なかのにっき

最新版はこちら。 突っ込みは各日付の BBS エントリのほか、 メール (nakano@st.seikei.ac.jp) や フォーム からどうぞ。 なおスパム除けのため、BBS 機能には 緩い認証を入れて います。 検索エンジンから来た方は、エンジンの方のキャッシュを見るか、 下の簡易検索を試してみてください。


hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5

先月 2001年07月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2001年07月21日() [n年日記]

#1 [book] 『約束された場所で』村上春樹 文春文庫

『アンダーグラウンド』に続き、 著者がオウム信者たちへのインタビューを行った本。 インタビューのあとには、 河合隼雄と著者との 50 ページを越える対談が置かれている。 昨年に単行本を立ち読みしてはいたのだが、 文庫化に伴って購入。

オウム信者たちの話には、違和感を感じるところももちろんあるのだが、 一方で素直に共感できてしまう部分も多い。 自分と同世代の人たちだし、 彼らが入信前に抱えていた問題点には自分と共通していた (いる) ところも少なくない。 そういった意味で、もう一つの自分の人生を眺めているかのような、 不思議な気持ちを読んでいて感じた。 なぜ自分はオウムにならず、彼らはオウムになったのだろう? 彼らは間違っていて、自分(たち)は間違っていないのだろうか?

その辺りのもやもやした感覚は、 著者と河合氏との対談を読むことによってある程度腑に落ちることになった。 オウムの論理は閉じられた世界において整合しているものであるが、 現実の世界は重層 (階層・入れ子) 構造になっており、 矛盾が避けがたく存在していること。 そのため「こっちの人」はオウムの教義に違和感を感じても論破ができないこと (いわば「公理」が違うのだ)。 しかしその矛盾・煩悩を抱えながらの悟りこそが尊いのではないか、ということ。 宗教観には善悪の対立が必須のものであるが、 オウムの場合は外部に「絶対悪」を置かなければならなかったこと、 そしてそれはオウムが大きくなり、内圧の高まりとともに先鋭化していったこと (キリスト教の場合はこれを「原罪」として教義の内部で処理していること)。 などなど、inspire された内容は非常に多かった。

うまくまだ整理できていないのだが、 「人生の意味」というやつはなにか、 というところに様々な問題が帰着するような気がした。 大学時代の友人に「それは子供を残すことにきまってる」 と絶対的な確信を持っているやつがいたことをふと思い出したりした。 で、彼はある意味で実に正しいなあ、とあらためて思ったりもした :-)

#2 [LDP] 7/21 の updates

#3 [linux] pcmcia-source 3.1.27-1 doesn't compile

make-kpkg の最後の方でコケたのでちょっとトホホ。

いや:

make-kpkg modules_image だけすればおっけーだった。

#4 [freshmeat] 7/20 分の新着メールから

#5 今日も

すごく暑い。

そして:

最後のレポートの 祭典 採点。27 通。ぐおお。

#6 サッポロ北海道生絞り

のんでみた。まずい。 ダース買いしなくて良かったよ。

いまでは 発泡酒 ってこんなにあるのか。 所詮ビールの紛い物、と自分は思っちゃっているのだが、 やっぱり偏見かな。 いわゆる「発泡酒」のうち個人的許容範囲に入るのは、 今のところギリギリ「スーパーホップス」だけなんだけど。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月22日() [n年日記]

#1 [LDP] 7/22 の updates

(追加)

#2 選挙

いかねば。でもあつい。

しまった来週だった。会場まで行っちゃったよ(笑)
選挙公報カーが走ってるからおかしいなあ、とは思ったのだが。

#3 [freshmeat] 7/21 分の新着メールから

#4 [labo] 2001 年秋応物予稿集予約申込

昨年の秋はほとんど宿で原稿書いていたし、 春は出席すらしなかったから、 今回は (発表は無いけど) 行ってちゃんと聞いてみるつもり。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月23日(月) [n年日記]

#1 [URL] データ圧縮入門 (IBM developerWorks)

この論文は基本的なデータ圧縮についての啓蒙記事で、圧縮技術に関する数学とアルゴリズムについて初心者向けに説明しています。 どのタイプの圧縮ツールと技術が自分のアプリケーションに適しているか評価できるように、簡単な考察と例題が示されています。 さらに進んだ理論的検討および簡単に使える圧縮ツールとライブラリーの所在を示す情報を提供しています。

#2 [dept] 試験監督

1限: 物性論第一。終了後の事務室までの往復で溶けそうになる。

#3 溶けた氷がギザギザ

氷の中に入った気泡が表面に出てくるから?

#4 [URL] 今日のストレッチ体操

前ちょっともの買ったメーカーのメールマガジンから。

#5 [labo] 応物秋予稿集

fax sent.

#6 今日のラジヲ英会話

vegetable 活発でない人、退屈な生活を送る人
the tropics 熱帯地方
lug (重いものを) 引きずる
all-inclusive なんでもある
bug (vt) 悩ませる、いらだたせる
brochure リーフレット
bother 邪魔する
call 〜 on 〜's cell phone 携帯電話で〜を呼び出す

#7 [thesis] お返事メール

来る。ありがたや。 しかしこれでまたスケジュールが tight になった。

#8 [labo] misc works

というわけでさっさと片づける。

物情実験レポート入力用フォーマット:

各担当の先生方に sent. ~/data/01exp2/result/

自分の分の入力も済ませる。

日本科学協会渡航費補助申請書:

書いて boss に見せる。WORD で書いた分は ~/text/ivc2001/jss-apply.doc

査読:

頼んでた reference が揃ったので読む。 うーむ、ちょっと厳しいな。 基本的に reject の方向で作文。

ちゃんと読んだら、かなーりひどかった。 というわけで done. 明日送ろう。

#9 日本語man

man page のことなら、そのまま roff で書いちゃうのが一番楽でしょうか。 EUC で書けば OK です。 debian なら debmake パッケージに /usr/share/debmake/debian/manpage.1.ex があるんで、 こいつを埋めていくのがいいかもしれません。 タグの各論については このへん とか このへん とか。

予想されていたらしい(笑):

ちなみに書きかけの日本語 man ページを手元で見る場合、 Debian の man-db な環境では
man -l -Tnippon ./hoge.1 | $(PAGER)
とすると良いようです。

#10 [URL] NIKKEI.NET

円相場調べに使った。

#11 [URL] EPWING HOMEPAGE

リーダース+プラスv2 のが出たらしい。買わねば。

買った。

#12 ししゃもドッグ

ホットドッグ用のランチロールパンが余ってしまい、 またソーセージ買ってくるのもナニなので、 子持ちししゃもを焼いてちょいと醤油をたらし、 焼いたランチロールにキュウリと一緒に挟んで食ってみる。 おお、結構いける。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月24日(火) [n年日記]

#1 今日も暑い

イライラして原付の運転が荒くなりますな。気をつけないと。

#2 [labo] 査読

sent. ~/text/referee/ISSP2001/ 以下。

#3 [dept] 試験監督

2限: 化学計測第II:

60分。その後炎天下を数100m 歩いただけで汗ダラダラ。

3限: 物理情報工学実験:

終了時間には 3 人しか残らなかった。 まあ「こっから出るよ」という問題集が出回ってる試験だし、 早く終わる人は終わっちゃうかもな。

んで自分の出題範囲の採点にかかる。 おお、なんか結構出来てるっぽいぞ。

終了、Ng さんに渡す。

#4 [linux] Partition Image for Linux

Partition Image is a Linux/UNIX utility which saves partitions in the ext2fs/ext3fs (the linux standard), ReiserFS (a new journalized and powerful file system) or FAT16/32 (DOS & Windows file systems) file system to an image file. The image file can be compressed in the GZIP/BZIP2 formats to save disk space, and split into multiple files to be copied on removable floppies (ZIP for example), ...
sid に partimage というパッケージでありますな。

#5 [labo] 渡航補助申請

発表の概要に関する記述をきっかけに、 boss と discussion。 うーむ、やはり説得力が足りないのう。

#6 [freshmeat] 7/23 分の新着メールから

#7 今日のラジヲ英会話

hand it to someone だれそれを正当に評価する、だれそれに脱帽する
accommodation 宿泊設備
foot the bill 感情を支払う diploma 卒業証書
cram (試験用に)詰め込み勉強をする
out-of-towner よそ者
New Year's Eve 大晦日
career change 転職

#8 正規乱数発生関数

Maxwell 分布関数に従うガスの速度を MC で計算したかったので、 [0,1) な一様乱数から N(0,1) な正規乱数を発生する関数を書いた。 nrnd.f がそれ。 とてもとても車輪の再発明な気はするのだが。 Mersenne Twister (mt19937-2f.c) と組み合わせて使う テスト用ルーチン も書いてみた。
g77 -o snrnd snrnd.f nrnd.f mt19937-2f.c
などとすれば使える。

10万くらい発生させて ヒストグラム を書いてみたところ、ほぼ
  1         x^2
----- exp(- ---)
2π        2
に一致するようだ。

いまさらながら:

g77 だと PARAMETER 文の内部で intrinsic な関数が使えないのね。悲しひ。

#9 クラスに自分と同じ誕生日の人がいる確率

n 人のクラスなら 1-(364/365)^n でしょうね。 gnuplot で
set xrange [1:39]
plot 1 - (364.0/365)**x
としてみると面白いかも :-) 40 人のクラスで 0.1 をちょっと越えるくらいか。

ただ誕生日の散らばり具合は 365 日に一様ではないだろうから、 実際の確率はもうちょっと高くなるでしょう。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月25日(水) [n年日記]

#1 [labo] Maxwell 分布発生

というわけでさっきの nrnd.f を使い、
      real*8 v(3), va
      real*8 mgas, tgas, unitbz, alphasq
      parameter (mgas = 39.948d0 * 1.6605402d-27)
      parameter (unitbz = 1.380658d-23)
      parameter (tgas = 400)

      alphasq = sqrt(mgas / (unitbz * tgas))
      va = 0.d0
      do 10 i = 1, 3
         v(i) = nrnd(genrand) / alphasq
         va = va + v(i)**2
 10   continue
      va = sqrt(va)
という感じで。

粒子輸送に適用:

うむ、すばらしい。 やっぱ速度重みを入れないと、 スパッタ粒子の速度分布は Maxwellian にならないね!

あとはコードを整理して見通しをよくし、再確認だな。 こうなると散乱ポテンシャルによる違いとかを見たくなるな。

#2 [dept] 試験監督

予備監督。研究室に泊まる。 幸い「代わってください」という連絡はこなかったようだ。

#3

最近は volvic の 1.5litter ボトルを毎日 1 本空けている。

#4 amazon.co.jp の配送料

5000 円以上の注文では無料になっていたのか。

ということでまとめ送りのうち 足を引っ張ってた一冊をキャンセル、 別の急ぎではない一冊 (でも専門書なので高い) と組み合わせて別発注にした。

#5 [labo] 渡航補助申請

sent.

#6

14:00 頃からかなり暗くなり雷鳴が轟く。 雨はまだか。

一通り降ってだいぶ涼しくなった :)

#7 今日のラジヲ英会話

Do you have a reservation under the name 〜? 〜という名前で予約がありますか?
overlook 見晴らす、見渡す、見下ろす (見過ごす)
under one's breath 声を潜めて
literary pursuit 文学鑑賞
squeeze 〜 into … 〜を…に押し込む
persuade 説得する
catamaran 双胴船
lesson plan 授業計画

#8 [thesis] 進行状況

appendix A の前半部を英語に。残りはほとんど itemized な部分なので、 家に帰って今晩中にできる...かな?

emacs+YaTeX の使いすぎで左手小指がいてえ(笑)

#9 [LDP] 7/25 の update

#10

帰り際に降られる。 しかも中央線がなんかスローダウン、踏切で待たされぐしょ濡れに。 帰りに中華屋に寄ろうかと思っていたのだが、 やむなくまっすぐ帰宅、茶漬けを食う。切ない。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月26日(木) [n年日記]

#1 昨晩

家に帰ったらまた瞬間停電があったらしく、 ビデオとかのタイマーがチャラになっていた。

さらに悲しかったことには、 ガス湯沸かし器コントローラの電源も off になっていて、 風呂にお湯を張ったつもりが水だった。

んで風呂釜で炊いたら湯ドロが目立っていたので、 久々に ジャバ を使う。なにやってんだか。

#2 今日

久々にちょっとゆっくりめに登校。10:30。

#3 [thesis] 進捗

appendix:

やっぱり昨晩では終わらなかった。 学校で午前一杯かかって終わらす。

theory:

残っていた 2 ページ程度の分量を終わらす。 終わったページに赤で "DONE" と書いていくのがいい感じ。

#4 ウィルスメール SirCam

こいつ が各方面から都合 8 件程到着。 いままでウィルスメールってほとんど受け取ったことがなかったので、 自分のとこにこれだけ来るってことは結構流行してるのかなあ。

こんな記事 もあった (from \.)。

#5 [freshmeat] 7/25 分の新着メールから

#6 メッセージ

を学科の 3 年生とおぼしき人物から受けとる。匿名。 ある依頼をされたが、 そういう符牒的なメッセージ交換は好みじゃないし、 そもそも匿名のいうことを聞く義理なんぞないので無視。

#7 今日のラジヲ英会話

talk someone into ... 人を説得して〜させる
man (船などに) 乗り込む・乗り組む
panic-stricken 恐怖に取り付かれた、慌てふためいた
with one's nose in a book 本ばかり読んで
binoculars 双眼鏡

#8 [book] Linux Japan

創刊号からずっと買っていたのだが、 学校の購買での定期購読はとりあえず中止に。 来月号は店頭で見て判断しよう (ってきっと買わないな)。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月27日(金) [n年日記]

#1 涼しい

というか明け方寒くて目が覚めた。

#2 [dept] 試験監督

1限: 多次元計測:

つつがなく。

これで今期はおしまい。

#3 [paper] Phys. Rev. Focus 26 July 2001

THE ANTIMATTER MICROSCOPE:

Matter and antimatter just don't mix, so it's surprising that you can probe one with the other. A paper in the 6 August print issue of PRL reports the first results of a new microscope that uses positrons (anti-electrons) to create an image of a surface. The paper shows that positrons can see defects better than either optical or electron beam microscopes. Positrons also provide information about the type of defect present. The scanning positron microscope (SPM) may soon be available as a powerful tool for probing many different materials.
(A. David et al., Phys. Rev. Lett. 87, 067402. )

反物質顕微鏡ですね :-) ただ positron 使った欠陥検出は、産総研 (旧電総研) 辺りで以前にやっていたような。

#4 [URL] 日々の雑感的なもの - 田崎晴明

パリティ経由。学習院大教授の田崎先生の日記ページ。大変おもしろい。 どこかの日記アンテナに引っかかっているページは あんてにゃ 経由で講読しているのだが、こちらはだめのようだ。 うーん、やっぱりそろそろ自前のアンテナを立てようかなあ。

こちら 経由で江沢先生の 『理科が危ない - 明日のために』 *1 を発注。
*1: WXG の初出は「理佳が危ない」だった。笑。

#5 [labo] 卒論テーマ決め

基本的に悩んでもらう方向で。 まず過去の人達の仕事を良く理解してから、 自分がなにをするか決めてもらいたい。 「これをやればいいよ」ってのは簡単なんだけどね。

#6 [thesis] 進捗

abstract を英語に。

卒論の件で割り込みが多くてあまり進まない。 その分は土日でカバー... できるかな。 なんとか月曜いっぱいまでには一通り英語にしちゃいたいけど。

#7 リーダース+プラス V2

到着。すごくいい。

#8 [freshmeat] 7/26 分の新着メールから

#9 [linux] debian/sid の dvipdfm

八田(ま)さんおかげ で、本家の sid アーカイブに日本語化パッチのあたったものが入ったようだ。 ありがたや。

てんこうさん によれば、デフォルトが A4 ではないので、 dvipdfm -p a4 する必要があるとのこと。

#10 [URL] Cambridge Dictionaries Online

トップの "Cambridge International Dictionary of English" はその昔 boss に勧めてもらった辞書で、 例文が多く載っており、今でも作文に大変重宝している。 これをオンラインで引けるようにしちゃうのがすげえよなー

#11 今日のラジヲ英会話

itinerary 旅行日程
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月28日() [n年日記]

#1 みんゴル3

おもしろい。やばい。封印せねば(笑)。

#2 [freshmeat] 5/27 分の新着メールから

#3 [linux] lilo tip

lilo -R hogehoge
とすると、次のブートにだけ hogehoge ラベルが指定できる。 Debian の memtest86 を実行するときとかに便利かも。

#4 [dept] 液体窒素タンクの見張り番

done. 引き継ぎメールを打つ。

#5 小泉内閣 支持不支持緊急アンケート

SPAM。死ね > sorifu_info@ec-shock.com

#6 [paper] arXiv cond-mat

Long-Time Effects of Surface Relaxation in a Simulation Model of Sputter Erosion:

Alexander K. Hartmann, Reiner Kree, Ulrich Geyer, Matthias Koelbel;
A simple (2+1) dimensional discrete model is introduced to study the evolution of solid surface morphologies during ion-beam sputtering. The model is based on the same assumptions about the erosion process as the existing analytic theories. Due to its simple structure, simulations of the model can be performed on time scales, where effects beyond the linearized theory become important. Whereas for short times we observe the formation of ripple structures in accordance with the linearized theory, we find a rough surface with scaling properties for intermediate times. The long time behavior of the model strongly depends on the surface relaxation mechanism.

#7 [thesis] 進捗

一日かかって summary の 200 行。ふー。 WordNet, リーダース+プラス, Cambridge Dics online などの世話になりまくり。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月29日() [n年日記]

#1 [LDP] 7/29 の updates

#2 選挙

いった(笑)

テレビは開票報道一色。 テレビ東京まで(^^;

#3 高原ボカへ移籍

すげえ。が、試合に出れるんかな?

#4 [thesis] 進捗

昼から午後にかけて 3.1 の後半。

夕方以降で 3 章の先頭から 3.1 前半も片付ける。 うーむ、やはり月曜終了はきびしいかのう。

#5 アサヒ本生

そこそこ飲めた。

#6 生命保険料

ファミリーマートでお支払い。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月30日(月) [n年日記]

#1 [book] 『インターネット的』 糸井重里 PHP新書161

ほぼ日刊イトイ新聞 の愛読者として、まあやっぱり default で購入 :-)

風呂に入って 1h くらいで流し読み終わったが、 本書で語られていたテーマについては、 ここに書けるほど強く記憶に残っているものはない。 大きな主題がある本ではなく、 「ほぼ日」での糸井氏のコラムのような、 ある断片、スケッチをあまり脈絡なくランダムに並べた構成に近い。

ただ読中に「あーそうそう」「ほーなるほど」てな感じに受ける stimulation は結構多かった。 ものの見方をひねることで名コピーを生み出してきた 糸井氏ならではだなあ、と思うことも。 本文中にもあった (ような気がする(^^;) が、 こういう刺激が意識下にしまい込まれて、 ふとしたときに取り出されたり、 なにかと組み合わさって出てくることは、自分でもよく体験する。 そういう意味では、 660 円と読書に要した 1h は安いものではあった。

#2 [LDP] 7/30 の update

#3 日本語/アルベド語相互変換

ひひひひ。

#4 車検

近所の行きつけの工場 *1 から車検更新の案内ハガキが来ていたので、行きがけにお願いする。
*1: 付き合いが長い (10年以上) というだけで、 別にしょっちゅう壊しているわけではない。

#5 [book] CIDE with CD-ROM

到着。CD だけ欲しかったんだけどな。一冊は家に持って帰るか。

CD の閲覧は TEXTware という会社の BOOKcase というソフトでやることになっているのだが、 こいつの UNIX クローンってないかしらね。

ちなみに同時に 詳説 Linux カーネル も到着。二冊揃えると筋トレができそうだ。

#6 [thesis] 進捗

section 3.5 を英語に。 もともと英語になってたのを日本語にして整理しなおしてまた英語にする、 という非常に無駄な事をやっているのだが、 日<->英を繰り返していると論旨が通ってくる *2 ような気がする。 いや、気のせいかも知れないけどさ。
*2: 難しい英語表現が使えないから(笑)

#7 SirCam

週末を過ぎて、またぞろ猛威を振るっているようだ。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年07月31日(火) [n年日記]

#1 [thesis] 進捗

(01:05) 3.2 が終了。つかれた。寝る。

(14:30) 午前中で 3.4 を半分。ミーティングがあるので学校に出てくる。 また暑さが戻りましたな。

(22:00) 3.4 終わり。残りの 3.3 が終わるまで (寝ないぞ|帰らないぞ)、 と決意してみる。さてどうだか。前者は難しいかな(笑)

#2 [LDP] 7/31 の updates

#3 [dept] ミーティング

学科 web ページのアクセス向上タスクフォース(笑) に組み入れられる。
講義とか卒研とか研究とかの資料をガンガン PDF 化して突っ込めば、 google とかからのランクはそれなりに上がりそうな気がするが、どうだろう。
コメント [全部読む/投稿する]

以上、11 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
book
dept
issp
labo
paper
snap
stock
vsj
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project

中野武雄 (NAKANO, Takeo) <nakano@st.seikei.ac.jp> Since 1999-10-07
RSS feed, 更新時刻, LIRS エントリ, アクセス制御 (解説)

中野のホームページへ