]

#8 [paper] Adhesion between a viscoelastic material and a solid surface

In this paper, we present a qualitative analysis of the dissipative processes during the failure of the interface between a viscoelastic polymer and a solid surface. We reassess the "viscoelastic trumpet" model [P.-G. de Gennes, C. R. Acad. Sci. Paris, 307, 1949 (1988)], and show that, for a crosslinked polymer, the interface toughness $G(V)$ starts from a relatively low value, $G_0$, due to local processes near the fracture tip, and rises up to a maximum of order $G_0 (\mu_{\infty}/\mu_0)$ (where $\mu_0$ and $\mu_{\infty}$ stand for the elastic modulus of the material, respectively at low and high strain frequencies). This enhancement of fracture energy is due to far-field viscous dissipation in the bulk material, and begins for peel-rates $V$ much lower than previously thought. For a polymer melt, the adhesion energy is predicted to scale as 1/V. In the second part of this paper, we compare some of our theoretical predictions with experimental results about the viscoelastic adhesion between a polydimethylsiloxane polymer melt and a glass surface. In particular, the expected dependence of the fracture energy versus separation rate is confirmed by the experimental data, and the observed changes in the concavity of the crack profile are in good agreement with our simple model.

#7 [labo] Al ターゲット

江成くんに交換してもらったらガンに嵌まらないという罠。 付属の spec sheet には 50.21 mm と書いてあるな。うむむ。 boss と相談、とりあえず明日一番でフルウチに電話して ゴネて お願いしてみる方向で。

#6 [labo] ハミング窓

octave にも hamming 関数があるが、
c = 0.54 - 0.46 * cos (2 * pi * (0:m)' / m);
してるだけなので修正窓では無いな。でもまあこれ使ってみるか。

む、かけ算する前に shift() してやらないとだめか。 octave での FFT では w の原点 (c0) が第一項にくるんだから、 最初から位相ずらせば (第二項を + にすれば) いいようなものだけどな > hamming()

結果:

このとき のスクリプトで、FFT した係数ベクトルに
Hm = shift([0,hamming(255)'],128)';
を .* してから計算した 結果 (png 3k) 。さすがに高周波成分はだいぶ落ちている。

#5 [debian] /var/lib/dpkg/status から dpkg --get-selections 相当の出力を出す awk スクリプト

緊急時の復旧作業などに。
#!/usr/bin/awk -f
/^Package/{pkg = $2}
/^$/{pkg = ""}
/^Status: install ok installed/ {printf("%s installed\n", pkg)}

#4 [labo] Mo 基板

到着。

#3 [dept] 物理情報実験第一 11 回目

うむ。 17:20 終了。再レポの人を捕まえたり捕まえられたりして 18:00 まで。

#2 [labo][dept] バックアップ設定

覚え書き。rwiki に移動。

とまあ書いていると、結構漏れに気づいたりするものだ。

#1 [linux] pdumpfs アーカイブの移動

/home の履歴を取っているドライブを別のマシン (/home を提供している NFS サーバの babagw) に移そうと思っている。 まずネットワーク越しの rsync を試してみたが、エントリが多すぎて (しかも -H 指定してるし) 駄目そうだ。ディスクごと移動しちゃうのが一番手っ取り早いかな。

結局カーネルの更新ついでにディスクを移動してしまうことにした。 しかしディスククローンはどうするのが賢いかな。 ローカルにつないで cp -a するくらいだろうか。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月10日(月) [n年日記]

#14 今日のラジヲ英会話

今週は Paul Simon の歌の特集。

Remember me to 〜. 〜に私からよろしくと言ってくれ
snow-crested 雪に覆われた
clarion call ラッパの響き reap 作物を刈り取る、収穫する
bellow 轟く、うなる

これで曲名がわかる人はけっこうすごいかも。 いや、わかる人は一発目のでわかるか。

#13 x^2 exp(-a x^2) の定積分

いつかまた使うかもしれんから書いとこう。
           2   x
Erf(x) = ----  exp(-t^2) dt
         π 0
とすると *1
 x
t^2 exp(-a t^2) dt
0

     t exp(-a t^2) x     1  x
= [- -------------]   + --  exp(-a t^2) dt
         2a        0    2a 0

     x exp(-a x^2)   1  π  1
= - ------------- + --  ---- --- Erf(a x)
         2a         2a   2   a
ですね。 x→∞ の極限値は π^(1/2) / 4a^(3/2) か。

参考文献は岩波数学公式 I の p.154 とか。

Sma4Win 組み込みの erfc() *2 は腐ってるっぽいなあ。

訂正:

Erf の定義の係数の分母分子が逆だったので直した。

*1: see erf(3)。x→∞ で Erf(x)→1。
*2: =1-erf()

#12 講演スライド

公聴会のスライドから枚数を減らし中 :-)
特に新しい絵は書かなくて大丈夫そうかな?

ああ、MC の概念説明するスライドが一枚いるかな...

#11 EXCEL でヒストグラム

[ツール]-[アドオン] で「分析ツール」(VBA じゃないほう) をチェックして OK。 すると [ツール]-[分析ツール] が現われるので、 そこから「ヒストグラム」を選ぶ。 あとはまあ、ヘルプに従えばできると思う。

#10 [Palm] ResetRunDigi

普段は正常に動作するにも関わらず、ソフトリセットを行うと、タップ認識の位置がずれるという方もおられるかもしれません。 また、HotSyncなどを行ったときに突然タップ位置がずれるという経験をされた方もおられるでしょう。 こういった場合、環境設定の「デジタイザー」パネルへ切り替えることで調整できます。 しかし、大幅にずれてしまった場合、ホームボタンをタップできず、運良くできたとしても環境設定画面の右上端にある▼プルダウンメニューの選択が難しくなってしまうことがあります。
 こういった問題が起こる最大の要因は、ハードウェアの不良である場合がほとんどです。 しかし、パームを既に日常生活の道具のように使われている場合、修理のために長期間手放すのは長期休暇でもない限り無理です。 そんな方にあくまで暫定的な対策としてお勧めするのが、このResetRunDigiです。

#9 三光フーズ

来週日曜新宿でやる忘年会の幹事になったので、 新宿勤めをしている兄に教えてもらったお薦めの店。 宴会が 2h で切られるのがちょっと切ないけど、 まあ流れればいいか。

#8 Q312461 チェッカ

いきなり飛ばすのも愛想がないので、こんなふうに変えた。
<script language="JScript">
<!--
/* Q312461 チェッカー by YADA */
if(navigator.userAgent.match(/Opera/)){
  document.write(navigator.userAgent);
  document.write("<BR>");
}else if(navigator.appVersion.match(/Windows 95|Windows 98|Windows ME|Windows NT/)){
  if(navigator.appVersion.match(/MSIE (5.5|6)/)){
    if(navigator.appVersion.match(/(Q|T)312461/)){
      document.write("Q312461 OK<BR>");
    }else{
      location.href = "http://surf.ap.seikei.ac.jp/Badtrans-warn.html";
    }
  }else{
    location.href = "http://surf.ap.seikei.ac.jp/Badtrans-warn.html";
  }
}

//-->
</SCRIPT>

飛び先のページは こんな感じ にした。

日記のヘッダに書くのは止めた。 自分が IE を「スクリプトの実行にダイアログを出す」 設定で使っているので、いちいち開くのがうざったいため。

#7 [freshmeat] 12/9 分の新着メールから

#6 プログラミング書籍ベスト90

高林さん とこから。
わたしは (3+4+1) = 8 冊でした。まあそんなもんかなあ。

#5 [labo] QIG-066

VP 大橋さんから「切れてないっぽいけど...」との電話。 とりあえずピン配置図を fax で送る。

結局切れてないっぽいので、金曜日午前に伺って回収することにした。

#4 [labo] 高城さん来室

いろいろ push する(笑)。 あ、TigerMP マシンのこと聞くの忘れた... あぅ、WorkPad c3 の修理も(^^;

Adobe Publishing Collection は到着。箱でけえ。 とりあえず Acrobat5/Illustrator/Photoshop をインストール。

#3 [thesis] 校正版

印刷して岡田製本店へ。 両面刷りにするのが面倒だったので onside 指定で。
tag 打ち→ registered_20011210。 (一ケ訂正があったので tag -d した)。

#2 ブラボーミュージック

イージーモードクリア。 最後のコンサートで、 何回失敗しても「魔法使いの弟子」が曲目リストに載るのは、 なんかのいやがらせだったのだろうか?

キッズモードでちょっと遊び、 その後久々に小澤-ボストン響の「惑星」の CD (Philips 版) を聞く。 うーむ、やはり木星は第一主題がいいと思うのだがなあ。

#1 [JM] 今日の post

LDP man-pages の tzset.3。
コメント [全部読む/投稿する]

2000年12月10日() [n年日記]

#4 [URL] Starbucks Fan Site「スタバへ行こう」

店舗情報とかがありがたい。 武蔵境のイトーヨーカドーにもあるらしいので、 通勤途中でポットに詰めてもらえるな。 スターバックスジャパン はまだ工事中。うーむ。

#3 [thesis] gas の速度分布関数

w=0,1 付近での漸近関数を見ようと思い、 collision.F を colgas.F と coldist.F に split。 w=0 の方は vg^3 に比例するが、だいぶ小さいとこまで下がらないとあかんし、 w=1 の方はいまいちよくわからん。うーむ。

#2 [freshmeat] 12/8,9 分の新着メールから

#1 暖かい

というか生暖かい風が吹き込んで来ているみたい。 昼に起きたら家の中のほうが寒かった(笑)
コメント [全部読む/投稿する]

1999年12月10日(金) [n年日記]

#5 [linux] online journal update page

JAP online などのオンラインジャーナルの講読が来年から増えるので、 なつみかん朝比奈アンテナ などの、いわゆる「Web 更新時刻取得エージェント」を使うと 便利かな、とおもってテストしてみた。

が、どうも AIP のページは HEAD でも GET でも時刻取得ができないらしい。 あっさり断念。 *2
*2: ファイルサイズの変更を調べるやり方もあるらしいが、 ううむ、あんまりサイズ変わりそうもないし...(笑)

#4 [JM] 今日の commit

util-linux 2.10d が出ていたので original/ に放り込む。 変更があったのは mount.8 のみ。

#3 [labo] AFM の調査

疲れたので明日にする...

#2 [labo] ESCA トラブル

停電 のあと電離真空計とターボポンプが不調になっていた件. アルバック・ファイに電話したところ, fax 届いてないとの返事. 研究室からは 0427 には発信できないらしい...

電離真空計は、 2nd ポートに付け替え、まではやっていたのだが、 フロントパネルで「2」を押さなかったのが敗因だった (;_;)。 無事に復調。

ターボは、言われた通り各ヒューズを調べるも *1 、全部無事。明日 fax が送られてくるので、それに従って ポンプ本体の導通チェックをすることに。
*1: ヒューズボックスを取り出すためには、 コントローラとロータリーポンプのガワとを分離しなければならなかった... と実際に分解してみたら、前面から引っ張り出していたほうが楽だったことが判明(;_;)

#1 [labo] 減圧弁のパッキンの値段

於三栄商会,
コメント [全部読む/投稿する]

以上、18 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
book
dept
issp
labo
paper
snap
stock
vsj
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project

中野武雄 (NAKANO, Takeo) <nakano@st.seikei.ac.jp> Since 1999-10-07
RSS feed, 更新時刻, LIRS エントリ, アクセス制御 (解説)

中野のホームページへ