なかのにっき

最新版はこちら。 突っ込みは各日付の BBS エントリのほか、 メール (nakano@st.seikei.ac.jp) や フォーム からどうぞ。 なおスパム除けのため、BBS 機能には 緩い認証を入れて います。 検索エンジンから来た方は、エンジンの方のキャッシュを見るか、 下の簡易検索を試してみてください。


hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.5

先月 2003年01月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2003年01月01日(水) [n年日記]

#1 賀正

#2 [proverb] 『海辺のカフカ』より、大島さんの台詞

下巻 p.25。
「...彼女はおそらく意味や論理といった冗長な手続きをパスして、 そこにあるべき正しいことばを手に入れることができたんだ。 (中略) 芸術家とは、冗長性を回避する資格を持つ人々のことだ」

#3 [book] 『海辺のカフカ』村上春樹 新潮社

読了。買ってからえらく長いこと放ってあったのだが、 きっとコンディションが整っていないと駄目だったんだろう。 ひさびさのヘビィ級だった。ホシノくん最高。

#4 レンズがわかる本

著者の永田さんからメールをいただいた。 p.128 の角θ、θ'は、それぞれ光軸から破線までの角度の由。 本は学校に置いてきちゃったのでまた見てみよう。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月02日(木) [n年日記]

#1 寝正月

妹が帰ってきて食い物を供給してくれたので、 ずっと炬燵でゴロゴロ。 ニューイヤーコンサート聴いたり筋肉番付眺めたり、 マンUの試合見たりしつつマンガやら本やら。 生活時間帯が GMT になっているなあ。

#2 年賀状返信

雪が降っていたので歩いて 5 分のところまで車で出しに行ったり。

#3 [book] 『進化論という考え方』佐倉 統 講談社現代新書

これもずいぶん前に買って積ん読になっていた本。 理由は文体がいまいち自分に合わなかったため。 各章で村上春樹を引用していたり、 自身の村上春樹への傾倒ぶりを述べていたりするだけあり、 文体もちょっとそちら方面の味付けがしてある *1 のだが、あまり成功していない、というのが個人的印象。

しかし内容は抜群におもしろい。 中心はタイトル通り進化論で、 まず第一章でダーウィン以降の進化論の歴史を概観。 続く二章がこの本の中心で、それぞれ生物学によって人間を記述する試み、 情報という観点から生物学を評価しなおす試みが紹介されている。 それぞれ人文科学、情報科学と生物学との境界領域になる。 個体・種・集団・ゲノムといった entity がどのように情報を運ぶか、 進化していくか。 関連する仕事をしている人はいろいろな示唆を受けるのではなかろうか。

さらに最後の二章では、人間を記述する科学が、 人類の意思決定にどのようにかかわっていくべきか、 が議論されている。 必ずしもここでは「進化」が主要なキーワードになるわけではないが、 科学と社会の関わり合いを考えている人は必読と思う。

参考文献のリストも整っている。 著者はもともと京大でサル学を修めていた方らしいが、 生物学に限らず、科学・哲学含め、まさに博覧強記。 ちょっと取っかかりは悪いし、 内容も平易ではないけれど、強くお勧め。 もっと早く読めば良かった。
*1: 例えば一人称が「ぼく」になっていたり。

#4 引き取り手募集関連

応募マークをつけることにしました。

手放しちゃダメ:

まあ文庫だし :-)

とても欲しい:

今のところ無競争です :-)

#5 晩飯

カレー。

#6 ボキャブラ天国

見た。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月03日(金) [n年日記]

#1 [book] 『ソ連帝国再建』クランシー・ピチェニック 伏見威蕃 訳 新潮文庫

これも途中まで読んで相当長い事放ってあった。 いつものクランシー的マッチョ話。 翻訳も単純な誤変換が残ってたり、 あまり出来がいいとは思えない。 もうクランシーはやめるかな。 ちょうど文春から新潮に変わった頃に面白くなくなった気がする。

#2 外出

雨雪で面倒くさかったのだが、 正月奥さんの実家に帰っている兄の家へ、 残されている猫の様子を見に。 特に問題なさげ。トイレ処理と飲み水の交換。 そのまま電車に乗ってちらっと学校へ。

#3 [labo] ステージコントローラ

懸案だけ。

ハンダ付け:

断線 してたとこをハンダ付け。 こて台がいつものところに無いのはなんでじゃ。 組み付け の時の六角レンチセットといい、最近こういうことが多いなあ。ぶつぶつ。

コネクタとケーブルは、とりあえずセロテープで補強。 ビニールテープも前に買ったやつがあったはずなのだが。 最終的にはコネクタごと交換したいけど、 それは リミットセンサの件 の見通しが付いてから。

minicom 通信:

ステージは問題なく動作。 バックラッシュ分の面倒までは見てくれないようなので、 プログラム側でやらないとダメか。 パルス数と移動距離の関係については、 ネジのピッチとモータの規格を教えてくれるよう大橋さんに頼んであるので、 それが到着してから。

#4 [book] matlab 本

matlab は XPS 装置に附属の解析ソフトに使われてたこともあって、 目についた本をできるだけ買うようにしてきました。 とりあえず以下、手元にある本についてのレビュー。 個人的には秀和システムから出ている本が比較的良い気がしています。

ただし、付属の英文マニュアルもかなりできが良く、 結局こいつが一番役に立つことも多いですね。 自分で MATLAB 使って絵を書いたときはそうでした。

MATLAB と利用の実際:

僕もこの本を最初に買いましたが、 初期に出たこともあってどっちかというと overview 的な性格が強い。 実際に使い出すとあまり役に立たないかも。

MATLAB プログラミングブック:

今回の octave 本と範囲がカブる本。良く書けていると思います。 ただ .* とか .^ とかについてはやっぱりあんまり書いてない (コマンド一覧には載ってるけど)。

MATLAB 活用ブック:

突っ込んだ使い方をしたい人向け。 MEX の話とかも詳しく載っています。

MATLAB ハンドブック:

これも持ってたはずなんだけど、いま見当たらない。 でも良い本だった記憶があります。 数値計算の知識を一通り持っている人は、 この本からはじめるといいと思います。

MATLAB 数値解析:

自分が何らかの用途に MATLAB を使いたい、 という場合のリファレンスにはあまり向いてない。 むしろ講義のネタ本としてよさげ。 訳本ですが、訳者が大勢で、翻訳の質のばらつきが大きい。

物理工学系のシミュレーション入門:

これもなぜか持っている (むちゃくちゃ高かった) けど、 これは Symbolic Math toolbox (+Maple) や PDEase toolbox を持っていないと意味がない本でした。

ちなみに:

いずれも octave を使う役にはあまり立たないような。 octave は結局 info を読むのが一番いいと思います。 日本語訳が ascii あたりから出ないかなあ。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月04日() [n年日記]

#1

バスが来なくて学校〜吉祥寺、国分寺〜自宅を歩き。 多少は運動不足の解消になっただろうか。

#2 [debian] DSA-221 mhonarc

surf で更新されないので変だなと思ったら、 disk crash の時に入れ忘れてたらしい。やれやれ。

#3 [labo] ステージコントローラ制御

Serial-Programming-HOWTO とか miniterm.c とかを眺めながら漠然と思考中。 基本的には カノニカルな入出力 でいいのかな。 あとは Q: コマンドに対する reply を parse するルーチンを作ればだいたい良さそうだ。

ちなみに:

miniterm.c は短いのだけど結構おもしろい。 fork() して親が serial input→stdout、子が stdin→serial output を担うようになっているのだが、 fork() の返り値で switch〜case するやり方とか、 特定の文字が入ると子が親にシグナルを送って終了する様子とか、 親がシグナルハンドラを登録して処理に入り、子を wait してから終了する様子とか。 おそらくこの手のプログラムの定跡なのだろうが、勉強になる。

また末端文字:

 const char QCMD[] = "Q:\r";
  :
 write(fd, QCMD, sizeof(QCMD));
のようにしたところ、結果はちゃんと返ってくるのだけど、 終了後にコントローラが 例の HOST/MANUAL が効かない状態 になった。sizeof(QCMD) は (あたりまえだけど) 4 なので、 末端の \0 も write しちゃってるためらしい。
 write(fd, QCMD, sizeof(QCMD)-1);
にしたら問題なくいくようになったけど、頭悪そうだなあ。 どうするのが普通なんでしょうかね。 \0 のない 3 文字の定数って簡単に宣言できないのかな。

むつみさん
  const char QCMD[3] = { 'Q', ':', '\r'};
と教えていただいた。うまいこと動作しました。ありがとうございます。

うーん、数値入りのコマンド文字列を strcat() でつくるときとかを考えると、 結局 sizeof()-1 しておく方が見通しがいいのかなあ。うーんうーん。

あ、
 const char QCMD[] = "Q:\r";
  :
 write(fd, QCMD, strlen(QCMD));
がいいかな。こうしとくか。

Q: の結果の parse:

-      900,         0,K,K,R
のような結果が返ってくるのを、 掟破りの strtok() で ad-hoc に実装。はっきり言ってヒドイ代物だが以下のような感じ。
  res = read(fd,buf,255);
  buf[res] = 0;

  token = strtok(buf, ",");
  if (token != NULL){
    *xpos = atol(token+1);
    if (*token == '-') {*xpos *= -1;}
  } else { rcode = 1;}

  token = strtok(NULL, ","); /* ypos */
  if (token != NULL){
    *ypos = atol(token+1);
    if (*token == '-') {*ypos *= -1;}
  } else { rcode = 1;}

  token = strtok(NULL, ","); /* ack1 */
  switch (*token){
    case 'X':
      *ack1 = ACK1_NG;
      break;
    case 'K':
      *ack1 = ACK1_OK;
      break;
    default:
      *ack1 = ACK_ERROR;
      rcode = 1;
      fprintf(stderr, "(m102_q): parse error for ACK1\n");
  }
   :
以下 ack2, ack3 も同様。

完成:

Q: !: C: M: G: R: の 6 コマンドを実装した。 cvs モジュール m102 として import。 checkout した場所は ~/project/stage。

マニュアル:

あらゆる 前回 のコピペだが、ひとまずまとめた。

#4 [freshmeat] 1/3 分の新着メールから

#5 [book] インターネット時代の数学シリーズ

馬場さん に教えていただいた。確かに良さそうだ。

物理シリーズはないのかな(笑)
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月05日() [n年日記]

#1 免許更新

9:00 頃家を出て府中の試験場までチャリで行ってみたが、 もう混み混みで全然だめ。30 秒であきらめてそのまま帰ってきた。 往復 20 分。 平日に行こうっと。

#2 [book] 『量子力学と私』朝永振一郎 岩波文庫

講演・エッセイなどを江沢 洋氏がまとめたもの。 繰り込み理論の成立以前を扱ったものが多い。 「光子の裁判」目当てに買ったのだけど、 むしろ他のものが面白かった。 特殊相対論と量子論の統一の際に現れる無限の問題 *1 が目前の問題だったときに書かれたものとか、 一方ノーベル賞受賞後に、その頃の考えの履歴を語ったものとか。 一度捕まえたアイディアは、 その場では直接生きなくても、思わぬところで応用が効くものなのだ。 あと、エッセイの端々にも顔を出す湯川秀樹へのコンプレックスが、 公開向けに書かれたものではないだろう 「滞独日記」ではっきり現れているのも興味深い。 どんなレベルに至っても、焦りや悩みや嫉妬と無縁である人はいないのだ、 あたりまえだけど。
*1: まさにこいつが繰り込み理論によって回避されることになるわけだが。

#3 マンガ引き取り手

ひとまず確定。あとは先着順にします。 締切はぼくが古本屋に持っていく気になるまで。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月06日(月) [n年日記]

#1 [paper] arxiv.org cond-mat

正月分。

Mound formation and coarsening from a nonlinear instability in surface growth:

We study a class of one-dimensional, nonequilibrium, conserved growth equations for both nonconserved and conserved noise statistics using numerical integration. An atomistic version of these growth equations is also studied using stochastic simulation. The models with nonconserved noise statistics are found to exhibit mound formation and power-law coarsening with slope selection for a range of values of the model parameters. Unlike previously proposed models of mound formation, the Ehrlich-Schwoebel step-edge barrier, usually modeled as a linear instability in growth equations, is absent in our models. Mound formation in our models occurs due to a nonlinear instability in which the height (depth) of spontaneously generated pillars (grooves) increases rapidly if the initial height (depth) is sufficiently large. When this instability is controlled by the introduction of an infinite number of higher-order gradient nonlinearities, the system exhibits a first-order dynamical phase transition from a rough self-affine phase to a mounded one as the value of the parameter that measures the effectiveness of control is decreased. We define a new ``order parameter'' that may be used to distinguish between these two phases. In the mounded phase, the system exhibits power-law coarsening of the mounds in which a selected slope is retained at all times. The coarsening exponents for the continuum equation and the discrete model are found to be different. An explanation of this difference is proposed and verified by simulations. In the growth equation with conserved noise, we find the curious result that the kinetically rough and mounded phases are both locally stable in a region of parameter space. In this region, the initial configuration of the system determines its steady-state behavior.

Preparation of the Silver Boride: Preliminary Results:

Bulk and thin film specimens of AgB2 were prepared. The bulk pellets were obtained from the powders of the constituents and the films were produced by cosputtering and sequential sputtering. The specimens were annealed and subjected for X-ray and Auger analysis. Preliminary results seems to indicate that AgB2 is an instable phase.

#2 [paper] PRL 89(26-28)

なんで 12/30 号 (#27) と 12/31 号 (#28) があるんやろか。

High Resolution Atomic Force Microscopic Imaging of the Si(111)-(7×7) Surface: Contribution of Short-Range Force to the Images:

Observation of the rest-atom layer of the Si(111)-(7×7) surface is performed by atomic force microscopy. By detecting the force due to the single chemical covalent bond formed between the tip and the sample surface, individual atoms on the layer were clearly resolved. Unprecedented high spatial resolution was achieved by setting the detection force at a small value and by reducing background forces due to the long-range interactions with the small oscillation amplitude of the cantilever and sharp probe tip.
いつぞや日刊工業新聞に載ってたやつかな? force-curve に関する細かい議論。

The Diffusion-Control Limit Revisited:

We consider nonequilibrium adsorption to a freshly formed surface. Owing to the initial lack of equilibrium, the common diffusion-control assumption is inconsistent at small times. A uniform small-time asymptotic approximation is constructed for a Langmuir-type system in terms of the small parameter ε representing the ratio of the respective kinetic and diffusive time scales of the problem. The diffusion-control approximation becomes valid only when t >> ε. The adsorption results are applied to the calculation of the dynamic surface tension.

#3 [paper] APL 81(26-27)

Resonance-enhanced laser-induced plasma spectroscopy for sensitive elemental analysis: Elucidation of enhancement mechanisms:

When performing laser-induced plasma spectroscopy for elemental analysis, the analyte signal-to-noise ratio increased from four to over fifty if the plume was reheated by a dye laser pulse tuned to resonant absorption. Time-resolved studies showed that the enhancement was not due to resonance photoionization. Rather, efficient and controlled rekindling of a larger plume volume was the key mechanism. The signal-to-noise ratio further increased to over a hundred if the atmosphere was replaced by a low-pressure heavy inert gas. The ambient gas helped confine and thermally insulate the expanding vapor.

Kinetic roughening study of perylene on glass and Au substrates:

We have investigated the growth kinetics of perylene, an organic semiconductor with high carrier mobility, on glass and Au substrates grown side-by-side by vapor deposition using atomic force microscopy. Our results show that kinetic roughening theory can reveal a wealth of information about polycrystalline growth. Higher order height?height correlation functions have been calculated for the perylene thin films on glass and Au. These results show that the height?height correlation function and the Hurst exponent saturate once the nominal perylene film thickness reaches the critical value of 40 Å on glass, and 100 Åon Au. After these thicknesses, overhang structures develop and dynamic scaling analysis becomes inappropriate. In addition, we have observed a complex, multiaffine behavior on both substrates evidenced by order dependence of the Hurst exponent. Grain size distribution and shape analysis were also performed on our films.

#4 [labo] 2003年春季応用物理学関係連合講演会における電子投稿について

1/13 17:00 〆切。って祭日じゃんか。

#5 [labo] PMMA 蒸着

岡田さんの lecture を兼ねて。

11:00 開始、 ボート (BM-70) の中央部の 5 個の窪みに、 それぞれ 3 粒ずつの PMMA ペレットを入れた。

12:40 から 真空引き。 基板加熱 (150℃)→室温 (水温) 冷却して14:40 くらいから蒸着開始。 膜厚モニタのパラメータは、 とした。 参考→ PMMA の物性 詳細はちゃんと文献をあたるよう、岡田さんに頼んだ。

星野くんの時の条件、0.71V 33A を目指して加熱。 0.5V までは 0.1V おき、0.65V までは 0.05 V おき、 その後 0.71V まで 0.02V おきに上昇。 PMMA は 0.6V 位からジュクジュク泡立ち、 圧力は最終艇に 1〜2x10^-2 Pa まで上昇。 成膜速度は 2Å/s までは上がらず、0〜1 位をフラフラ。 泡の破裂に伴って圧力上昇や成膜速度上昇が起こっているっぽい。 とりあえず電圧 0.71V に fix、 時間-積算膜厚の記録を岡田さんにしてもらう。

数分後急に膜厚が上昇したが、 これはボートの窪みから PMMA がなくなる時に対応しているようだ。 モニタ面への sticking rate の問題もあるかなあ。

結局 495Å まで。15:35、圧力が 1x10^-3 Pa を下まわったところで終了。

#6 [book] ヒカルの碁 20

買った。

#7 [URL] 色見本の館

良い感じ。

あれ?:

ここの namazu で「色」を検索するとおかしくなる。なぜだ?
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月07日(火) [n年日記]

#1 [LDP] 2002-11-18〜2003-01-07 の updates

あたらしいほうが上。

new GUIDE:

new HOWTOs:

updated GUIDE:

updated HOWTOs:

* 印は期間中の extra 更新数。

removed HOWTO:

#2 朝食

七草粥。しかしモチをいれて腹一杯になってしまった。 本来の意味を見失っている。

#3 [book] 『麦屋町昼下がり』藤沢周平 文春文庫

「榎屋敷宵の春月」だけまだ読んでなかったのを朝風呂で読了。 藤沢周平はやっぱり良い。 しかし読んでばかりで全然本の整理が付かないな。

#4 免許更新

行ってきた。代書屋に寄って *1 8:50 頃 in。今回は違反講習 *2 だったので、みっちり 2h の講習を受けてきた。免許もらって 11:30 out。 一日に消費するエネルギーの半分は確実に持っていかれた。

講義内容について。 教習所の近くに最近できた「無坊」というラーメン屋の評判が良いので、 帰りに行ってみようと思ったのだが、今日は定休日であった。
*1: しかし最近は写真がいらないから、寄る意味は全然ない事が後に判明。
*2: 歩行者の足を踏んで 4 点、一時停止違反で 2 点。

#5 [labo] 雑用

吉祥寺まで出て、東京三菱で Quesant に $294 送金。 手数料 5,500 円。うーむ。
江成くん用の USB カードリーダを LAOX で購入。
真空協会 に会費 \8,000 払い込み。ほんとは 12 月末までのもの。

送金の件を Quesant に fax。fax\2002\Quesant1.doc。

#6 [labo] MgO 透過率フィッティング

tiger:/usr/local/bin/MgOfit.sh としてインストール。 藤本くんと岡田さんに使い方のレクチャー。 合わないときはローレンツパラメータの A をいじってみると良いようだ。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月08日(水) [n年日記]

#1 [URL] skkime について

そろそろ入れてみるかなあ。

Linux と skkime でユーザ辞書を共通に使うのってどうするんだろ。 プロパティで「サーバ追加」というのでいいのかな? いや、例えば debian の skksearch はラージ辞書を見てるだけか。 ユーザ辞書は違うっぽいなあ。samba 経由で共通にしたりして大丈夫なのだろうか。

アプリケーションによって、かなが半角カタカナでしか入力できないことがあるな。 さらに漢字変換した場合に、確定した最後の文字が ?? になる事があるようだ。 ふーむ。入力操作そのものは直感的でとても良い。 ただ、全角スペースは L [space] C-j っていうシーケンスで入れるしかないのかな。

#2 [paper] PRB 66(19,20)

Effect of growth rate on the spatial distributions of dome-shaped Ge islands on Si(001):

Ge/Si(001) layers are grown by gas-source molecular beam epitaxy at 600 °C to probe island self-ordering phenomena. We vary the Ge growth rate by a factor of 40, 1.2-47 monolayers (ML) min^-1, and adjust the Ge coverage, 5.9-8.9 ML, to produce films consisting primarily of dome-shaped Ge islands. Measurements of the radial and nearest-neighbor distributions are compared to calculated distributions for random arrangements of circular islands. At low growth rates, island formation is inhibited at small separation. At high growth rates, the angular distributions of nearest-neighbor islands show pronounced island ordering along <100> directions.
まあある意味、普通の結果ではあるのだけれど。絵はとても奇麗。 方位角分布をとってるのがちょっとおもしろい。

Fractal-like model of porous silicon:

A geometrical model of a porous silicon structure is proposed. The resulting size distribution spectra are analyzed by their relation to photoluminescence and Raman scattering. Both experimental data are investigated and compared to those results. The model well describes the presence of a low-energy part of the photoluminescence spectra with wavelength compatible to bulk crystalline silicon. Shapes and positions of Raman and photoluminescence lines are within the frames of model flexibility and indicate similar values of parameters, especially the minimal size of crystallites where Raman scattering and radiative recombination reveal the activity.

Fermi surfaces of surface states on Si(111)-Ag, Au:

Metallic surface states on semiconducting substrates provide an opportunity to study low-dimensional electrons decoupled from the bulk. Angle resolved photoemission is used to determine the Fermi surface, group velocity, and effective mass for surface states on Si(111)√3×√3-Ag, Si(111)×√3-√3-Au, and Si(111)√21×√21-(Ag + Au). For Si(111)√3×√3-Ag the Fermi surface consists of small electron pockets populated by electrons from a few % excess Ag. For Si(111)√21×√21-(Ag + Au) the pockets increase their size corresponding to a filling by three electrons per unit cell. The √21×√21 superlattice leads to an intricate surface umklapp pattern and to minigaps of 110 meV, giving an interaction potential of 55 meV for the √21×√21 superlattice
こりゃすげえ。

Surface-induced resistivity of thin metallic films bounded by a rough fractal surface:

We have extended the modified formalism of Sheng, Xing, and Wang [J. Phys.: Condens. Matter 11 L299 (1999)] to allow the calculation of the conductivity of a thin metallic film bounded by a rough fractal surface. We utilized the so-called k-correlation model proposed by Palasantzas and Barnas [Phys. Rev. B 48, 14 472 (1993); 56, 7726 (1997)], to describe the height-height autocorrelation function corresponding to a self-affine roughness. This extension permits the calculation of the conductivity of the film as a function of the r.m.s. roughness amplitude δ, of the lateral correlation length ξ, of the mean free path in the bulk l, and of the roughness exponent H. We found that the degree of surface irregularity, represented by the roughness exponent H characterizing the surface, does influence the conductivity of the film, as first discovered by Palasantzas and Barnas. However, this influence manifests itself for large bulk mean free paths l〜1000 nm and for large correlation lengths ξ〜5 nm, in which case the conductivity of the film for H = 1 exceeds by about 30% the conductivity for H = 0.2, an effect which is smaller than that reported by Palasantzas and Barnas. For correlation lengths ξ below 1 nm and mean free paths l〜100 nm, the influence of the roughness exponent H on the conductivity is reduced to below 10%, and for smaller mean free paths and correlation lengths the conductivity becomes insensitive to H. We also found that Mathiessen's rule is severily violated in the case of thin metallic films. The resistivity of the film coincides roughly with the surface-limited resistivity only in the case of ultrathin films t<5 nm. For thicker films 100 nm>t>5 nm, the resistivity of the film exceeds by some 20 to 30 % the value dictated by Mathiessen's rule. And conversely, the apparent surface-induced resistivity estimated assuming the validity of Mathiessen's rule, exceeds by nearly one order of magnitude the true surface-induced resistivity, except in the case of ultrathin films t<5 nm.
lanl で見かけた気もしたが...

Surface plasmon polaritons on narrow-ridged short-pitch metal gratings:

The reflectivity of short pitch metal gratings consisting of a series of narrow Gaussian ridges in the classical mount has been modeled as a function of frequency and in-plane wave vector (the plane of incidence containing the grating vector) for various ridge heights. Surface plasmon polaritons (SPP's) are found to be excited even in the zero-order region of the spectrum. These may result in strong absorption of radiation polarized with its electric field in the plane of incidence (transverse magnetic). For zero in-plane wave vector the SPP modes consist of a symmetric charge distribution on either side of the grating ridges, a family of these modes existing with different numbers of field maxima per grating period. Because of the charge symmetry these modes may only be coupled to at angles away from normal incidence where strong resonant absorption may then occur. The dispersion of these SPP modes as a function of the in-plane wave vector is found to be complex arising from the formation of very large band gaps due to the harmonic content of the grating profile, the creation of a pseudo high-energy mode, and through strong interactions between different SPP bands.
これは理論。 例えば angle incident なイオンスパッタで作った ripple 構造を見れたりするのかなあ。

#3 [labo] バキュームプロダクツ

大橋さんに電話して、ネジピッチとパルス/角に付いて問合わせ。 ヒータ用ホルダ 、ステージの リミットセンサ についてもちょっと話す。 水晶振動子ホルダは 1/14 に取りに行くかたちで。

#4 [URL] SEMILINKS

半導体関連ポータル。便利かも。

#5 [labo] OES 測定系

バキュームプロダクツより仕様の fax。 いまコントローラの設定は ハーフステップ動作 だから、1000 pulse で 2mm 移動、と。わかりやすいな。 バックラッシュ分は 1/40 回転だから 25 pulse。まあ余裕見て 50 pulse。

窓の横幅が 70mm、レンズ系の絞りは、最小で対向辺 2mm の 6 角形だから、 2mm ごとに移動させればいいか。

作るべきプログラム (とその名前の候補) は というところか。 注意点としては、 相対移動がマイナスになる場合には、 バックラッシュ分の 50 パルス余計に動かし、 プラス方向に 50 パルス戻すようにすること。

#6 [URL] GPTCALL

CやFORTRANで得た計算結果をグラフ化するのに gnuplot は非常に便利です.このgnuplotは普通,端末からコマンドで操作しますが,プログラムからの操作も可能です.しかし,プログラムからの操作はそれなりの知識を必要とするので,初心者には多少難しいかもしれません.
そこで Cでgnuplotを簡単に制御できるようにするためのパッケージもどき, GPTCALLを作ってみました.このパッケージもどきを使えば初心者でも簡単に gnuplotをCから操作できます.
べんりそげ。

Controlling GNUPLOT from your C program:

なるほど単独なら popen() 使うだけか。

#7 [linux] gengetopt

オプション処理に結構便利。 まずオプション用に
option	"exposure"	e "MOS exposure time" short default="1000" no
option	"gain"		g "amplifier gain (l|m|h)" string default="l" no
option	"pixel"		p "A/D pixcel clock (us)" short default="3" no
option	"output"	o "output file" string no
とかいうファイル (pma.ggo) を作る。 フォーマットは
option <longname> <shortchar> <description> <type> {default="VALUE"} <required?>
というかたち。詳細は /usr/share/doc/gengetopt/gengetopt.html。
% gengetopt < pma.ggo
とすると cmdline.h と cmdline.c ができる。 自前のプログラムは
#include <stdio.h>
#include "cmdline.h"
#include "pma.h"

int main(int argc, char **argv){
	struct gengetopt_args_info args_info;
	WORD exposure, pixel;
	BYTE gain;

	if (cmdline_parser (argc, argv, &args_info) != 0) exit(1);

	exposure = args_info.exposure_arg;
	printf("exposure:\t%d\n", exposure);

	pixel = args_info.pixel_arg;
	printf("pixel:\t%d\n", pixel);

	switch (args_info.gain_arg[0]) {
	  case 'l':
	    gain = AMP_GAIN_LOW;
	    break;
	  case 'm':
	    gain = AMP_GAIN_MIDDLE;
	    break;
	  case 'h':
	    gain = AMP_GAIN_HIGH;
	    break;
	  default:
	    fprintf(stderr, "gain should be one of l, m or h\n");
	    exit(1);
	}
	printf("gain:\t%d\n", gain);

	if (args_info.output_given)
		printf("file will be output to %s\n", args_info.output_arg);
	return 0;
}
という感じで書いて、
gcc -o pma cmdline.c pma.c
とすると出来上がり。
% ./pma
exposure:       1000
pixel:  3
gain:   3
% ./pma -e2000 -p5 -gl --output=FILE
exposure:       2000
pixel:  5
gain:   3
file will be output to FILE
という感じの実行結果になる。 Makefile のエントリは
pma: pma.c cmdline.c
	gcc -Wall -o $@ $^

cmdline.c: pma.ggo
	gengetopt < $<
という感じで。

--unamed-opts:

gengetopt 実行時に --unamed-opts というオプションをつけると、 パラメータ以外の引数も処理できる。 となる。

#8 一齋

河田先生の退官記念パーティー のときに、先生からお土産として参加者に配られたお酒。 だいぶたってしまったが飲んでみた。うーん、すごく美味しい。 自分は列の最後の方で、余りが出そうだったので、 河田先生に「なんだったら二つ持ってきなよ」と言われたのだが、 遠慮して1本しかもらわなかったのであった。 もったいないことをした。

ちなみに 岩村醸造 という岐阜の蔵元のお酒らしい。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月09日(木) [n年日記]

#1 [labo] OES 測定系

このへん のコマンド作り。

pmashot:

完成。mktemp() を使ってるので、いつか直そう。

ステージ移動系コマンド:

を作成。ファイル名 3 文字めで変更して補完を多少楽にした。

pmameas:

完成。C:10 した状態からだと動かなかったのがちと盲点。 さて、うまく測れるといいが。

測定:

田中くん、疋田くんに協力してもらい、 Ar 10 Pa (Shultz gauge 表示値) 50W で測ってみた。 とりあえず X 軸の原点は見た目で。最後は zero に戻して止めた。 縦方向を ±19mm ほど、5mm 間隔で移動。 gain は high、exposure は default の 1000ms で、 まあ 324, 510 の値は出ているようだ。 他のピークが見たいときは、もうちょっと絞りを開けるか exposure を伸ばすかしないとだめかな。 解析は後ほど。

import:

cvs -d /home/cvsroot に sroes というモジュール名で import した。

#2 [labo] rwiki 文字化け

ASCII 文字と全角文字が混ざってるとダメっぽいですね。 時間ができたら 1.2.4 に上げてみます。

#3 [URL] 初心者のためのシリコン単結晶清浄表面作製技術

通電加熱方式によるシリコン単結晶清浄表面作成技術を紹介します。読者としては、やる気と時間は十分あるけれども、経験と研究費は乏しい若手研究者を対象としています。また、ここに述べるシリコン清浄表面とは超高真空(〜10-10Torr)中で作成する不純物濃度1%以下程度の表面です。微量の不純物は影響しない研究なら十分通用します。
すばらしい。

#4 [dept] 大学院特別講義 (佐々木先生)

ナノテク概論。トップダウン vs ボトムアップという観点で整理され、 とてもわかりやすかった。

トップダウン:

別名「ファインマンのナノテク」。 基本はリソグラフィ。 現状の目標は 1Tbit/inch^2 というところだとか。 限界は 10nm 幅くらいまで、到達は 2014 年くらい? 早大大泊先生のとこで8nm ピット、 ツインプローブ、ナノ振動子の動画など。

intermission:

「ミクロの決死圏」をマクラに、 drag delivery system のお話。 4nm 以下だと腎臓で捨てられ、400nm 以上だと免疫系に攻撃されるのだとか。 細胞内部での状況認識によって薬理効果を発現させる、 D-RECS という手法があったりするらしい。

ボトムアップ:

別名「ドレクスラーのナノテク」(c.f.『創造する機械』1986)。 アセンブラ+レプリケータによる機能発現。 アプローチは 3 つ、
  1. 生体のメカニズムを研究するもの→バイオモータ、特に回転モータ (Walker 1994 Novel Prize)。ATP サイクルを使った F1 モータ、H+ driven な F0 モータなど。
  2. Bulk や表面の物性、自己組織化を利用するもの→フタロシアニンの一次元鎖を使った配線など。
  3. SPM 技術を応用して展開するもの→STM による原子移動、Xe を介在させたスイッチング、AFM でも Si/Ag 3x3 において、Ag トライマーの伸び縮みによるスイッチングのような現象が見られるらしい。あとはグラファイト上摩擦力のアレ :-) とか。

#5 [freshmeat] 1/8 分の新着メールから

#6 最近の生活時間帯

正月の爛れた生活の後遺症で、だいたい 4:00AM に目が覚める。 18:00 頃になると眠くてもうだめ。

#7 [labo] 最近の研究室

だんだんピッチが上がってきたようだ。

#8 [book] シェリフスターズ MS04

購入、読了。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月10日(金) [n年日記]

#1 このサーバ

朝の cron の restart 時に落ちていたようだ。 理由は昨日 rwiki 関係の調査時に mod_encoding モジュールを抜いたから。

#2 [labo] AFM 利用講習会

13:00-14:30、 参加者: 藤本・尾崎・佐藤。 昔の Q プローブは、もう使わないほうが良さそうだな...

#3 [labo] rwiki

1.2.4 に入換えた。libdevel-logger-ruby.deb は sid からとってきた。 単独でインストールできたので問題なかろう。 文字化けの問題も解消した模様。良かった良かった。

pagerank とか orphan は、別にモジュール入れる必要があるのかしら。 ああ、ページとして存在してるのか。コピーするだけですな。

#4 [labo] OES 結果解析

過去のツール を引っ張り出しつつ。 の二点分の修正をせんとあかん。

この 2 点は perl で処理できる目処がついたが、 結局楽に作業をするには oespeaks と oesfit の動作を含めて 1 つのスクリプトにまとめるしかないのかなあ。うーむむむ。

しかし暗電流の scatter が結構大きい。

#5 日高屋

サンロードにある、もとラーメン館だったところ。不味い。 頼んだのは味噌ラーメン 390 円+餃子 150 円。 まず出てきた水がカルキ臭い。 ラーメンは麺に味も食感もなく、 スープも塩ラーメンのスープに申し訳程度に味噌を溶かしました、というようなもの。 サッポロ一番の方が 30 倍くらいマシ。 餃子も中身スカスカ、ゴマ油の臭いが変に鼻に付いた。 人生の有限回の食事を一回分無駄にした。痛恨。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月11日() [n年日記]

#1 [URL] Mozilla/Galeon Rendering Speed Tweak Mini-Howto

あきらさんのところ から。
しかしうちの gnome2 は相変わらずウィンドウリサイズができない。なんでじゃ。

#2 [labo] テフロンスパッタ

岡田さんに lecture。 10:00 start。

14:15 点火。だいぶ MgO とは RF マッチの条件が違うけど、 ちゃんと点いた。2 Pa-100W で無事放電中。

15:30 頃、シャッターを開けるかという時間に消灯。 その後異常な on/off の繰り返し。 中をのぞくと、プラズマ点火時、ターゲットの10時方向あたりで 緑色の小さなギャップ放電様のチラチラした発光。 こいつが原因っぽい。しょうがないのであきらめて消灯。 チャンバーを開けることにする。

ターゲットを保持しているツメのあたりだろうか。 テフロンに溶けた形跡が。 一通り掃除して閉めて RP で排気。100W はちょっときつかったかな。

#3 [dept] kernel update

身の周りのマシンのカーネルをワラワラと更新。

#4 [labo] OES 結果解析

324nm のピークは 435 ch あたり、 510nm のピークは 976 ch あたり。 いずれも 0 スタートでのカウント。

この両側±3 ずつ取って、7 点に対して gaussfit を呼べば良い。 結果は、
測定位置 A B C W
というデータにして、ディレクトリに 435ch.dat, 976ch.dat という名前で出力すれば良いだろう。 perl から gaussfit に stdin を与え stdout を利用するには、 IPC::Open2 を使えば良い。詳細は Perl クックブックの レシピ16.8 (p.581)。

#5 晩小屋

マンガ引き渡しで西荻窪で小野澤さん・吾妻さんと待ち合わせ、 晩小屋へ。 ブリの刺身、カマ焼き、ブリ大根のブリシリーズが大変うまかった。 ご馳走になってしまいました。ありがとうございまする。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月12日() [n年日記]

#1 普通の日記

8:00 に起きて朝飯を食べ、風呂に入ったら湯疲れして昼寝。 14:00 に起きて餅で昼飯にしてまた風呂に入って寝る。 温泉モード、というか、どうにも体の芯が疲れている感じ。

夕方から大学へ。吉祥寺 T-ZONE で switching hub と ついでにケーブルを 1, 2, 3, 5 m 二本ずつ。 8ポートの電源内蔵 hub が4000 円しなくなっているのか、すごいなあ。

大学前のローソンに寄ったら藤本くんがいた。

#2 [freshmeat] 1/11 分の新着メールから

#3 [debian] window manager & gnome2

安部さんから sawfish は安定していない というコメントをいただいた。 確かに使っているのは sawfish でした。 こちら に書いてあった
9. How do I switch from sawfish2 to metacity?

Currently, the only way to switch window managers is to kill the one that's running, start the window manager of your choice and save you session. Example: 'killall -9 sawfish; sleep 1; metacity &' and then save you session. You can save your session by running the 'gnome-session-save' command or by logging out and checking save session in the logout box.
で metacity にして、ちゃんと window resize ができるようになりました。ありがとうございます。

この辺は debian 本家の方でも いろいろ あったみたいですね。

#4 [dept] 学科サーバ

apdrelay:

電源を入換えて 2.4.20 にアップグレード。

proxy:

2.2.20 にアップグレード。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月13日(月) [n年日記]

#1 [URL] Galeon: Smart Bookmarks

Galeon handles Smart Bookmarks quite elegantly. In light of that, we offer this archive of bookmarks that others have thought handy. To add one, simply right click on the image or the link and choose "add bookmark".

#2 自戒 (じかい)

「自戎」という間違いを複数箇所で見たのだけど、 どこかの IME の辞書に間違って載ってたりするのだろうか?

#3 [labo] OES 結果解析

gaussfit は stderr も使っていたので、 Perl クックブックのレシピ 16.9 の方、 IPC::Open3 と IO::Select を使うやり方で。 出ていた例を丸写ししただけで動作。ありがたや。

できた。~/data/03oes/2003-01-09/sroes.pl しかし (いつものことだが) 自分にしか読めない perl コードになってしまったな。

むー、やはりターゲットから離れたほうが 510 の相対強度が大きくなってるなあ。 やっぱりターゲットから離れたほうが Cu 密度が低いのかな。 直感的な理解 (=拡散によって薄くなる) とは逆なのだけどなあ。 まあ背景だけでも予稿にはなるだろうから、さっさと書こう。

いや、そういうわけでもないか。 ターゲット近傍は 324 が強くて、一番 510/324 が大きいのは 5mm 上あたりかな。いい感じか? そんなことはなかった。むに。

一応こっちの予稿は書きおわり。

#4 [labo] MgO 予稿

うへ、どうも合わないと思っていたら、 lorentz 関数のところにでっけえバグがあった。 屈折率が波長依存性を示さないので気がついた。藤本くんごめん。

#5 [labo] 応物申込

done。 boss も今日来ていたので、提出前に見てもらえた。 返信メールは +misc/2353〜2356。 パスワードは秘密日記にもメモ。 しかし 10 分も開けずに申し込んだ 2 件の講演番号が 4854 と 4883 だからな。 かなりの殺到ぶりとみた。

pdf 送信は ssl 経由だと dns エラーになってビビったが、 暗号化無しの方で送ったら無事に受理された模様。

17:00 になったらページごとズガっと止められるかと思ったら、 まだアクセスできるみたいだな。

#6 [labo] sroes 測定コマンドマニュアル

書いた。 ほんとは roff で書くべきだったかなあ :-)

#7 [URL] 田中耕一さんの研究内容。

わかりやすい。 工藤研なら guidance とか recruiting に使えそうだ。

#8 [dept] 液体窒素当番

出てきてたので、フォルダを受け取ってしまう。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月14日(火) [n年日記]

#1 [labo] Vacuum Products 訪問

行きがけ、交差点で左にいた *1 車二台が信号の変わった後に直進し、 交差道路の右側にいた白バイに二台まとめて捕まっていた。 デイツーに寄っていろいろ買い込んで登校。
*1: 自分は右折車線にいた。

#2 [linux] カーネル 2.4.20

うちは都合 8 台 2.4.20 にしましたが、特に問題なく順調に動作しています。 ちなみに tarball を直接とってきたのではなく、 それぞれ woody, sid の kernel-source-2.4.20.deb です。

その debian のカーネル 2.4.20:

なんか最近 debian varsion が続けざまに上がってるなあ。

#3 [labo] PC

最近利用率が上がってきたので h2, h3 を LAN に戻す。 VB6 の入ってた h2 の windows update に disk 不足で失敗、 適当にコントロールパネルから hotfix を消したら立ち上がらなくなった。 しょうがねえ、あとで g4u で書き戻そう。

#4 [JM] minori

定例メンテナンス。昔のアーカイブを消す。 あと一部の perl スクリプトに
ENV{'LANG'}=C
を追加、んでもって Makefile にあった、 これらのスクリプトに対する依存を削除。

#5 [dept] 実験成績集計

最終的な実験担当表をもとに、 このとき の手順で $(teacher)-final.xls を作成。

#6 [linux] mime-construct 上級編

プレインテキストの preamble に xls ファイル 2 つを添付して送りたい場合の処方箋。
mime-construct --header "From: nakano@apm.seikei.ac.jp" \
 --to nakano@apm.seikei.ac.jp --subject 'EXP1 Report Table' \
 --type "text/plain; charset=iso-2022-jp" --encoding 7bit --file 'nkf -j preamble.txt |' \
 --type application/vnd.ms-excel --attachment nakano-final.xls --file nakano/nakano-final.xls \
 --type application/vnd.ms-excel --attachment 2002exp1.xls --file ../2002exp1Report.xls
という感じで実行すればよい。 --file が添付するファイルのオプション。 これは man mime-construct にある "Part Output" のひとつ。

この part に対するオプションを "Per-part Header" で与えることになり、 これが上記の --type とか --encoding とか --attachment とか。 ここで
Each of these applies only to the next part output. After each part is output they are reset to their default values. It doesn't make sense to use them without a following part, so mime-construct will sputter and die if you try to do that.
であることがミソ。

ちなみに --attachment に与えたパラメータは
Content-Disposition: attachment; filename=FUGAHOGE.xls
の FUGAHOGE.xls になる。 --encoding は特に指定しなければ適当に選んでくれるようだ。 --type は debian なら /etc/mime.types を見るとよさげ。

#7 [labo] 今日の卒研

藤本君、尾崎君:

MgO の AFM 測定。 ちと stub がずれててプローブのトライアングルが隠されてたり、 例のチリチリ振動が起こったりで、あまり捗らなかった模様。 だんだん慣れてください。

岡田さん:

テフロンスパッタ。2x10^-2 Torr (表示値) 50W 1h。 今日はちゃんとできたかな?

しかしどうも内壁でチラチラ異常放電が起こっているのが気になる。 こないだはターゲット周りのリングで起きていたが、 今日はアングルバルブのあたりだった。 緑色に光る。絶縁膜だし F が入ってるプラズマだから、 いろいろ厳しいのだろうが。

テフロンのスパッタは金原先生たちもいくつか学会発表していたようなのだけど、 論文にはなってるかしらん。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月15日(水) [n年日記]

#1 [labo] h2 (PC)

g4u cloning して、サーバで smbpasswd -x h2$; smbpasswd -a -m h2 したのち、ホスト名を変更してドメインに再参加させた。

#2 [Windows] Documents and Settings 以下の個人ファイルを消す

h3 のを消したら 1G 近くも disk が空いた。 しかし administrator で入っても
  1. プロパティ→セキュリティ [詳細]→所有者 で「サブコンテナとオブジェクトの所有者の置き換え」にチェックを入れてから所有者を administrator に変更
  2. 実際に削除
  3. ゴミ箱に入ったのをもう一回削除
という手順が必要。一手一手でいちいち待たされ、非効率このうえない。

#3 生活時間帯

せっかく超朝型になったのに木阿弥か。 まあ予想通りではあるが、試験期間は早起きのほうが都合いいんだけどな。

という訳で(?)研究室に泊まってみた *1 。2:00-8:40 睡眠。
*1: 眠くなって帰るのが面倒くさくなったともいう。寒いし。

#4 [labo] OES 測定

film 設定:

測定をしてもらうユーザに適宜権限を委譲。
% addgroup scsi
% chown root.scsi /dev/scsi
% chmod 660 /dev/sg0 /dev/ttyS0
して、scsi グループと dialout グループに kodyssey, hideaki を追加。

aic7xxx.o がロードされてなかったので /etc/modules に追加。

位置合わせ:

5mm 単位で動かし、ch435 のピークを見ながら左右に微妙に移動。 pmameas に --width オプション (測定範囲を限る) がいるな。

測定:

1 Pa (表示値) 50W で。bottom は -7mm、そこから 5mm おきに +18mm まで。 基板ホルダの有無の効果を見てもらう。

#5 [linux] rwiki と mod_encoding

mod_encoding を入れるとやっぱり rwiki の文字化け が起こる。 どうやら 検索語によって namazu が not found になる のも同根の問題らしく、 あきらさん に教えていただいたところ、解決策は こちら とのこと。

自分は httpd.conf の LoadModule encoding_module の行をコメントアウトして解決にしたが、 一応 BTS もしておいた。

この件に関する あきらさんのコメント 。つうか日記はじめたんすか :-)

#6 [labo] 今日の卒研

上記 OES 測定のほか。

岡田さん:

試料取出しの実演。 テフロンはやや茶色がかった膜になっていた。一応向こうは透けてみえる。

佐藤くん:

実験結果の解釈について+明日の実験の打合わせ。

rwiki:

研究室の方のに、各種連絡用のページを作ってアナウンス。

#7 [debian] gnome2 @ tp600x

自宅のノートは長いこと gnome 1.4 で hold していたが、学校の gnome2 環境が ほぼ問題なくなった ので、こちらも gnome2 にしてみた。 gnome-control-center (2.0.3.2-1) と gnome-panel-data (2.0.11-2) で /usr/share/pixmaps/advanced-directory.png が conflict していたので、前者を --force-overwrite でインストールしてしまった。 学校では衝突してなかったんだけどなあ。なんでだろ。 nautilus は起動しないことにした。というか remove した。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月16日(木) [n年日記]

#1 [Windows] Winbiff 2.4.2 リリース

V2.41からV2.42への変更点(2002/12/10)
変更点 修正した不具合 

#2 [labo] 今日の卒研

佐藤君:

XPS 実験用 Cu, In 蒸発源のチャージ + In 蒸発源の焼き入れ。
取出してミニチャンバーに設置するときに In 蒸発源の頭が折れた(泣)。

工藤さん:

出てきたレポートにコメント付け。

#3 [freshmeat] 1/15 分の新着メールから

#4 [JM] mirrordir.1

空き時間にちょっとずつやってたのでだいぶかかったが、 やっと終った。 んー、man -l -Thtml mirrordir.1 で変換したのだけど、 .nf のあたりとか、ちょっとおかしいところがまだあるかなあ。 roff 版は こちら

うへ、いきなりだいぶチョンボってた。なおしました。

#5 [CD] "Angel Beetle" The High-Lows

最高。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月17日(金) [n年日記]

#1 [LDP] 1/8〜1/17 の updates

updated FAQ:

updated HOWTOs:

#2 [JM] mirrordir.1

さらに修正(^^; して cvs commit。

#3 モンティ・ホール・ジレンマ

小松さんのとこ から。なるほどおもしろい。
あなたがゲーム番組へ出ていて、3つのドアのうち1つを選ぶとします。1つのドアの後ろには車があって、あとの2つのドアの後ろにはヤギがいます。
あなたはドアを1つ、たとえば1番のドアを選んだとします。番組の司会者は残ったドアの1つ、例えば3番のドアを開けます。司会者は、それぞれのドアの後ろに何があるのかを知っています。3番のドアにはヤギがいました。ここで司会者はあなたに、「2番のドアに変えますか」と聞きます。
さて、2番のドアに変えた方がいいでしょうか。

この問題は、
A君とB君がいます。A君は素直に1番のドアを選びました。しかし、B君は残りの2つのドアを選ぶと言い張ります。揚句の果てに、司会者に1つに決めるから、ヤギの入っているドアを先に教えてくれと頼む始末でした。司会者はいい人で、3番のドアを開けてヤギが入っていることを教えてくれました。B君は2番のドアを選んで、こう言いました。「これでA君と同じように3つの中から1つのドアを選んだんだ。公平だろ」と言いました。
あなたは、A君の立場を選びますか、B君の立場を選びますか。
という話と等価である。
B君の立場の方が有利であることは言うまでもない。
うーん、いまいち納得できん。ほんとに等価か? というわけでちと google ってみた。

法医学実習によるモンティ・ホール・ジレンマの理解:

「選択を変えない場合に当たる確率は1/3。選択を変えてハズレるのは最初に当たりを引いていた場合で,それ以外は当たるわけだから選択を当たる確率は1-1/3=2/3となる。したがって選択を変えた方が有利」j

モンティ・ホール ジレンマの誤解:

ruby プログラムやリンクがある。

或いは科学的な日々:

2002-01-22〜24 にかけて。
結局,答えを知っている相手(司会者)による選別を経たほうが確率が高いということだ.自分が最初に選んだ一つだけは相手の選別の対象となっていないので,確率が上昇しない.

The pleasures of probability:

八田(ま)さんのとこ で紹介されていた本。 むー、ペーパーバックはないかいな。

#4 [URL] サンバック

真空装置メーカ。DM から。

#5 [labo] PC 修復

k2 が立ち上がらなくなったとのことで、 件のマシンの hda2 に入れといた norton ghost イメージを書き戻して *1 さっくり復旧。 ついでに h1 にも g4u イメージを書き戻して諸々設定。 これはバックアップマシンだな。
*1: フロッピー起動して local→partition→from image と選び、 destination に new ではなく 1st drive の 1st partition を選ぶ。

#6 [linux] ssh -N

-N      Do not execute a remote command.  This is useful for just
        forwarding ports (protocol version 2 only).

#7 [labo] VP 電話

来週火曜日に電話してくれるとのこと。水曜日は試験監督が無いから、 水曜日にいけるとありがたいのだが、と伝えておく。

#8 [paper] PRL 90(1)

Reversing the Brazil-Nut Effect: Competition between Percolation and Condensation:

We report on experiments on vertically shaken binary granular mixtures, which separate into their components due to the external excitation. This well-known phenomenon, where large particles rise to the top of the mixture, is called the Brazil-nut effect. Recent theoretical findings predict also a reverse Brazil-nut effect, where large particles sink to the bottom of the container. We choose spherical beads of various diameters and materials in order to observe the transition from Brazil-nut effect to its reverse form. The direction of demixing depends sensitively on the external excitation, so that it is possible to switch between both effects for a given mass density ratio.
実験報告。おお。

Rapid Roughening in Thin Film Growth of an Organic Semiconductor (Diindenoperylene):

The scaling exponents α, β, and 1/z in thin films of the organic molecule diindenoperylene deposited on SiO2 under UHV conditions are determined. Atomic-force microscopy, x-ray reflectivity, and diffuse x-ray scattering were employed. The surface width displays power law scaling over more than 2 orders of magnitude in film thickness. We obtained α= 0.684±0.06, β= 0.748±0.05, and 1/z = 0.92±0.20. The derived exponents point to an unusually rapid growth of vertical roughness and lateral correlations. We suggest that they could be related to lateral inhomogeneities arising from the formation of grain boundaries between tilt domains in the early stages of growth.

Optical Properties of Ultrathin Films: Evidence for a Dielectric Anomaly at the Insulator-to-Metal Transition:

Optical properties of ultrathin layers (<50 Å) of Au and Pb quench condensed on amorphous germanium (α-Ge) have been measured in situ at 10 K. The development of these films from an insulating state to a metallic state is traced as a function of the film thickness as well as the sheet resistance, R□. Of particular interest is the regime of R□ near 3000 Ω where there is an anomaly in the optical transmission. This anomaly is due to a singularity in the dielectric function when the system undergoes an electronic percolation or insulator-to-metal (I/M) transition.

#9 [paper] APL 82(1-3)

実際に拾ったのは全部 No.1 から。

Nanoindentation of silicon nitride: A multimillion-atom molecular dynamics study:

Nanoindentation of crystalline and amorphous silicon nitride films is studied using 10-million-atom molecular dynamics simulations. A rigid pyramid-shaped indenter tip is used. Load-displacement curves are computed and are used to derive hardness and elastic moduli of the simulated crystalline and amorphous films. Computer images of local pressure distributions and configuration snapshots show that plastic deformation in the film extends to regions far from the actual indent.
力技。

Time of flight secondary ion mass spectrometry study of silicon nanoclusters embedded in thin silicon oxide layers:

Si nanoclusters have been formed by 5 keV Si+ implantation at a fluence of 1×10^16 atoms/cm2 into a 200 Å thin thermally grown SiO2 film on Si (100), followed by thermal treatment at 1000 ℃ with different annealing times. All the annealed samples show a broad photoluminescence spectrum with increasing intensity as function of annealing time. The use of a dual beam time of flight secondary ion mass spectrometry in negative mode with Cs+ ions at low energy for sputtering allows us to observe variations in Si_n- signal due to excess of silicon atoms introduced by implantation. With the high sensitivity achieved using this instrumental configuration it is possible to follow Si signals which give information about the chemical enviroment of the Si atoms. The possibility of studying the time evolution of the nucleation and growth of nanoclusters has been investigated.
Sin- クラスターのシグナルがミソ。

昨日か一昨日の日刊工業新聞に載ってたネタだが、 群馬大のグループが Si と SiO2 の co-sputter で Si ナノクラスター分散 SiO2 を作っていたな。

Direct evidence of a buried homojunction in Cu(In,Ga)Se2 solar cells:

The built-in electrical potential of Cu(In,Ga)Se2 (CIGS) solar cells was measured quantitatively and resolved spatially using scanning Kelvin probe microscopy. Profiles of the electrical potential along cross sections of the device demonstrate that the p?n junction is a buried homojunction, and the p/n boundary is located 30?80 nm from the CIGS/CdS interface in the CIGS film. The built-in electric field terminates at the CIGS/CdS interface, indicating that the CdS and ZnO layers of the device structure are inactive for the collection of photoexcited carriers.

#10 [paper] JVST 20(2)

去年の March 号。うひ。

Gas heating and throw distance for the sputter deposition of aluminum and tungsten:

The throw distance of Al and W atoms was determined (A) by investigating the pressure-dependent deposition rate and applying the Keller-Simmons one-dimensional model. The power density at the target as a parameter was varied over more than one order of magnitude. Whereas the values determined for Al are not influenced by power, the values for tungsten strongly increase with power. This effect is related to strong gas density reduction related to gas heating for W sputtering, which reduces the probability of collisions between sputtered atoms and the gas. The gas heating was experimentally determined by simultaneous measurements of the pressure in the sputtering chamber and at the end of a tubular probe inserted into the hot plasma region. For tungsten, a strong heating and related gas density reduction was found. An analytical expression describing the spatially resolved temperature profile in a sputtering discharge is developed by means of the Keller-Simmons formulas. The influence of various process parameters on gas heating can be easily studied by the model. There is good agreement between the model calculations with the experiments performed as well as with Monte Carlo simulations and experimental findings from the literature. Forward simulations by the model result in a power-independent throw distance (B) for both elements, which are in agreement with the values (A) resulting from the pressure-dependent deposition rate. Existing differences are explained by the rough assumptions of the model, which is critically discussed.
Al だとほとんど効果がないというのがちょっと意外。

Cross section for removing chemisorbed oxygen from an aluminum target by sputtering:

By chemisorption of oxygen on an aluminum target, an absolute target voltage increase is noticed which can be attributed to the reduction of the secondary electron emission from the target. By following the target voltage behavior during magnetron sputtering of the aluminum target precovered with a chemisorbed oxygen layer, the cross section for removing the chemisorbed layer could be calculated based on a proposed model that relates the measured target voltage to the target coverage.

Ion energy distribution functions and Langmuir probe measurements in low pressure argon discharges:

Using an energy selective mass spectrometer, ion energy distribution functions (IEDFs) in a low pressure radio frequency (rf) argon discharge have been measured. This experiment has been done in the diffusion chamber of a helicon source. Two kinds of IEDF have been observed depending on the gas pressure: classical "one-peak" spectra at high pressure (>1 μbar) and "two-peak" spectra at low pressure (<1 μbar). These results have been correlated with the plasma potential and density profiles along the axis of the reactor obtained with a Langmuir probe and the IEDF have been fitted using a simple analytical model. In this way, noncollisional diffusion of energetic ions from the source chamber to the diffusion chamber has been shown.

#11 オーストラリアドル

証券会社のおねーさんから、 10 年もののオーストラリアワラント (年利 4.5% 相当) を勧められる。 ただちょいと 交換レート を調べてみたら、豪ドルって円に対しても 結構下がってる んだな。 今回は見送りかなあ。豪ドルはあまり使いがいもなさそうだし。

#12 [labo] アートビジネス

昨年末 のメールの件をプッシュ。あと牧君が ANSYS 使ってる PC の メモリが足りなさそうなので、256M の追加分を購入依頼。

#13 [labo] 今日の卒研

工藤さん:

レポートにコメントして、卒論にまとめていく方向を話す。 来週いつか CT 計算の実演。

佐藤君:

昨日折れた In 蒸発源の代わりに、新しい奴にチャージ。 しかし取出してみたら充填率が足りなかったという罠で、 現在再チャージ中。22:00 までに終るかな。 終らなかった。23:00 終了。

#14 [JM] 今日の post

蒸着装置の終了待ち時間を利用して、mirrodir の forward.1 。おもしろいな。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月18日() [n年日記]

#1 [dept] センター試験

8:50 集合、17:30 終了予定。

終った。腰いてえ。
ちなみに担当の部屋はキャパ 90 で、 受験者は 英語 86、地歴 44、数1 45、数2 37 であった。

#2 [labo] Cu-In XPS

試験監督の合間にサブチャンバーのベーキング、 終って蒸発源のガス出し。 詳細はノートに書いてあるが、 という感じ。

#3 誕生日

でした。

どもども :-)
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月19日() [n年日記]

#1 holiday

1 日フルの休みは 1/5 以来。 明日返却の実験レポート (最終回分) の採点をしつつ、 採点に飽きたら Let's ブラボーミュージックスペースチャンネル 5 など。 ゲームしてる時間のほうが長いがな。

不在時に配達されていた奈良方面からの荷物を郵便局まで受けとりに。 ありがとうございます。

そんなこんなしていたら床屋に行きそこねた。

晩飯はなんとなく土鍋で粥を作ってみた。 米:水 = 1:5 で 60 分水に漬け、 強火で沸騰させて弱火で 1h。

スペースチャンネル 5:

「チュー!」ってのは "shoot!" のことだったのか?

Let's ブラボーミュージック:

曲クリアの達成感が第一作に比べて薄い分、 ややルーチンワーク的かも。

#2 [dept] 第一実験レポート採点

というわけで終了。 ずいぶん進歩した人がいる一方で、 全然ダメな人もちらほら。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月20日(月) [n年日記]

#1 [JF] Debian Jigdo mini-HOWTO

リリースされた。

#2 [dept] 試験監督

1 限 物理情報演習第 II:

ねむい。

#3 [labo] Cu-In XPS

今日は 65%。9:30 から。

Ar ボンベのバリアブルリークバルブがフルクローズになっていなかったようで、 いつもの調子で 1 回転〜としていたら MC の圧力を 10^-4 Torr まで上げてしまい、インターロックを落としてビビる。 閉めてポンプその他再起動、10^-9 Torr まで通常のペースで下がったので、 特に問題は無さそうだ。

佐藤君に基板エッチングをまかせて試験監督の続き。

Cu に続いて In depo。最初 cv で上げたらまた成膜速度の振動が出たので、 cc でやってみたら安定した。なんでだろうか。

13:40 から加熱前 depth profile。あとはおまかせ。

17:00 まで測定。 In/Mo がいつもに比べてだいぶ高い。 Mo のシグナルが小さいのかな。

うーん、加熱後の depth profile を見ても、 要するにやたら In が多いような。

10:30 に測定終了。最後 X 線源の循環水の都合で 30 分待機する必要があるのを忘れてた...

#4 [dept] レポート返却

12:10〜12:50。 予想通り時間を間違えていた学生がおり、 明日も部屋をあけることに。やれやれ。

#5 肩コリ

首から左肩にかけて。やばいな、いつもの風邪の予兆のような気がする。
ちょっと寝たら少し良くなった。しかし暫く試験監督があるし、気をつけないと。

#6 [labo] 丸地君来室

所用で東京に出てきた、とのことで寄ってくれた。 いろいろ興味深い話 (特に内容を秘す) を聞く。

#7 [labo] 高城さん来室

i1124 を渡し、 加熱制御電源の仕様 (0〜500℃、0〜500W、2 段分のオープンラック) について話す。見積りを出してくれるということに。 メモリも今日明日入荷とのこと。

#8 [labo] AFM トラブル

ステージ昇降が変だ、という報告を受けて見に行く。 ステージはよくある、ステッピングモーター+ボールねじによる昇降。 通常はソフトウェアの up/down ボタンを押すと動き、離すと止まる。 ところが down ボタンを押すと、 down 方向に本来とは違う遅い回転をし、 ボタンを離しても止まらない、という症状。 ソフトウェア的には停止できない。EIU の電源 off/on と、 Windows ごとのリセットが必要。

ちとばらしてみたが、特におかしなところは見当たらない。 どうもこれは上側のリミットセンサが入ったときの挙動らしい。 上げすぎてボールねじが固く嵌まってしまい、 モーターの回転がギヤの空回りで伝わっていなかったので、 あらゆる動かなくなったのだろう。 手動でネジを下げ、リミットセンサを解除したら無事に復旧した。 (その辺の写真)

明らかにソフトウェアのバグなんだけど、 いまうちにあるハードウェアは古いので ソフトウェアも古いバージョンのしか使えないし、 以前別件で Quesant に聞いたときソースコード残ってないって言ってたから *1 運用でカバーするしかないだろうなあ。 「あまり上まで上げるな」ということで。
*1: ちょっと信じがたいが...

#9 [JM] secure-mcserv.1

XPS 終了手順の待ち時間を利用して訳出。 これで mirrordir は一通り揃った。

#10 貴乃花引退

日記的記録として。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月21日(火) [n年日記]

#1 [dept] 試験監督

予備:

8:30 in。ねむい。
お声がかからなかったので 1h ほど寝る。

2 限 量子力学:

近先生の講義。 Druesedau 論文 を持ち込んで、ちと真面目に読み込む。

3 限 日本国憲法:

大教室。いろいろ *1 大変だった。

*1: 詳細は秘す。

#2 [paper] Druesedau 論文孫引き

The analysis of background gas heating in direct current sputtering discharges via particle simulation:

A particle-in-cell/Monte Carlo numerical model has been developed to simulate a direct current discharge self-consistently with the motion and thermalization of both energetic charge-exchange neutrals and sputtered cathode atoms. In the model the charged particle motions are considered in a self-consistent electric field. A one-dimensional glow discharge in Ar has been simulated for the cases of Al and Cu cathode. The background argon gas heating has been predicted, with the temperature rise being larger for the case of Cu cathode which is characterized by a higher sputtering yield than Al. The balance of power input into the gas due to the energetic neutrals, sputtered atoms, and ions is analyzed. The dominant contribution is from energetic neutrals. Comparison of the calculated fluxes of these three species at the cathode surface shows a great contribution of the energetic neutrals into sputtering of the cathode material. The effect of applied voltage has been also investigated. Lastly, the influence of the gas heating on discharge characteristics is discussed.
Srikov さん+南部先生。

Decay length of the pressure dependent deposition rate for magnetron sputtering:

The pressure dependence of the deposition rate for magnetron sputter deposition of various elemental semiconductors and metals was investigated by x-ray measurements on sputtered films and quartz monitor measurements. It was found that for all elements investigated the dependence of the rate on pressure-distance (pd) is well described by Φ=Φ0(1 - e^-cpd)/cpd. The value of c equals the inverse characteristic pressure-distance product (pd)0, which is the characteristics of the exponential decay of rate with pressure for low pressures. The experimental data of (pd)0 vary from 4.6 Pa cm for aluminum to 120 Pa cm for tungsten. It is shown that (pd)0 depend on both material specific properties and process parameters. The material specific properties are mainly the atomic mass and diameter, and the surface binding energy. The process parameters target voltage and power density act via the increase of the mean free path and the reduction of gas density, respectively, on (pd)0. As a first approximation, the characteristic pressure-distance product for argon as sputtering gas is proportional to the product of target atomic mass, average atomic energy and thermal mean free path.
Druesedau の関連論文。

Quantitative study of the thermal transpiration effect in vacuum gauges:

Pressure measurements in the range of low and medium vacuum are conveniently and accurately performed by mechanical instruments which detect pressure-induced deformations. The stability of both calibration and zero setting are considerably improved by operating the transducers at a stabilized elevated temperature. Due to thermal transpiration the temperature difference between transducer and vacuum vessel may cause a pressure difference which depends on the pressure itself, the geometry and surface properties of the interconnection, and also the gas species. In order to determine the vessel pressure, the empirical correction formula of Takaishi and Sensui has proved to be successful. Our accurate measurements reveal for the first time a minor, but systematic failure of this correction procedure. This failure is attributed to an improper application of the formula, i.e., the disregard of the specific surface properties of the interconnection. To overcome this deficiency, we suggest using fitted values for the temperature and diameter which appear in the formula, instead of actual values. By this procedure the systematic deviations are removed, and the Takaishi and Sensui formula allows description of our vessel pressures better than 0.1%.
パイプを通して局所的な圧力を測定するときに重要な論文。

#3 [paper] AIP backfiles

うげ、AIP の online subscription で 1997 以前のフルテキストにアクセスするには extra charge がいるんか。 APL, JAP が $55, RSI が $35。 まあしょうがないか。申込メール (+misc/2359)を aip へ。

#4 図書館

というような わけで久々に図書館に行ってコピー。 ついでに ローマ人の物語 11 巻 の件を push してみたり。

#5 [labo] XPS 蒸発源作り

ドライヤーが見当たらないので佐藤君に買いに行ってもらう。

#6 [labo] Vacuum Products

電話。温調ステージ用の Cu 基板ホルダはできた由。 ケーブルはもうちょい。

#7 [labo] 新スパッタ装置水道ライン

温調ステージに冷却水を通さなければいけないのをすっかり忘れてた。 「3/8" オス - バルブ - 1/4" メス」となるセットが必要 (その辺の写真) 。 明日 VP のついでに横内管財に寄ってみよう。 駄目だったら 小泉機器工業 に注文、と。

#8 [labo] 位置分解 OES 測定プログラム

pmameas にオプションを 3 つ追加。 詳細は マニュアル の §2.3 を参照。

#9 [labo] rmdb

sid で動かなくなって *2hold してあった postgresql を upgrade したら db が消えた。 まあ pg_dump は定期的なものをとってあるので、 いいかげん woody マシンのどれかに移動することにしよう。

ということでとりあえず rwiki に過去の経緯をまとめてみたり。
*2: 実は mod_env が効いてなかっただけのようなのだが。

#10 [proverb] 布団から 出られぬのだと うめく父

コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月22日(水) [n年日記]

#1 [LDP] 1/21 の updates

new HOWTO:

updated HOWTOs:

#2 [labo] お出かけ

バキュームプロダクツ:

Cu ステージ、仕切り板の受け取り。

横内管財:

3/8" アングル、1/4"-3/8" 変換継手、1/4" バルブ を 2 セット。 ゲートバルブなのでちょっとでかい。

#3 [labo] 新スパッタ装置ステージ交換

13:00 から 14:30 までかかってバラし終わる。
15:00 から組立て、17:00 まで。
真空に引いてリークチェック、特に問題なし。

作業手順写真:

各ページに解説つき。

gphoto:

上記でいくつか手順前後があったのでファイルを並べ替えたかったのだが、 ファイル名を変えてもだめだった。 どうやら gphoto は単純にディレクトリエントリの順にファイルを並べるようだ。 ということで新しくディレクトリを掘ってそこにファイルを順番にコピーし、 そのディレクトリを gphoto の作業対象にすれば OK。

#4 [labo] 新スパッタ装置水道配管

温調ステージの冷却配管。 買ってきた金具を尾崎君に取りつけてもらう。 しかしチューブ用の金具は 1/4" ではなく 3/16" だった。うへ。

#5 [labo] AFM 装置メンテ

一昨日 ステージの修理をした後、fast up 時に移動が引っかかるとのことで開けてみる。 ベルトの張り具合を調整、レベルもモーター側とギヤ側であってなかったので調整。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月23日(木) [n年日記]

#1

自宅〜国分寺、吉祥寺〜学校をヨロヨロしながら歩く。 朝からとても疲れた。

#2 [dept] 試験監督

2 限 情報通信工学第 I:

電気の桐澤先生の講義。 再履が多いせいでか大教室だったのでお手伝いのかたち。

5 限 薬学概論:

60 分の試験@大教室。 経営と物情の会場を担当。 こないだの 日本国憲法 の試験の時にも感じたのだけど、 今年の物情の 1 年生は試験を受ける態度がとても良くて、 大変好感が持てる。 一緒に監督した教養物理実験の清水さんに聞いてみたら、 実験の時の態度もいいらしい。将来が楽しみ。

#3 [labo] 新スパッタ装置 温調ステージ関連

水道:

VP の大橋さんに電話したら、 実は 3/16" ではなく 1/8" だったことが判明。ダメスギ。 VP に取り置きがあれば、明日行きがけにもらえるようお願いする。 小泉機器工業にも電話して、明日入荷ということなので 6 個頼んでおく。

テスト:

ガラス基板にサーモラベルを貼り付け、加熱・温度測定の配線をして真空引き。

尾崎君に実測を頼んだ。 備えつけの温度計で 130℃、取出して基板を見てみたら 85℃までマークされていた。ううむ、やはり結構違うな。

温調コントローラ:

アートビジネス高城さんから見積りが来たので、 いくつか追加希望を出して返信。 また返信が来たのでその方向でお願いするよう再返信。

#4 [labo] 江成君修論

first draft を見せてもらう。いろいろコメント。 論文のできはかなり期待できそうだ。

#5 [labo] OES 結果解析

C プログラムの gaussian フィッティングエンジンに、 パラメータの動作範囲リミットをオプションとしてつけてみる試み。 1999/06/01 のプログラムか。ヘタだ(笑) まあ Numerical Recipes in C の amoeba.c 用サンプルプログラムを コピって来ている時点で既に絶望的だが。

make が通ったところで終了。 テスト+デバッグは明日。

#6 帰り

正門を出たらバスが前方の五日市街道を通過。 歩いて吉祥寺まで到着したら、東小金井で人身事故とかでダイヤ乱れまくり。 しかも 1 番線と 3 番線のどっちが先発かはっきりせず、右往左往して 3 本も反対車線の電車を見送ることに。ドクダミ光線 *1 を周囲にまき散らしつつ、 国分寺からまだ所々雪の残っている道をヨタヨタと歩いて自宅に帰った。
*1: (c)椎名誠
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月24日(金) [n年日記]

#1 はてなアンテナ

cgiboy の日記 の更新時刻も取れているようだ。どうやってるんだろ。

#2 [linux] TP600X の HDD

異音が。うひー。 とりあえず /home/nakano を tar で固めて windows マシンへ転送。 cvs のやつは update を確認して -X オプションで exclude。 〆て 66M ほど。 無事転送完了。ふー。 音も止まったけど、さっさと流体軸受の大きいのに交換しよう。

#3 [URL] COOKPAD

レシピサイト。 すごい数。検索にコツがいりそうだ。

#4 バキュームプロダクツ

1/8"-1/4" のブッシをいただき、世間話をして学校へ。 途中郵便局に寄る。

#5 [paper] NEW SWIFTER SWITCHING

Phys. Rev. Focus:
A collaboration of researchers has flipped micron-sized magnets as quickly as their fundamental speed limit will allow. In two papers published in the 10 January print issue of PRL, the researchers describe applying an ultrafast magnetic field pulse to reverse micromagnets almost as fast as the switching of a bit on a Pentium chip. But unlike silicon circuitry, a magnetic switch preserves data without the need for a constant power supply. The work strengthens hopes that fast and efficient magnetic memory could soon replace technology used in mobile phones and digital cameras.
ほー。

#6 [labo] 新スパッタ装置温調ステージ関連

温度コントローラ:

再度見積りを送ってもらったので発注。

水冷取り付け:

ちとプラグが固い。ベーキングのとき外すのが結構大変か。

#7 [paper] order of AIP online backfiles

fax sent, ~/mydoc-win/COMMUN/AIP1.doc

#8 [labo] 到着品

アートビジネスに頼んでおいたメモリ。宅急便にて。

#9 [labo] 買い物

小泉機器工業でブッシング受け取り。 LAOX 吉祥寺店でプリンタのインクカートリッジ。 2.5" の HDD も欲しかったのだが、 T-ZONE 吉祥寺店が閉店処理に入っていてまともなものがなかったので断念。

#10 T-ZONE 吉祥寺店閉店

というわけで 2/2 で閉じるらしい。 不況云々の前に、圧倒的に顧客サービスが悪かったからな。 しかしこれで PC パーツは吉祥寺では買えなくなってしまったのか。

#11 [labo] OES 結果解析

とりあえず gaussfit のバグは取れた。 しかし local minimum に落ち込んでしまうことがあるな。どこだろ。

わかった。initial simplex 作るところで x が 0 になっちゃうことがあんのね。いつものやつか。 適当に場合分けして足すのと掛けるのとにして解決。

以下のようなスクリプトの出力を喰わせてみた。 パラメータをいろいろいじってみたが、 とりあえずそれらしい値に落ち着くようだ。よしよし。
#!/usr/bin/octave -qf
A = 1;
B = 1.3;
C = 345.2;
W = 1.6;
N = 2;

channel = 340:350;
rndGauss  = A * exp(- ( (channel - C) / W).^2) + B + N * rand(size(channel));
[channel; rndGauss]'
行列とスカラーの引き算も期待通り処理してくれる octave って素敵だ。

#12 [dept] 床清掃

定期ワックス掛けが、今回は 2/28 である旨メール (+seikei/945) で連絡が来た。 今回は 3 月中旬からもう工事が入るから、 必要ない旨を業者の方に電話した。 当日不要の旨の掲示をしておくこと。

#13 [linux] GNU Octave - Spceial Utility Matrices

rand() の使い方。 使っている実装は RANLIB か。

#14 [labo] 再度バキュームプロダクツ

膜厚モニタホルダのケーブルが来て、組めたとの電話を受け、 19:30 頃伺って受け取り。 さて発振するか? そのまま直帰。

#15 [book] Perl データマンジング

ツタヤで見かけたので数ページ拾い読み。 意味が取れない文はないけれど、 ちと訳語の選び方に無頓着すぎる気がする。 聞き慣れないカタカナ言葉と妙に難しい漢語が絶妙に混ざり合っていて、 読み続ける気力がかなり削がれる。

#16 [book?] ひめくりあずまんが 2003

予約発注。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月25日() [n年日記]

#1 [labo] OES 結果解析

gaussfit のラッパースクリプトを書き直し。作業現場は ~/project/sroep。 できたやつは tiger と film にインストールした。

コマンドライン:

sroep [--directory=DIR] --cc=CENTER_CHANNEL --hw=HALF_WIDTH [--debug]

パラメータ決め:

gaussfit へのパラメータを決めているあたりのルーチンは以下の通り。 $imax と $imin は範囲での最大値と最小値、 $CCH はコマンドラインで与えた中心チャンネル、 $sigma は範囲の各チャンネルにおける標準偏差の最大値。
  my $AI = sprintf "%f", $imax;
  my $AU = sprintf "%f", 2 * $imax;
  my $AL = sprintf "%f", 0.3 * $imax + 0.7 * $imin;

  my $CI = sprintf "%f", $CCH;
  my $CL = sprintf "%f", $CCH - 2;
  my $CU = sprintf "%f", $CCH + 2;

  my $BI = sprintf "%f", $imin;
  my $BL = sprintf "%f", $imin - $sigma;
  my $BU = sprintf "%f", 0.7 * $imax + 0.3 * $imin;

  my $WI = sprintf "%f", 1.5;
  my $WL = sprintf "%f", 0.5;
  my $WU = sprintf "%f", 3.0;
W については決め打ち。

テスト結果:

適当にデータを拾ってきてためしてみたら、 2σを越えて暗電流より信号が小さいデータがやたらたくさんあるのだが... こいつがシャッターを逆にしてたというやつかなあ。

--debug:

オプションの処理には Getopt::Long を使っており、 --debug の処理は
$DEBUG = 0;
$result = GetOptions ("dir=s" => \$DIR,
                      "cc=i"  => \$CCH,
                      "hw=i"  => \$HWC,
                      "debug"  => \$DEBUG);
  :
if ($DEBUG) {もげもげ}
という感じ。

cvs import:

そのまま sroep というモジュール名で。

マニュアル:

セクションを追加して記述。

#2 ものもらい

右目が腫れて 1/4 くらい塞がっている。なんでだ?

寝て起きたが、やはりいまいち。 右上唇にできた口内炎 *1 もあいまって、ほとんど右顔面が麻痺状態である。

あいまって:

「あいあまって」かな?と一瞬迷って辞書を引いた。 「相俟って」らしい。

*1: 寝ぼけながら飯食っていて噛んだ跡。

#3 [labo] 膜厚モニタつきホルダ

本体に取りつける前に、とりあえず接続 (写真) してテスト。無事発振した (証拠写真) 。よしよし。 これでまあ、取りつけて 1〜2 日頑張れば、 一通りの議論ができるデータは取れそうだ。

大橋さんに結果を FAX→Fax2002/Vacuum-Products4.doc

#4 [labo] XPS 実験仕込

ちょうど装置のある部屋からの入搬出の真っ最中らしく、 扉の下部に段差除けのプレートが挟まっており、 鍵が固くなってて開かなかったので今日の作業はあきらめ。 佐藤君に連絡のメール。

#5 [URL] WinLPrt 6.04.10

インストールした。

#6 1434/udp

うちにも来てます→ ログ
MS SQL Server 2000 の穴 (NGS advisory) へのアタックらしい、と gotom HANZUBON 両先生に教えていただいた。なるほど。

/.-jp:

ワームか。ひさびさでんな。

#7 [labo] babagw の samba データ

film にバックアップしていたのだが disk full になってしまったので、 バックアップ先を tiger に変更した。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月26日() [n年日記]

#1 [JM] 今日の commit/post

procps の original を 3.1.5 へ。
free.1 を追随してポスト。

#2 [JF] kernel 文書関係作業

2.4.20 を ORIGINAL にインポート、作業を JF-CVS-README に追加。
Configure.help 2.4.20 関係の作業。

#3 ダメ

学校にいく予定にしていたのだが。 右眼ものもらいが治らないせいもあって調子が上がらず、 なんかウダウダ寝たり起きたりしているうちに夜になってしまった。ダメスギ。 やっぱ疲れてたのかなあ。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月27日(月) [n年日記]

#1

なんか試験監督の朝に限って雪やら雨やら。

#2 [dept] 試験監督

最後の 2 つは連荘。大変疲れた。

1 限 流体力学第Iおよび演習 A:

機械のお手伝い。必修だそうで受験者がたくさんいた。

2 限 工業材料概論第 II:

化学のお手伝い。これは 160 履修中 52 名。 35 分のダブルヘッダーというやや特殊な試験形態だった。

#3 [labo] AFM ステージのスケール

アクリルの定規を買ってきて φ4.5 の穴を開けてステージにネジ止め。 スケール端からステージ中心線までは 10mm。

#4 [labo] CuIn-XPS 仕込み作業

明日の蒸着に備えて圧力計と膜厚モニタはお持ち帰り。

#5 [labo] サイバネット 松永氏来室

ANSYS の実行環境などについていろいろ聞いてみる。 ライセンスキーの件を push。

#6 [labo] rmdb

無事復旧。.htpasswd で研究室 rwiki と同じパスワードプロテクトをかけておいた。
pg_dump の結果をそのまま食わすと、 別々のユーザでデータベースに connect するため、 ident エラーになってしまう。これどうするのがええんやろ。

#7 [URL] 鈴木商館

高純度ガス、シリコン基板など。 こちら でもシリコン基板の購入先のおすすめになっていた。

#8 人間万才 (再)

1 限から監督連荘その他で疲れたので、さっさと帰ることにした。 今日は吉祥寺経由なので、修論で煮詰まっている (けど今日は早く帰ることにしたらしい) 江成くんを誘って人間万才へ。 醤油らうめん+餃子。 醤油ラーメンは こないだの塩ラーメン よりは好みだが、 ちょっとたまり醤油風味のえぐみが食後に舌に残る感じ。 餃子はとても美味かった。

#9 [book] The Pleasures of Probability

モンティ・ホール ジレンマ の時の八田(ま)さんお勧めの本。到着したので帰りの電車で 件の car-goat problem を扱っている一章だけ読んでみた。 なるほど明解。 話題は各章ごとにまとまってるようなので、ポチポチ読もう。 しかし確率論って、結局解釈が現実に合うかどうかというところが勝負なのだろうか。 してみると数学とは言いつつ結構実験科学に近いのかも。

#10 ごはん冷凍

私は こんなの を愛用してます。 だいたい一回に 2 合炊いて 3〜4 回で食べきるくらい。

あと中華まん用の冷凍ケースも愛用しているのだが、 これはどこのメーカーのなのかな。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月28日(火) [n年日記]

#1 [hns] 日記ファイルタイムスタンプ付け直し

いちいち全部舐めるのもなんなので、以下のようにした。 ~/bin/touch-diary として保存。
#!/bin/sh
DIARYDIR=$HOME/text/diary

STARTYEAR=1999
CURRENTYEAR=`date +'%Y'`
YEARS=`seq $STARTYEAR $CURRENTYEAR`

if [ $# -ge 1 ]; then
  YEARS="$@"
fi

TODAY=`date '+%Y%m%d'`

for YD in $YEARS; do
  echo -n touching $YD...
  for F in $DIARYDIR/$YD/d????????.hnf; do
    BN=`basename $F`
    if [ $BN = d$TODAY.hnf ]; then break; fi
    TS=`expr substr $BN 2 8`
    touch -t ${TS}2359 $F
  done
  echo done.
done

#2 [cycle] チャリ登校

2 週間ぶりくらい。なんか目が痒い。 はやくも花粉症か?

#3 [labo] ANSYS ライセンスキー

boss からフォワードされてきた (+lab/2264) のでインストール。

#4 [labo] Cu 蒸着

岡田さんのヘルプ。

#5 [labo] スパッタ装置膜厚モニタ取り付け

こないだ の逆手順にて。今回は 1.5h ほどでできた。

ターゲット交換:

ぐへ、またエロージョントラックがターゲット突き抜けてた (写真1) (写真2) 。下地が Cu ブロックだからちゃんと見ないと分からないんだよな。 だいたい 100W 15h くらいでこの辺までいってしまうようだ。 おそらく尾崎君がつくってくれた試料の 昨日ぶん (120min) と今日ぶん (15min) は引っかかっているような。 昨日が 15min で今日が 120min だったらしい。

boss が部屋にいたので、見せて善後策をちょっと相談。 くらいかなあ、とりあえず。

#6 帰り

バス-電車-歩き。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月29日(水) [n年日記]

#1 行き

原付。さむい。

#2 [labo] CuIn XPS

8:10 start。 3514Åつけるつもりが、 膜厚モニタ値 2428Å で ran out of In source。 あれー? くそお、朝早く来て実験がうまくいかないと眠気が倍増するぜ。

佐藤君にサブチャンバーを取ってもらったら、 In はまだ蒸発源に残っていた。なぜだー。

ということで In は相当量が付いているのかな、 ということで測定も頼む。悪いことした。

加熱前プロファイルでイオンエッチングができていなかったらしい。 まあしょうがないなあ。経験と思って学んで下さい。

最後引き継いで終了操作。23:45 終了。

#3 [linux] MIFES for Console

ysjj さんのとこから。 一応 woody でも sid でも動いた。 でもいまさら常用する気にはならんかな。
うへ、ホームディレクトリに mi.ini とか作るのか。アホか。

#4 [labo] 写真撮影

工学部パンフのもの。自分は被写体にならなかったので椅子に座って仮眠していた。

#5 [labo] 卒研関係

忙しい。そして眠い。どんどん機嫌が悪くなっていく。

工藤さん:

coaxCT に LP.m を組み込む。 フィルタのところを変えて結果を見てもらえるように指示。

尾崎君:

q_rms256 のラッパを tiger:/usr/local/bin/rms として作る。

中島君:

膜厚モニタを組み込んでベーキング 11:45〜13:15。13:45 に水流して 15:15 スタート予定。

1Pa 100W で 30 min プレスパッタして基板下げようと思ったら、 シャッターが引っかかって開かずに死。 作業前に田中君がシャッター閉まった状態でステージを降ろしてしまって 一度ひん曲がり、曲げ戻してもらったつもりがちゃんと直っていなかった。 うえーん。

とりあえず再度のひん曲げ覚悟で降ろして測ってみる。 距離によって 25〜9 Å/s くらい。なかなか良さそうだ。 一回の測定の間に XTAL の consumption は 2% 上がった。

じゃあ開けようか、と思ったらゲージのフィラメント入れっぱなしだった。 もうダメ。

17:00 に close。17:15 からベーク。

山城さん (+田中君):

積分が負になるので悩んでいたのは、 その前にかかる係数も符号が反転するからであった。 ちうか定数変化法がすぐ浮かばんとは俺もだめだのお。

藤本君:

昨日切れた (これは寿命) シュルツゲージの交換。 自分は切るのヘタなので押しつける。 Si 基板を cut。 最初 8mm 角でいいかと思ったら、 穴のサイズがピッタリ 8mm だったので切断誤差で嵌まる基板多数。やれやれ。 気づいてからは 7.5mm で切ったけど、長手方向には 8 で切っちゃったから、 まだ入らんやつあるかもな...

#6 [labo] 来年度卒研配属

発表されていた。馬場研は 12 名。

#7 [JM] mirrodir pages

リリースにした。そのうち登場。

#8 [labo] VP 電話

そういえば 土曜日の fax の購入品リストにスパッタ装置のシャッターを入れてなかったな、 ということで電話。 一発目、ボケていて boss の部屋の内線にかけてしまい大いに慌てた。 折り返しの電話待ち。

シャッターの件を伝え、 ストック用のシュルツゲージと水晶振動子のセンサを発注。 伝票類は既に郵送済みとのこと。 蒸着装置の仕切り板の切り欠き入れは、1/31 の 10:30 に持っていくことに。

#9 電話

『新井さんはおられますか』
「卒業生にはいますけども」
『(小声で) あれっ』ブチッ...ツーツーツー

死ねクソが。

#10 [JM] procps kill.1

整形後の見てくれのあまりの ugly さにやる気を無くす。 いや、今のやつも (原文から) だいぶ酷いんだけど。 つかオプションの列記にテーブル使うのヤメロ。.TP 使わんかい。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月30日(木) [n年日記]

#1 帰り

自転車。

#2 行き

バス電車歩き。

#3 [labo] 旧スパッタ装置減圧弁

フローコントローラの空圧バルブ用のやつ。 藤本君が圧力弁を大きく開けた状態でボンベの弁を開けたため、 二次側の安全弁が抜けてしまった。 三栄商会に電話、持ち込めば修理してくれるらしいので、 明日 VP に行く 前に寄って持参することにした。 三栄商会の地図は こちら (mapion)。

#4 [labo] CuIn XPS

depth profile が変化していないとのこと。 イオンがあたっていない? フィラメントは切れていなかった。 後でファラデーカップ入れてチェックしよう。

ESCA Ion gun calibration:

ということで実行。今回は 3kV のみ。
Signal	119nA
C.Lens	340
O.Lens	369
Pos.X	+0.1
Pos.Y	+0.6
前回 からほとんど動いていないようだ。

ホルダ交換の際に取出したサンプルで、 ちょっとイオンがあたった後の四角形が いつもより奥側にずれている気がするのだが... 焦点合わせの問題だったのでは?

明日の仕込み:

21:48〜23:48 ベーキング。
ガス出しして 24:25 終了。

#5 [labo] 引越

3/8 (土)〜3/16(日) にかけてが移動になるようだ。

#6 [labo] 新スパッタ装置膜厚モニタ測定

最初一緒にやって中島君に渡す。
測定完了。まずは圧力ごとのグラフにしてもらうよう頼む。 距離に対して指数で落ちているように見えるので、 deporate の log と距離のグラフの傾きを計算してもらう。

#7 [URL] スパムへの対策 ---A Plan for Spam

IRC で あきらさん から教えてもらった。
spamを止めることは可能だ。そして内容に基づいたフィルタリングがその方法だ。 spamを送る連中のアキレス腱は、彼らのメッセージだ。あなたがどんな障壁を築こうとも、彼らはそれをすり抜ける方法を見つける。少なくとも今まではそうだった。だが彼らは、何であれメッセージを届けなければならない。彼らのメッセージを認識できるソフトウェアを書くことができれば、彼らの道を絶つことができる。
これを元に実装されたものとして、 など。もうちょい時間ができたら試してみよう。

自分の spam:

昨年から別フォルダに機械的に refile するようにしたが、 今日見たら一万通を越えていた。最初の日付が
Date: 05 Mar 2002 00:11:47 -0500
だから、だいたい 1000通/月 くらいか。

#8 [labo] MgO スパッタ

テフロンスパッタ後のチャンバーコンディショニング。 トラブル のためケツカッチンになってしまった藤本君を引き継いで作業。 16:35 点火、17:35 シャッターオープン、19:35 までの予定。 5x10^-2 Torr ということでやっているのだが、 どんどん圧力が下がっている、ようにみえる。 実際サーモカップルゲージの方は、当初 10 から 25Pa 程度の表示に。 シュルツゲージの初期変化、なんてあるのかなあ。 そういえば心なしかフィラメントの色もだんだん 赤っぽくなってきた (=温度が低くなってきた) ような気がする。

プラズマ消灯後、バタフライバルブを全開にしてみたところ、 6x10^-3 から 10x10^-3 Torr くらいまでダラダラ上昇。 チャンバーの温度で説明できる範囲なのだろうか。よくわからん。

赤っぽいのは既に tube が蒸発したフィラメントで汚れていたからだった。 んー、O2 が入ってるガスだからしょうがないけど。 管切りの手段を考えておいた方がいいだろうな。

基板を取出してみたら、ちょっと茶色がかっていたけど、 ほぼ透明な膜になっていたので、 中を掃除して昨日仕込んだ Si 基板ホルダを装着して粗排気。
コメント [全部読む/投稿する]

2003年01月31日(金) [n年日記]

#1 帰り

原付。あかぎでメシ。

#2 [LDP] 1/28〜1/31 の updates

new HOWTOs:

updated HOWTOs:

update FAQ:

#3 [book] 『キャラ者』『キャラ者2』江口寿史

プックンのネタはこんなところにひっぱられていたのか。

#4 行き

原付。用足しをしつつ。

三栄商会:

昨日の減圧弁 を引渡し。先方の担当は吉田さん。

バキュームプロダクツ:

蒸着装置の仕切り板を渡す。 膜厚モニタホルダの今後についてちょっと相談。 ケーブルは上から抜きたい、水冷が欲しい、という二点の要望を伝える。 後者はちょっと難しいか。真空中でのケーブル挿抜は、 セラマシールのマイクロコネクタがいいのでは (ただし納期がちょいかかる) ということで、そっちの方向で。 来年 5〜6 月に入手できるとありがたい、と伝える。

その他新スパッタ装置絡みで などをお願いする。

ブレインバスター:

武蔵小金井南口に *あった* DOS/V パーツ屋。 2.5" HDD を買おうと思ったのだが、去年 11 月で閉店していた。

ケーヨーホームセンター:

卒論用のバインダ、文房具、タッパーなど。

第一生命:

年末に宅配便で送ってもらった景品が、 どうも自分が不在票を見なかったらしくて戻ってしまった、 という電話を受け、途中なので寄っていただく。 バスタオル他。

#5 [labo] 新スパッタ装置ステージ交換

ターゲットがえぐれすぎていた ので、尾崎君がデータ補完をしたいということで。 今回は 1h ちょいであった。だいぶ習熟してきた :-)

旧装置の真空計較正 をしたついでに、ターゲットを新しいのに交換しておく。

#6 [labo] 発注記録

藤本理化に手袋
フルウチ化学に Cu ターゲット & Cu ワイヤ
それぞれ fax にて。

藤本理化は移転で番号が変わっていた。 新番号は tel 03-3814-8161 / fax 03-3814-8165。

#7 [paper] AIP online backfiles

先週送った fax に対して反応が無いので、query をメールで送ってみる。

#8 [labo] ISSP

3 件 accepted. +misc/2377〜9。 presenting author を事務局に連絡のこと。

#9 [labo] 旧スパッタ装置の真空計

昨日調子がおかしかった やつ。今日藤本君にスパッタしてもらったのだが、 症状は昨日と酷似していた。 2x10^-1 Torr 狙いで圧力を上げていくと、 ガードリングとの間にバシバシと放電、圧力が高すぎるような気配。 とりあえず圧力は 5x10^-2 Torr に設定して着けてもらう。 新スパッタ装置の方にある球を一緒につけて較正してみようということに。

で外してよく見ると、 電極板が曲がっていてフィラメントとの距離が近くなっちゃっている *1 。 boss に見せたら「ピンセットで曲げればいいよ」という豪快なお言葉をいただき、 ちょいと曲げる。

んで較正。やはりちょっと素性が悪かったが、 コネクタを逆にして電極の極性を変えてみたらまあまあになった。 較正結果は藤本君に整理を頼んだ。 ただ、いずれにしても新しい球が来たらさっさと変えた方が良さそうだ。

管球は冷ましてから元に戻した。
*1: 写真を取っておけば良かった...

#10 [labo] CuIn XPS

8:30 から boss と佐藤君が蒸着からやってくれていたのを引き継ぎ。 22:45 頃終了予定+後始末。In 65%。やはり In の量はそれなりに多い。

23:30 終了。はあはあ。

#11 [URL] Bayesian ってどういう考え方なんだろう

ベイズ理論は、普通の確率論とは一風異なる確率理論です。

この小文では、ベイズ理論の意味・意義について私がこれまでに学び、考えたことについて整理を試みます。とかく、<宗教的信念>のごとくに扱われがちのベイジアン思想ですがそのおかしいところ、よいところなど、基準を明確にして検証していけたらいいな、というのが目標です。
安部さんのところ から。 というような products もあるとのこと。

#12 [dept] 入試業務

依頼が来た。11〜13 が拘束日になるかな。
コメント [全部読む/投稿する]

以上、31 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
book
dept
issp
labo
paper
snap
stock
vsj
Powered by hns-2.19.5, HyperNikkiSystem Project

中野武雄 (NAKANO, Takeo) <nakano@st.seikei.ac.jp> Since 1999-10-07
RSS feed, 更新時刻, LIRS エントリ, アクセス制御 (解説)

中野のホームページへ