なかのにっき

最新版はこちら。 突っ込みは各日付の BBS エントリのほか、 メール (nakano@st.seikei.ac.jp) や フォーム からどうぞ。 なおスパム除けのため、BBS 機能には 緩い認証を入れて います。 検索エンジンから来た方は、エンジンの方のキャッシュを見るか、 下の簡易検索を試してみてください。


hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5

先月 2001年12月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2001年12月01日() [n年日記]

#1 講演資料

でき。結局グラフを 1 枚削って A4 10 枚。 寝て起きて校正して速達で送ろう。

GIX ミレニアム:

図面はこれを使って eps にした。割にいい感じであった。おすすめかも。 ビットマップ属性のモード *1 から変換すると、やはりビットマップ的巨大 eps ができてしまうのだが、 wmf から eps への変換はかなり *2 良いようだ。お金払おう。

*1: 例えば VISIO の画面からいきなり copy、GIX に paste して eps 変換するとか。
*2: ちょっと文字にジャギーが出たりすることもあるので 「完璧!」とは言いがたいのだが。

#2 口内炎

2 ケ。いたい。

#3 うへ

もう 12 月なのか。

#4 [LDP] 12/1 の update

#5 チャリ

自宅→学校。2ヶ所に寄って 50 分だから、大体いつもと同じペースか。 三鷹駅近くで随分足が軽くまわった感覚があったのだが、気のせいか?

#6 [linux] 2.4.16

あらゆる sid マシンを 2.4.16 に。

#7 今日のラジヲ英会話

liaison 交渉役、連絡将校
do the grass 芝の手入れをする
reach out to 〜 〜に援助の手を差し伸べる
nutritious 滋養分のある、栄養価の高い
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月02日() [n年日記]

#1 三鷹郵便局のご案内

窓口のオープン時間とか。

#2 講演資料

校正。ボロボロだった...

TeX の label:

\begin{figure}
 \begin{center}
  \includegraphics{hoge.eps}
  \caption{ふがほげブロロ}
  \label{fig_buroro}
 \end{center}
\end{figure}
はだめで、
\begin{figure}
 \begin{center}
  \includegraphics{hoge.eps}
 \end{center}
 \caption{ふがほげブロロ}
 \label{fig_buroro}
\end{figure}
が正解。 前者だと aux ファイルの中の newlabel の値が section 番号になってしまう。環境が入れ子にならないせい?

sent:

四稿 (pdf, 300k) 。まあこんなとこかしら。

#3 [JF] Chroot-BIND HOWTO

更新されたげなメールが Wunsch さんから来る。やらんとなー。

#4

チャリ:

朝っぱら、少年野球の子供たちとすれ違いつつ自宅まで。 郵便局に寄り、のんびり 45 分くらいで。

三鷹郵便局:

7:50 に資料の封筒を速達扱いで時間外窓口に出したら、 「明日になりますがいいですか」 と言われて萎え。

洗濯:

眠いのをガマンして洗濯機を回す。いい天気だのう。

車:

ひさびさに乗る。吉祥寺 citibank ATM で明日の風呂釜修理代、 大学に採点レポート、スーパー、本屋x2、灯油。

#5 [linux] 負け

TP600X での 2.4.16 のコンパイルが終わっていたので、 lilo、リブート...
LI LI LI LI LI LI ...
ぐああ、そうじゃ、TP600X は NT ローダから LILO を呼ぶようにした のであったぁぁぁぁ。

i1124 の vmlinuz をコピって rawrite してフロッピーを作る...負け。 ぐぅ、rescue フロッピーで起動して、 カーネルイメージをフロッピーにコピるしかないか。 あーあー。

復旧したら絶対 grub にしよう。そうしよう。

とりあえず:

debian の boot で起動させ、
dd if=/dev/hda2 of=/dos/bootsect.lnx bs=512 count=1
で復旧。

#6 Rez

ちょっとほしい。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月03日(月) [n年日記]

#1 [linux] grub

というわけでインストール。ちなみに TP600X の hda は、 /etc/fstab のエントリ (+最後に容量) で示すと
/dev/hda1       /dos    vfat            rw,uid=1000,gid=1000   0       0 (4G)
/dev/hda2       /boot   ext2            rw                     0       2 (32M)
/dev/hda3       none    swap            sw                     0       0 (512M)
/dev/hda4       /       reiserfs        defaults               0       0 (rest)
のようになっている。/dev/hda1 は FAT32 でいれた Windows 2000。

フロッピーから起動:

apt-get install grub grub-doc して、 /usr/share/doc/grub-doc/html/ 以下を見ながら作業。 まず
cd /usr/lib/grub/i386-pc/
dd if=stage1 of=/dev/fd0 bs=512 count=1
dd if=stage2 of=/dev/fd0 bs=512 seek=1
でフロッピーを作る。これでブートし、grub のシェルから
root (hd0,1)
kernel /vmlinuz-2.4.16
boot
で /dev/hda2 な ext2 にある 2.4.16 のイメージでブート、
rootnoverify (hd0,0)
makeactive
chainloader +1
boot
で /dev/hda1 にある Windows 2000 がブートする。

HDD に書き込む:

MBR にするか /dev/hda2 にするかで悩んだが、 また NT ローダの設定するのも面倒だったので、 結局 MBR にした。
grub-install --root-directory=/boot /dev/hda
で /boot/boot/grub/ ができ、stage1 ローダが MBR に入る。

menu.lst と update-grub:

続いて /boot/boot/grub/menu.lst を作れば起動時にメニューが出るのだが、 debian にはこのためのヘルパースクリプトとして update-grub がある。 これは /boot にあるカーネル *1 を調べ、それらのエントリを勝手に作ってくれるらしい。

いっぺん
update-grub
を実行すると /boot/boot/grub/menu.lst の雛形ができる。 このファイルを開き、
### BEGIN AUTOMAGIC KERNELS LIST
## lines between the AUTOMAGIC KERNELS LIST markers will be modified
## by the debian update-grub script except for the default optons below
以降のところを見て、
# kopt=root=/dev/hda4 ro
# groot=(hd0,1)
# alternative=false
# lockalternative=false
# altoptions=(recovery mode) single
のようにそれぞれ変更した。 alternative, lockalternative, altoptions は、 ひとつのカーネルを違うオプションでブートさせるエントリを作るためのもの。 だけどまあいらないよね。つけたいときは grub のコマンドラインに落ちればいいし。

以上でもう一度 update-grub を実行すると、
default         0
timeout         5

color cyan/blue white/blue

title           Debian GNU/Linux, kernel 2.4.16
root            (hd0,1)
kernel          /vmlinuz-2.4.16 root=/dev/hda4 ro
savedefault

title           Debian GNU/Linux, kernel 2.4.13
root            (hd0,1)
kernel          /vmlinuz-2.4.13 root=/dev/hda4 ro
savedefault
のような menu.lst が自動的にできる (コメント行は略)。 あとは
title           Windows 2000
root            (hd0,0)
makeactive
chainloader     +1
というエントリを
### END DEBIAN AUTOMAGIC KERNELS LIST
後ろ に足してあげれば OK。 前に書くと update-grub で消えちゃうので注意。

/usr/share/doc/grub/README.Debian に書いてあるのだが、 /etc/kernel-img.conf というファイルを作って
postinst_hook = /sbin/update-grub
postrm_hook = /sbin/update-grub
do_bootloader = no
と書いておけば、 カーネルの deb パッケージをインストールした後に update-grub を自動実行し、 つまり menu.lst のエントリを勝手に足したり消したりしてくれるようだ。 まあそこまではしなくてもいいと思うけど。

*1: Debian の make-kpkg で作るとここに置かれる。

#2 風呂釜交換

9:00〜11:30 完了。93,870 yen。

#3 換気扇

こんどはこいつが開かなくなった(^^;

買った:

13,650 yen。 古いほうは粗大ゴミだろうか?

粗大ゴミ:

換気扇・ビデオデッキ各 200 yen。 シールに今日の日付 12/3 をマジックで書いて、 12/6 以降に玄関先に出しておくこと。

#4 [thesis] 専攻会議 passed

本製本した論文を二冊送れとのこと。

岡田製本店:

本製本は 1 週間程度、表紙・背表紙の体裁・文句と、色指定をするように、とのこと。 吉田先生にはひとまず 12/17 までには、と返事する。

ありがとうございます:

研究科の会議が 1/17 だそうです。学位記もらえるのは 3 月くらいかなあ。

#5 [labo] バキュームプロダクツ

金曜日にもらった fax の返事。

#6 [labo] 輪講

太田を除く 7 名 + M 小川。 boss は研究会で欠席だったので司会する。

#7 [labo] 分圧計フィラメント交換

最初技術部に聞いたら、 「サポート外だけど部品だけ送ってそっちで交換してもらってもいい。 でもこちらに本体ごと送ってもらって交換するのが普通」 とのこと。

続いて連絡先を教えてもらった フィールドサービス に問合わせた *2 ら、 「代理店(ヤマト科学)経由で注文してもらうことになる。 代金はだいたい 18 万円」 とのこと。ぐへ、高いにょ。

とりあえず明日、 VP に返事ついでにちょっと聞いてみようかな。

と言ってるうちに別件で電話がかかってきたのでちょっと聞いてみる。 交換した経験があるっぽい。しめしめ。
*2: 教わった電話番号は間違っていた(わら

#8 LaTeX の条件つきコンパイル

最後の■の項目。 私も前から欲しいんですよ。 というのも D 論を最初日本語で通して書いたので、
\define{english}
 :
\if{english}
This equation means hoge.
\else
この式はホゲです。
\endif
\begin{equation}
 hoge = fuga
\end{equation}
とか書ければ、 日本語版と英語版をひとつのソースにまとめられるんですけどねえ。

babel には \iflanguage って命令があるんですが、 これはちょっとそういう用途のものではないようで。

てんこうさん:

に教えていただく。
\documentclass{jarticle}
\newif\if英語
\英語false
\begin{document}
\if英語
english
\else
日本語
\fi
\end{document}
でいいようだ。すばらしい。

なるほどそういえば 科研費マクロ でもこの手のテクニックが多用されてたっけ。

小澤さん:

からも教えていただけた。 ありがとうございます。 あらゆる chapter を \include してるトップのファイルだけ、 日本語用と英語用を作るのがよさげだな。

ふと:

こういうありがたいことが起きるから 日記を公開してる んじゃないですかね? :-)

#9 今日のラジヲ英会話

今日から winter special "Snow-White"。

prick チクリと刺す
windowsill 窓の下枠
fair 美しい turn yellow with fear
turn purple with rage
turn green with envy [以上日本語は略(笑)]
gnaw at one's heart 人の心をむしばむ、悩ませる
liver 肝臓
proof of the deed 実行の証
reluctantly いやいやながら
wild boar イノシシ
carry out one's order 人の命令を実行する
wicked 邪悪な
gobble 〜 up 〜をむさぼり食う

#10 長風呂

いいねえ。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月04日(火) [n年日記]

#1 日興証券

いってきた。

#2 [LDP] 12/4 の updates

----

#3 PS ソフト

Rez:

買った。

ブラボー・ミュージック:

そうそうこれこれ、気になってたまま忘れてた *1 。買わないと。

*1: 発売当時はいろいろテンパってたので。

#4 LaTeX のコマンドライン

なるほど。たしかにコマンドラインからユーザ入力を促すパッケージがあったような...
okumura-clsfile"s" でした。入れました。

#5 [thesis] 専攻会議とは

大学の科名は 「○○大学××学部△△学科」となってるのに対して、 大学院 *2 の方は 「○○大学大学院××研究科△△専攻」という呼称が (最近は) 一般的ですよね。 今回のことに関して言うと、 審査会 (主査 1 名 副査 4 名) のメンバーによる合否判定を、 専攻会議→研究科会議という順番で承認を受けてから、 大学(院) として学位を出すことになるのだそうです。 まあ審査会の判定が覆ったというのは、いままで聞いたことないですけど :-)
*2: 博士号を審査・発行するのもこちら

#6 [dept] 物理情報実験 10 回目

18:00 終了。 自分が出張でいなかった回なのでアレなのだが、 データ処理を正しくできていなかった再レポを さらにいい加減にしていた学生をつかまえて、 ちょっと説教 *3 してみる。 もう一回出すとのことだったので、 改めて処理の仕方をレクチャーした。
*3: というのともちょっと違うけど。 「採点対象外にするよ」と言っただけ。

#7 [labo] 整理整頓

をしてみたり。超整理法押し出しファイリングも、 95 年あたりの奴をズババと捨てる。

#8 今日のラジヲ英会話

haven 安息所、避難所
thorn bush とげのある薮
tidy きちんとした
crumbs of breads パンくず hollow くぼみ
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月05日(水) [n年日記]

#1 [LP] 12/5 の updates

-- re-license が目立つな。

#2 風邪

死。

#3 Q312461 チェッカー

各所で大絶賛のチェッカー。とりあえず貼っておこう。
<script language="JScript">
<!--
/* Q312461 チェッカー by YADA */
if(navigator.userAgent.match(/Opera/)){
  document.write(navigator.userAgent);
  document.write("<BR>");
}else if(navigator.appVersion.match(/Windows 95|Windows 98|Windows ME|Windows NT/)){
  if(navigator.appVersion.match(/MSIE (5.5|6)/)){
    if(navigator.appVersion.match(/(Q|T)312461/)){
      document.write("Q312461 OK<BR>");
    }else{
      document.write("MSIE 5.5 SP2 or 6 + Q312461 が必要です<BR>");
      location.href = "http://www.microsoft.com/windows/ie/downloads/critical/q312461/default.asp";
    }
  }else{
    document.write("MSIE 5.5 SP2 以降にアップグレードしてください<BR>");
    location.href = "http://www.microsoft.com/windows/ie/downloads/recommended/ie55sp2/default.asp";
  }
}

//-->
</SCRIPT>
この日記ページにも仕込んでみた (diary/conf/head.txt に貼る)。

#4 時間超過しないための道具「プレゼンテーションタイマー <Pt>」

 「プレゼンテーションタイマー <Pt>」は、現在の進捗をリアルタイムにプログレスバーで表示するタイマーソフト。 画面左上のとても小さなウィンドウ内に経過時間と残り時間が表示されるほか、プログレスバーでおおよその経過時間や残り時間も確認できるので、「5分で3つ目の説明が終わっていれば順調」といったふうに進行を把握することもできる。 設定した時間を超過すると「超過1分9秒」と表示されるため、プレゼンの事前練習にも便利だろう。

#5 [freshmeat] 12/4 分の新着メールから

#6 今日のラジヲ英会話

glen 峡谷
deceive だます
plot 企む
pedlar 行商人
bodice コルセット
screech 金切り声で叫ぶ
tactful 如才ない
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月06日(木) [n年日記]

#1 4:30 起床

ずっと寝ていたらへんな時間に起きてしまった。 風邪は抜けたようだ。

#2 [LDP] 12/6 の update

#3 keychain

.tcshrc にそのまま書いたら などの謎な現象に見舞われた。
if ( $?prompt ) then
  keychain
  source ~/.ssh-agent-csh-`uname -n`
endif
のようにしたら直った。なぜだ。

いや:

~/.login に書くのが正解か?

#4 [LDP] LDP Weekly News 2001-12-04

"Debian Licensing Issues" より:
About 2/3 of the LDP document collection will be removed from the base Debian distribution due to licensing issues unless they are relicensed. Most LDP documents are licensed under the LDP License, an old license used by the LDP in years past but that has been deprecated for some time. Now the need to relicense has become urgent.
(snip)
So, I am making a personal appeal to all LDP authors to ask that you relicense your documents under the GNU Free Documentation License, the Open Publication License (without applying the non-free options), or any other license that complies with the DFSG.
なるほど、先日来の re-license の嵐はこういうわけだったか。

#5 [labo] バキュームプロダクツ

土曜日 11:00 に QIG-066 を持って伺うことに。

ということで:

明日と明後日は自動車通勤である。

#6 [dept] 物理情報実験第三

16:30 終了。来週で終わりかー

先週実験した藤本君は忌引でレポート提出が遅れる旨の電話。 林田君からは体調悪いとの電話が 15:00 ころに。 休んどけ、と返事。

#7 [JM] 今日の commit/post

for LDP man-pages 1.44。
LDP.7 の更新版と、 .SH を一個忘れてた fseek.3 を commit。
getcontext.2, makecontext.3, dysize.3, fseeko.3 を post。

#8 [dept] 学科サーバでチョンボ

FreeBSD 3 のサーバ *1 で openssh の ports を新しくしようとしたら、 -lcrypt が見つからんといってコンパイルできなかった。 変だなーと思ってうっかり ldconfig を実行したら、 /usr/lib 以外のあらゆるライブラリが見つからなくなった。 /etc/rc をみたら、ちゃんと設定して実行しないとダメらしい。 と言うわけで午後あたり POP が死んでいたようだ。 K 先生からの電話で知り、対処。すみません。

ついでに学外からの slogin を拒否するようにしておいた。
*1: いいかげんこれも 4 にしないとダメかなあ。 どうせなら Debian にしたいのう。

#9 今日のラジヲ英会話

peasant 農民
plead 説きつける、頼み込む
adolescence 青年期、思春期

#10 [linux] [debian-users:30854] OpenSSH 2.9p2で バックグラウンドプロセスを残して logoutできない

このへん が原因とのこと。 要するにプロセスの入出力端末を切り離せば良いようだが、 "< /dev/null >& /dev/null" とかやるの面倒くさいなあ。 zsh だと &! というワザがある らしい。 tcsh ではどうするんだろ。

#11 [labo] キーカード

然るべく処理 (謎)。

#12 ブラボーミュージック

買った。 しかし第二ステージの「魔法使いの弟子」がいきなり難しいですよ? 毎度最後の小節のフェルマータでデビルモードになって死。 もちろんイージーモード。プレイ中はとても楽しいのだけどなあ。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月07日(金) [n年日記]

#1 [JM] 今日の commit/post

引き続き LDP man-pages 1.44。 accept.2, ftw.3 を commit, ftok.3 を post。

#2 [JF] sgml の実体参照について

NFS-HOWTO に対して「実体参照したほうがええんでないか」という コメントをもらっていたのだが、はっきりいってかなーりめんどくさい(^^;

そこで DocBook の文法的にはどうなっているのか武井さんに聞いてみたら、 特定の環境下では特定の文字が実体参照と同じになる という仕組み *1 があるらしい。 linuxdoc-dtd については 調べた 結果が あるので、これを参考に DocBook の DTD を見てみればいいということですね。

さらに:

解説ありがとうございます。

短縮表現つづき:

さらに武井さんから。うーむ、なるほど。

*1: 短縮参照というそうだ。

#3 [LDP] 12/7 の updates

#4 [labo] QIG 付け替え、基板ホルダ準備

LEED の QIG を外す:

13:30 からリーク、13:45 RP 開始、13:50 TP 開始, 54 normal。 一週間くらい引いて IP に移せばいいかな。

新スパッタ装置:

QIG を取り替え、基板ホルダのシールドを外す。 新ホルダの止めねじを洗わないといかんことが発覚、 今日はベーキングの最終テストに。 明日、基板ホルダを入れるパックを買ってこよう。

#5 [dept] 林さん中間審査

社会人枠で博士課程に在学されているのだけど、 成果を鑑みて 2 年で論文提出となる林さんの中間審査。 フロートガラスでの Sn の拡散を表面分析の手法を用いていろいろ調べた仕事。 これまで部分部分は何回か聞いていたが、 通して聞くとまた素晴らしいな。

#6 忘年会・新年会

関係の諸連絡。歳末じゃのお。

#7 Emacs で日本語と英語の混ざった文を ispell

;;
;; M-x ispell で日本語混じりのバッファでエラーが起きるのを防ぐ設定  (ELF:01328)
;; 
(eval-after-load "ispell"
  '(setq ispell-skip-region-alist (cons '("[^\000-\377]+")
					ispell-skip-region-alist)))

#8 今日のラジヲ英会話

bier 棺台
coffin 棺 [クイーンに "The Greek Coffin Mystery" ってのがあったすな]
raven カラス [でかい奴]
part with 〜 〜を手放す、〜と別れる
elaborate 念入りに作る、練り上げる、精妙にする

#9 メール配送遅延

どうも最近時間がかかるなあと思ったら、 apm.seikei.ac.jp の MX が学園のウィルスチェックサーバに取られてて、 そこがボトルネックになってるらしい。 しょうがないので ML はできるだけ surf で受けるよう変更することにした。

とりあえず fml 向けにこんなスクリプトを書く。
#!/bin/bash

MTA=/usr/lib/sendmail
OLD=nakano@apm.seikei.ac.jp
NEW=nakano@surf.ap.seikei.ac.jp
CMD="# chaddr $old $new"

for CTL in \
 fuga-ctl@fuga.hoge.jp \
 muga-ctl@muga.moge.jp
do
   $MTA $CTL << EOM
From: $OLD
To: $CTL

$CMD
EOM
done
自分の subscribing list 込みのやつは ~/bin/fmlMLctl として保存。

というかこの辺も ML で管理するとどうだろうか(わら
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月08日() [n年日記]

#1 [URL] カバラ数秘術

こっちは姓名判断もある。 自分は DeleGate の佐藤さん のページ経由でだいぶ前から知っていた。

#2 [LDP] 12/8 の updates

以上は全部 re-licensed.

#3 [labo] バキュームプロダクツ

QIG を渡し、預けてあった ESCA 関連の物品を返却してもらう。

#4 [book] Unix User 2002/1

GRUB 特集に鵜飼さんの LDAP 講座ということで、久々に購入。
(12/9) タイトル間違ってたので修正.

#5 [labo] 発注

フルウチに Cu 80φ3t, Al 50φ5t のターゲット、 藤本理化にスチロールケース 10 入x10。

#6 [paper] Phys. Rev. Focus 7 Dec 2001

UNCOVERING A NEW LAYER:

Computer hard drives and other advanced devices depend on layered stacks of magnetic and non-magnetic materials, but researchers don't fully understand how the materials work at the microscopic level. In the 10 December print issue of PRL, a team describes a new technique for imaging the magnetic structures at the boundaries between these layers. Their data show that the boundaries are not as clean as previously assumed: a chemical reaction at the interface can cause an ultrathin layer of a new material to form. The work suggests that researchers need to look more closely at such interfaces in order to develop the next generation of devices. (H. Ohldag et al., Phys. Rev. Lett. 87, 247201.)

#7 [freshmeat] 12/7 分の新着メールから

#8 [JF] NFS-HOWTO

かねこさんのご指摘を受けて修正。

#9 カバラ

私のは ここ から辿れます :-)

そうか、今日は
    仕事は疲れるわりに効果なし。遊ぶにはよい日。
なのか...

#10 今日のラジヲ英会話

procession 行列
stumble over 〜 〜につまづく
jolt 衝撃
dislodge 取り除く
brim with 〜 〜で溢れる
be gone for good 完全にいなくなる
get the better of 〜 〜に勝つ
be horror-struck 恐怖に駆られる
gruesome ぞっとする
lid ふた
bride 花嫁、新婦
replicate 繰り返す
girlie 女の子向きの

#11 [thesis] 校正

すすまねえ。
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月09日() [n年日記]

#1 [LDP] 12/9 の update

#2 「魔法使いの弟子」

三回でクリアできてしまうのか... (遠い目 *1 )
*1: あの日以来やってないけど、当日は 5 回くらいことごとく叩き落とされた記憶が(笑)

#3 さむい

学校の駐車場に置いておいた車のリヤウインドーに霜が張っていてびびる。

#4 [debian] sid の dia

env -u LANG で起動しないと編集できないっぽいな。 前にもあった問題のような。解決したんだっけかな。

これ か。ふむ。

#5 [thesis] 校正

だいたいおわり。 notation の間違いが結構あったなあ。 ...きっとまだ残ってるんだろうなあ(^^;

#6 VNC

あおきさん のとこでやってたのに刺激を受け、 とりあえず自宅の LAN にインストールしてみた。 Winiows マシンは寒い部屋にあるので、 コタツ上においた TP600X からアクセスできるようにしたい、 というのがモチベーション。 なんかますますダメな人間になってしまいそうな気もしたが、 きっと気のせいだろう。

Windows2000 側:

窓の杜 経由でパッケージをダウンロード、 ほどいて winvnc の方のディレクトリに入り、setup を実行。

インストールできたら、 スタートメニューの [プログラム]-[VNC]-[Administrative Tools] から "Install Default Registry Settings" と "Install WinVNC Service" を順番に実行。

コントロールパネルの [管理ツール]-[サービス] で "VNC Server" の "状態" を「開始」に ("スタートアップの種類" は「自動」になっていた)。 パスワードが聞かれるので設定しておく。 また、画面の解像度を TP600X にあわせて 1024x768 にしておく。

Debian 側:

apt-get install xvncviewer 
でインストールは終わり。
xvncviewer -fullscreen
で起動し、Win マシンの ip とさっき設定したパスワードを入力する *2 と、TP600X の画面から Windows が操作できるようになる。 終了するときなどは、 F8 を押せば xvncviewer のメニューが出るのでそこから選ぶ。

最初スクロールとかさせるとちょっと画面が乱れたが、 Win のサーバ側の設定で "Poll full screen" にしたら直った。 かなりいい感じ。 ちなみにうちでは、Win 側がロック画面になってるときでも 普通に接続できました。

あ、でも日本語変換に切り替わらない... ここは Ctrl-; で ON/OFF できる WX4 をインストールすべきか?

参考リンク:


*2: なんか入力のダイアログウィンドウが下に隠れてしまうのがイヤだが
コメント [全部読む/投稿する]

2001年12月10日(月) [n年日記]

#1 [JM] 今日の post

LDP man-pages の tzset.3。

#2 ブラボーミュージック

イージーモードクリア。 最後のコンサートで、 何回失敗しても「魔法使いの弟子」が曲目リストに載るのは、 なんかのいやがらせだったのだろうか?

キッズモードでちょっと遊び、 その後久々に小澤-ボストン響の「惑星」の CD (Philips 版) を聞く。 うーむ、やはり木星は第一主題がいいと思うのだがなあ。

#3 [thesis] 校正版

印刷して岡田製本店へ。 両面刷りにするのが面倒だったので onside 指定で。
tag 打ち→ registered_20011210。 (一ケ訂正があったので tag -d した)。

#4 [labo] 高城さん来室

いろいろ push する(笑)。 あ、TigerMP マシンのこと聞くの忘れた... あぅ、WorkPad c3 の修理も(^^;

Adobe Publishing Collection は到着。箱でけえ。 とりあえず Acrobat5/Illustrator/Photoshop をインストール。

#5 [labo] QIG-066

VP 大橋さんから「切れてないっぽいけど...」との電話。 とりあえずピン配置図を fax で送る。

結局切れてないっぽいので、金曜日午前に伺って回収することにした。

#6 プログラミング書籍ベスト90

高林さん とこから。
わたしは (3+4+1) = 8 冊でした。まあそんなもんかなあ。

#7 [freshmeat] 12/9 分の新着メールから

#8 Q312461 チェッカ

いきなり飛ばすのも愛想がないので、こんなふうに変えた。
<script language="JScript">
<!--
/* Q312461 チェッカー by YADA */
if(navigator.userAgent.match(/Opera/)){
  document.write(navigator.userAgent);
  document.write("<BR>");
}else if(navigator.appVersion.match(/Windows 95|Windows 98|Windows ME|Windows NT/)){
  if(navigator.appVersion.match(/MSIE (5.5|6)/)){
    if(navigator.appVersion.match(/(Q|T)312461/)){
      document.write("Q312461 OK<BR>");
    }else{
      location.href = "http://surf.ap.seikei.ac.jp/Badtrans-warn.html";
    }
  }else{
    location.href = "http://surf.ap.seikei.ac.jp/Badtrans-warn.html";
  }
}

//-->
</SCRIPT>

飛び先のページは こんな感じ にした。

日記のヘッダに書くのは止めた。 自分が IE を「スクリプトの実行にダイアログを出す」 設定で使っているので、いちいち開くのがうざったいため。

#9 三光フーズ

来週日曜新宿でやる忘年会の幹事になったので、 新宿勤めをしている兄に教えてもらったお薦めの店。 宴会が 2h で切られるのがちょっと切ないけど、 まあ流れればいいか。

#10 [Palm] ResetRunDigi

普段は正常に動作するにも関わらず、ソフトリセットを行うと、タップ認識の位置がずれるという方もおられるかもしれません。 また、HotSyncなどを行ったときに突然タップ位置がずれるという経験をされた方もおられるでしょう。 こういった場合、環境設定の「デジタイザー」パネルへ切り替えることで調整できます。 しかし、大幅にずれてしまった場合、ホームボタンをタップできず、運良くできたとしても環境設定画面の右上端にある▼プルダウンメニューの選択が難しくなってしまうことがあります。
 こういった問題が起こる最大の要因は、ハードウェアの不良である場合がほとんどです。 しかし、パームを既に日常生活の道具のように使われている場合、修理のために長期間手放すのは長期休暇でもない限り無理です。 そんな方にあくまで暫定的な対策としてお勧めするのが、このResetRunDigiです。

#11 EXCEL でヒストグラム

[ツール]-[アドオン] で「分析ツール」(VBA じゃないほう) をチェックして OK。 すると [ツール]-[分析ツール] が現われるので、 そこから「ヒストグラム」を選ぶ。 あとはまあ、ヘルプに従えばできると思う。

#12 講演スライド

公聴会のスライドから枚数を減らし中 :-)
特に新しい絵は書かなくて大丈夫そうかな?

ああ、MC の概念説明するスライドが一枚いるかな...

#13 x^2 exp(-a x^2) の定積分

いつかまた使うかもしれんから書いとこう。
           2   x
Erf(x) = ----  exp(-t^2) dt
         π 0
とすると *1
 x
t^2 exp(-a t^2) dt
0

     t exp(-a t^2) x     1  x
= [- -------------]   + --  exp(-a t^2) dt
         2a        0    2a 0

     x exp(-a x^2)   1  π  1
= - ------------- + --  ---- --- Erf(a x)
         2a         2a   2   a
ですね。 x→∞ の極限値は π^(1/2) / 4a^(3/2) か。

参考文献は岩波数学公式 I の p.154 とか。

Sma4Win 組み込みの erfc() *2 は腐ってるっぽいなあ。

訂正:

Erf の定義の係数の分母分子が逆だったので直した。

*1: see erf(3)。x→∞ で Erf(x)→1。
*2: =1-erf()

#14 今日のラジヲ英会話

今週は Paul Simon の歌の特集。

Remember me to 〜. 〜に私からよろしくと言ってくれ
snow-crested 雪に覆われた
clarion call ラッパの響き reap 作物を刈り取る、収穫する
bellow 轟く、うなる

これで曲名がわかる人はけっこうすごいかも。 いや、わかる人は一発目のでわかるか。
コメント [全部読む/投稿する]

以上、10 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
book
dept
issp
labo
paper
snap
stock
vsj
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project

中野武雄 (NAKANO, Takeo) <nakano@st.seikei.ac.jp> Since 1999-10-07
RSS feed, 更新時刻, LIRS エントリ, アクセス制御 (解説)

中野のホームページへ